がん治療

年間悪性新生物部位別死亡率の上位は消化器癌で多数が占められており、消化器内科医としては避けようにも避けられない領域であります。当科では早期がん~末期がんまで全てに対して積極的に治療を行っていますが、なかでも化学療法につきましては、食道、胃、大腸、肝、胆、膵、全ての消化器癌について、経験だけに頼らない最新のエビデンスに基づいた治療を行っています。

総合がん診療センター

治療方法の整備、外来化学療法の運用、地域病院との連携など積極的に取り組んでいます。まだまだこれからですが、大学病院の特色でもある様々な合併症がある症例に対しても、このセンターを通じて他科と連携することで、今まで困難であった状況に対処出来るようになることを目標に行っています。

内視鏡的切除

近年、ESD(内視鏡的粘膜剥離術)といわれる切除方法が浸透してきており、従来の切除方法と比較して大きなサイズの病変も切除が可能となっています。当科も積極的にこのESDを行っていますが、必ずしも原発を切除するだけで根治するとは限らず、サイズや細胞の悪性度などでリンパ節転移をおこす確率が高くなることがあります。その場合は、患者さんの状態にもよりますが、より100%に近い確率で完全に治る開腹での胃切除術+リンパ節郭清を薦めています。

化学療法

対象の臓器は食道、胃、大腸、肝、胆、膵と消化器の分野は全て行っています。化学療法で完全にがんを治すことは非常に難しいということもあり、患者さんの体の状態にそって、治療内容、今後の方針など、家族を含め患者さんといろいろ相談しながら治療していくという方針のもとに行っています。化学療法は最新の科学的根拠に基づいて、一番有用である治療法を積極的に用いて行っています。その一方で、つくばがん臨床試験グループ(TCTG)の設立、西日本がん研究機構(WJOG)や東京がん化学療法研究会(TCOG)への参加など化学療法の普及や最新治療の開発などに積極的に取り組んでいます。

[↑ページ先頭へ戻る]