スタッフより一言

 

教授

ひょうどう いちのすけ
兵頭 一之介

専門:消化器内科、臨床腫瘍

教授挨拶のページへ

准教授(病院教授)

光学医療診療部 部長

みぞかみ ゆうじ
溝上 裕士

専門:消化器疾患全般の臨床、内視鏡診断および治療、NSAIDS潰瘍の成因と治療
主に消化管疾患の診療と研究に従事しています。特に消化器内視鏡診断学、内視鏡治療を専門としていますが,この分野は、ここ数年著しい進歩を遂げています。苦痛が少ない内視鏡として普及しつつある経鼻内視鏡や早期癌の内視鏡治療(EMR,ESD),および今まで診断が困難であった小腸の観察を可能にしたカプセル内視鏡,バルーン内視鏡などです。最近,激増している炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎,クローン病)診断を特にライフワークとしており,「常に患者さんに寄り添える医療」をモットーにしています。若い先生方と一緒に“良い汗”をかきながらやって行きたいと思います。

教授(医療科学)

しょうだ じゅんいち
正田 純一
専門:肝胆膵疾患(特に肝内結石症を含む胆道結石症、胆汁うっ滞、肝癌、胆道癌、膵癌)、腫瘍生物学、糖鎖医学、分子標的治療

消化器内科が扱う疾患は広範囲にわたりますが,日常診療において,特に重要な疾患は「消化器癌」です.いまや身近な病気となりつつある「消化器癌」をどこまで制御出来るかが当科の課題です.そのためには,本院消化器内科は,第一に,高度先進医療の開発を目指すこと,第二に,地域におけるがん医療の「普遍化」を達成すること,そして第三には,日新月歩のがん医療を適切に提供していくために,各消化器分野のがん専門医の育成を進めていくことが重要であると考えております. これらの役割を果たすために,グループ長の元に,診療,教育,研究のそれぞれの立場より,様々な努力を行っております.消化器内科グループには,医療への高い理想と強い志を抱く多くの研修医・レジデントの先生方にメンバーとして加わって頂いております.癌医療ならびに先進医療を推進するためには若い力が必要です.消化器内科の門を是非叩いて頂きたいと思います. 

准教授

あべい  まさと
安部井 誠人
専門:肝胆膵疾患、肝炎のインターフェロン治療、肝胆膵の化学療法、遺伝子治療

 消化器内科は,日常診療で最も良く遭遇する消化器疾患のプライマリーケアから専門診療を包含する診療科です。患者さん中心の医療の原則のもと,科学的エビデンス,医療技術・経験,そして患者さんの価値観・希望を考慮した診療を心掛けています。研修医にとっては,消化管(食道,胃,小腸,大腸)疾患から肝・胆・膵疾患まで多種多様な疾患を経験でき,多くの知識や手技を学ぶことができます。診断法や治療法が日々進歩している領域ですので,将来,プライマリーケア医を目指す医師にも,専門医を目指す医師にも,有意儀な研修を提供できるよう日々努めています。

講師

まつい ひろふみ
松井 裕史
専門:消化管、光学力学療法、、病態と活性酸素、Photobiology Photon is my business.

 光を用いて病変の診断や治療を行う時代がもうすぐそこに来ています。カプセル内視鏡が実用化された現在、光診断・治療の重要性はますます増しています。光を用いることによって、無侵襲な診断と治療を可能にする機器開発、そのための病態生理の解明を進めています。

フリーラジカルに興味のある方はこちらをご覧ください。日本酸化ストレス学会

准教授 
(地域医療教育学)
すずき ひでお
鈴木 英雄
専門:消化器、炎症性腸疾患、内視鏡治療

 消化器疾患は一般外来で最も多く遭遇するもので、消化器内科は主に内視鏡や化学療法といった内科的アプローチを行なっています。診断から治療まで一貫して自分達で行なえるのがその醍醐味と言えるでしょう。特に近年の内視鏡治療の発展は目覚しく、外科に一番近い内科でもあります。研究も消化器癌を中心に臨床に直結したものを数多く行なっており、希望者には海外での研究留学も可能です。君の医師としての夢を当科で実現してください。そのための条件は全て用意されています。

講師

ふくだ くにあき
福田 邦明
専門:肝胆膵疾患の診断と治療、肝癌の治療、遺伝子治療

 消化器内科の分野は,多くの知識や手技が必要とされるため全てを極めるのは大変ですが,一方で自分が極めたいと思う分野の選択肢が広いので,飽きずに診療が続けられます。また,治療法や診断法など日々進歩している領域ですので,若い先生達が活躍できる場が存分にあります。教授をはじめ面倒見が良く熱心なスタッフと共に,充実した研修を行って欲しいと思っています。

講師
(総合がん診療センター 副部長)
もりわき としかず
森脇 俊和
専門:消化器内科、臨床腫瘍

 消化器がんといっても食道、胃、大腸、肝、胆、膵、と多臓器に渡るので、研修するにあたって重要な臓器疾患を学べる領域です。特にがん治療においては、内視鏡治療~化学療法、緩和治療まで積極的に行っています。なかでも消化器がんの化学療法については、その第一人者のひとりである兵頭教授のもと、様々な研究グループに所属し、全国規模の臨床試験などに積極的に参加しています。がん治療の均てん化がいわれていますが、なかなか正しい化学療法を学ぶ場が限られているのが現状です。当科では、実臨床に必要なエビデンスに基づいた治療法を学べるのはもちろんのこと、逆にエビデンスを作る側に立って治療を行うことができますので、消化器がんの化学療法を学ぶには非常に良い環境と思っています。

病院教授
(総合臨床教育センター 副部長)
せお えみこ
瀬尾 恵美子
専門:消化器内科、肝胆膵

 今、国をあげて治療を推進しようとしているC型肝炎、B型肝炎をはじめとした肝臓疾患や、胆石、胆嚢炎、悪性腫瘍などを中心に診療しています。また、筑波大学附属病院での新たな取組みである、女性医師・看護師の離職防止、復職支援のコーディネーターの仕事を通して、地域医療の活性化に少しでもお役にたてればと思っております。

講師(保健管理センター)

かねこ つよし
金子 剛
専門:消化器内科、光学力学療法

 筑波大学には学生1万5千人・職員が8千人在籍しており、これらの構成員の健康管理に中心的な役割を果たすのが保健管理センターです。私は消化器内科学を中心とした内科全般において、学生・教職員の健康管理業務を発展させ、本学における充実した生活に貢献できるよう努力する所存です。また、附属病院等との連携を重視し、当センターでは十分に対応できない場合には、専門性の高い優れた医療が受けられるように配慮したいと考えております。

講師

いしげ かずのり
石毛 和紀
専門:肝胆膵疾患全般の臨床、胆道疾患の診断と治療、胆道癌の分子標的治療

消化器内科は、緊急性処置を要する急性期から慢性期疾患、腫瘍治療、緩和ケア、内視鏡治療など、その診療内容は多岐にわたります。私はおもに肝臓、胆道、膵臓の臨床に携わっていますが、年々、罹患率の増加傾向を見せている分野であり、かつ難治性疾患が多い分野でもあります。その中で患者さんやご家族の希望になるべく答えられるよう、努力しております。
このホームページを見ている学生・研修医へ
 消化器内科は、興味をひかれる分野があればそれを深く追求するもよし、なんでもやりたいというやる気満々、欲張りな方ドクターにも手に余るほどの診療が経験できる内科です。興味があれば連絡ください。見学だけでも大歓迎です。

病院講師

光学医療診療部 副部長

ならさか としあき
奈良坂 俊明

 

 

病院講師

はせがわ なおゆき

長谷川 直之

 

 

 

病院講師

やまもと よしゆき

山本 祥之

 

 

病院講師

やまだ たけし

山田 武史

[↑ページ先頭へ戻る]