後期研修

消化器内科を希望される先生方へ

筑波大学消化器内科では,後期研修の募集をしています。

 

「消化器内科疾患全般の診療が出来るようになりたい」,「専門領域として消化器疾患に興味がある」,「消化器領域で日々進歩する新規治療技術を学びたい」,「内視鏡や超音波,消化管画像検査の読影技術など医師としての幅を広げたい」,「消化器疾患に対する研究をしたい」という方は当科の後期研修をお勧めします。筑波大学附属病院での後期研修期間は,3年目から6年目までの4年間です。当病院ではレジデント制度をとっており,3,4年目をシニアレジデント,5,6年目をチーフレジデントと称します。

 

後期研修のシステム

3年目 筑波大学附属病院または地域関連病院での内科研修
(初期研修で内科各科の研修を全て終えていれば消化器内科のみの研修も可能です。)
4年目以降 消化器内科後期研修として筑波大学附属病院または地域関連病院での診療を行います。

習得できる技術

こちらに関しては,内視鏡や肝癌治療など各自の希望とやる気によりますが,現在の当科レジデントが習得している技術としては,上下部診断内視鏡,上下部治療内視鏡(ESDも含む),膵胆道内視鏡(結石治療・ステント挿入など),ラジオ波焼灼療法(RFA),経皮および内視鏡的胆道ドレナージ,各種化学療法など。

 

取得できる資格

各学会に入会することにより、下記の学会の受験資格が得られます。

  • 日本消化器病学会専門医 入会後4年
  • 日本消化器内視鏡学会専門医 入会後5年
  • 日本肝臓学会専門医 入会後5年
  • 胃腸科認定医 入会後3年
  • 日本臨床腫瘍学会専門医 入会後2年

当科ではこれらの資格試験の受験に全面的にバックアップを行なっており、受験者の合格率はほぼ100%です。

 

当科後期研修の特徴

各自の自主性を重んじ,現在行われている最先端の治療に対しても積極的に関われるような体制をとっています。また,バックアップ体制もしっかりしています。消化器内科の分野は,新規診断・治療法の開発により日々著しく進歩しており,また消化器内科医が関わる領域も広がっています。我々も,大学病院としてキャッチアップ出来る体制を取りたいと考えていますが,そういった技術だけでなく,本来の診療において最も大切な,患者に対する診療マネージメントをしっかり出来るよう指導していきたいと考えています。

 

当科で後期研修を終えられた先生から一言

総合守谷第一病院 消化器内科
杉本 浩一

私は筑波大学附属病院で前期研修そして消化器内科で後期研修を行い、現在大学院に在学しております。 当院での、後期研修では、大学病院と関連病院で合わせて3年の研修となります。 関連病院での研修では、救急患者に対する治療が学べます。茨城県は、医師不足でもあり、非常にたくさんの症例を経験できます。施設により若干格差はありますが、1年で、GFS約1000例、CF約300例、ERCP関連約150例、止血約150例(クリップ、EVL、EIS)を経験でき、その他にEIS、 RFA、Angioも施設によっては経験できます。 大学病院での研修では、ほとんど全ての手技を行いますが、関連病院と比較すると医師の数が多いこともあり、一人当たりの経験症例数は少なくなります。しかし、炎症性腸疾患、劇症肝炎など、関連病院で症例数が少ない疾患を多く経験できます。当院の特色としましては、教授の専門が化学療法であり、化学療法に関して最先端を学べます。また、陽子線治療が可能であり、治療の選択枝が広い点があげられます。 教授が変わり、若いスタッフも多く、Activityもあがってきています。消化器内科での研修を考えている方は、ぜひ筑波大学で一緒に診療をしましょう。

 

筑波大学大学院人間総合科学研究科
長谷川 直之

消化器内科の診療は多臓器に渡っています。大学病院の特徴は各臓器の専門家が在籍しており、幅広い知識、技術を満遍なく習得できることです。私自身、大学病院での研修を通して各種癌に対する抗癌剤・分子標的薬による治療、内視鏡治療、肝癌に対するRFA等様々な診療の知識・技術を学ぶことができました。また、難治性の炎症性腸疾患や非常に稀で診断に苦慮するような症例を多数経験できたのも大学病院の特徴と言えます。 研修期間中は関連病院とも連携を密としており、上部・下部消化管内視鏡、腹部超音波といった消化器内科の基本手技についても多数の症例を経験することができます。 業務は多岐に渡っており、日常は非常に多忙ではありますが、充実した研修ができると思います。興味のお持ちの方は是非一度見学に来ていただければと思います。

 

筑波大学附属病院総合臨床教育センターのホームページはこちら→

[↑ページ先頭へ戻る]