研究業績

平成27年(2015年)医学医療系業績集

平成26年(2014年)医学医療系業績集

平成25年(2013年)医学医療系業績集

平成24年(2012年)医学医療系業績集
a)英文論文
1. Watanabe T, Itabashi M, Shimada Y, Tanaka S, Ito Y, Ajioka Y, Hamaguchi T, Hyodo I, Igarashi M, Ishida H, Ishiguro M, Kanemitsu Y, Kokudo N, Muro K, Ochiai A, Oguchi M, Ohkura Y, Saito Y, Sakai Y, Ueno H, Yoshino T, Fujimori T,
Koinuma N, Morita T, Nishimura G, Sakata Y, Takahashi K, Takiuchi H, Tsuruta O, Yamaguchi T, Yoshida M, Yamaguchi N, Kotake K, Sugihara K:Japanese Society for Cancer of the Colon and Rectum. Japanese Society for
Cancer of the Colon and Rectum (JSCCR) guidelines 2010 for the treatment of colorectal cancer. Int J ClinOncol. 17:1-29, 2012
2. Mishima H, Oba K, Sakamoto J, Muro K, Yoshino T, Hyodo I, Maehara Y.: FOLFIRI plus bevacizumab 5 mg/kg versus 10 mg/kg as second-line therapy in patients with metastatic colorectal cancer who have failed first-line
bevacizumab plus oxaliplatin-based therapy: a randomized phase III study (EAGLE Study).Jpn J ClinOncol. 42:134-8, 2012
3. Moriwaki T, Bando H, Takashima A, Yamazaki K, Esaki T, Yamashita K, Fukunaga M, Miyake Y, Katsumata K, Kato S, Satoh T, Ozeki M, Baba E, Yoshida S, Boku N, Hyodo I. :
Bevacizumab in combination with irinotecan, 5-fluorouracil, and leucovorin (FOLFIRI) in patients with metastatic colorectal cancer who were previously treated with oxaliplatin-containing regimens: a multicenter observational
cohort study (TCTG 2nd-BV study).Med Oncol. 29:2842-8, 2012
4.Hyodo I. :Patient heterogeneity and allocation bias: how should they be reported in clinical trials of chemotherapy for advanced gastric cancer? Gastric Cancer. 15:115-7, 2012
5.Iwamoto J, Saito Y, Honda A, Ikegami T,Mizokami Y, Matsuzaki Y.:Clinical feature of a small intestinal mucosal injury in chronic NSAID users in Japan.J Gastrointestin Liver Dis. 21:108-9,2012
6.Sugano K, Kontani T, Katsuo S, Takei Y, Sakaki N, Ashida K, Mizokami Y,Asaka M, Matsui S, Kanto T, Soen S, Takeuchi T, Hiraishi H, Hiramatsu N.: Lansoprazole for secondary prevention of gastric or duodenal ulcers associated with
long-term non-steroidal anti-inflammatory drug (NSAID) therapy: results of a prospective, multicenter, double-blind, randomized, double-dummy, active-controlled trial.J Gastroenterol 47:540-52,2012
7.Suzuki Y, Homma M, Abei M, Hyodo I, Kohda Y. :Impact of solute carrier family 29 member 1 (SLC29A1) single nucleotide polymorphisms on mRNA expression in peripheral blood mononuclear cells.
 Biol Pharm Bull. 2013; 36(1): 144-6. Epub 2012 Oct 25.  PMID: 23095574
8.Mizumoto M, Okumura T, Hashimoto T, Fukuda K, Oshiro Y, Fukumitsu N, Abei M, Kawaguchi A, Hayashi Y, Ohkawa A, Hashii H, Kanemoto A, Moritake T, Tohno E, Tsuboi K, Sakae T, Sakurai H. :
Evaluation of liver function after proton beam therapy for hepatocellular carcinoma. Int J Radiat Oncol Biol Phys. 82(3):e529-35, 2012
9.Fukumitsu N, Hashimoto T, Okumura T, Mizumoto M, Tohno E, Fukuda K, Abei M, Sakae T, Sakurai H. : Investigation of the geometric accuracy of proton beam irradiation in the liver. Int J Radiat Oncol Biol Phys. 82(2): 826-33, 2012
10. Yamamoto Y, Yamada T, Akutsu D, Sugaya A, Murashita T, Matsuda K, Yamamoto Y, Kusakabe R, Kaneko T, Suzuki H, Hyodo I, Sato T, Takayashiki N, Murakoshi N, Hara K, Mizokami Y:
Collagenous sprue diagnosed by double balloon endoscopy. Digestive Endoscopy, 2012 Dec 17. doi: 10.1111/den.12007. [Epub ahead of print]
11. Ishii K, Shioya A, Fukuda K, Mori K, Tamaoka A.: Acquired hepatocerebral degeneration with middle cerebellar peduncles lesions: case report and review of the literature.Clin Neurol Neurosurg. 114(10);1361-4, 2012.
12. Yoshino T, Mizunuma N, Yamazaki K, Nishina T, Komatsu Y, Baba H, Tsuji A, Yamaguchi K, Muro K, Sugimoto N, Tsuji Y, Moriwaki T, Esaki T, Hamada C, Tanase T, Ohtsu A. :TAS-102 monotherapy for pretreated metastatic colorectal cancer: a
double-blind, randomised, placebo-controlled phase 2 trial. Lancet Oncol. 2012 Oct;13(10):993-1001.
13.Hiyama K, Matsui H, Tamura M, Shimokawa O, Hiyama M, Kaneko T, Nagano Y, Hyodo I, Tanaka J, Miwa Y, Ogawa T, Nakanishi T and Tamai I. :Cancer cells uptake porphyrins via heme carrier protein 1,
Journal of Porphyrins and Phthalocyanines, 2012; 16: 1-8
14.Suemasu S, Yamakawa N, Ishihara T, Asano T, Tahara K, Tanaka K, Matsui H, Okamoto Y, Otsuka M, Takeuchi K, Suzuki H, Mizushima T.:Identification of a unique nsaid, fluoro-loxoprofen with gastroprotective activity.
Biochem Pharmacol. 2012 84(11):1470-81.
15.Nakamizo H, Suzuki H, Miura S, Mogami S, Kishikawa H, Yoshida H, Matsui H, Hibi T. :Transmural pressure loading enhances gastric mucosal cell proliferation.Dig Dis Sci. 2012; 57(10): 2545-54.
16.Indo HP, Inanami O, Koumura T, Suenaga S, Hsiu-Chuan Yen, Kakinuma S, Matsumoto K, Nakanishi I, St Clair W, St Clair DK, Matsui H, Cornette R, Gusev O, Okuda T, Nakagawa Y, Ozawa T and Majima HJ.:Roles of mitochondria-generated reactive oxygen species on X-ray-induced apoptosis
in a human hepatocellular carcinoma cell line, HLE, Free radical research, 2012, 46(8), 1029-1043
17.Vong LB, Tomita T, Yoshitomi T, Matsui H, Nagasaki Y.: An Orally Administered Redox Nanoparticle that Accumlates in the Colonic Mucosa and Reduces Colitis in Mice. Gastroenterology, 2012; 143(4); 1027-1036
18.Nagano Y, Matsui H, Shimokawa O, Tamura M, Rai K, Nakamura Y, Kaneko T, Indo HP, Majima HJ, Hyodo I. :Rebamipide attenuates nonsteroidal anti-inflammatory drugs (NSAID)-induced lipid peroxidation by the MnSOD overexpression in gastrointestinal epithelial cells.
J Physiol Pharmacol. 2012 April; 63 (2):137-42
19.Nagano Y, Matsui H, Shimokawa O, Nakamura Y, Tamura M, Rai K, Kaneko T, Hyodo I. :Bishophonate-induced gastrointestinal mucosal injury is mediated by mitochondrial superoxide production and lipid peroxidation.J Clin Biochem Nutr.2012; 51(3);196-203.
20.Kim BJ, Kim SY, Lee S, Jeon JH, Matsui H, Kwon YK, Kim SJ, So I. :The role of transient receptor potential channel blockers in human gastric cancer cell viability. Can J Physiol Pharmacol. 2012 Feb; 90(2):175-86. Epub 2012 Feb 6.
21.Nagano Y, Matsui H, Tamura M, Shimokawa O, Nakamura Y, Kaneko T, Hyodo I. :NSAIDs and acidic environment induce gastric mucosal cellular mitochondrial dysfunction. Digestion. 2012; 85(2):131-5.
22. Shoda J, Ishige K, Sugiyama H, Kawamoto T.:Biliary tract carcinoma: clinical perspectives on molecular targeting strategies for therapeutic options.Jul;19(4):342-53.doi:10.1007/s00534-012-0520-z. J Hepatobiliary Pancreat Sci. 2012
b)英文以外の論文
1. 兵頭一之介、安達正俊、塚本泰司、村井 勝、内藤誠二、赤座英之:ソラフェニブ投与による血清膵酵素値の上昇.癌と化学療法39:1651-1656, 2012
2.廣瀬充明、鈴木英雄、廣島良規、遠藤慎治、金子 剛、 奈良坂俊明、 森脇俊和、松井裕史、溝上裕士、谷中昭典、兵頭一之介:ヘリコバクターピロリ感染に対する幼少期の衛生環境の影響について. 潰瘍39:184-87,2012
3.溝上裕士: NSAID起因性上部下部消化管傷害の現状と対策¯¯COX-2阻害薬の有用性. 医学のあゆみ 243:957-62,2012
4.岩本淳一、溝上裕士: 高齢者非腫瘍性疾患の特徴 胃潰瘍. 胃と腸 47:1811-17,2012
5.榊 伸廣、蘆田 潔、溝上裕士、菅野健太郎: 低用量アスピリンの長期投与時にみられる胃・十二指腸潰瘍に対するランソプラゾールの抑制効果.消化器内科55:311-316,2012
6.溝上裕士、岩本淳一:【図説 胃と腸用語集2012】 疾患[胃] NSAIDs起因性胃潰瘍. (NSAIDs-induced gastric ulcer)(図説/特集).胃と腸47:754,2012
7.溝上裕士、岩本淳一: NSAIDs潰瘍の予防②酸分泌抑制薬の役割(PPI,H2RA).Orthopaedics 25:49-55,2012
8.奈良坂俊明、鈴木英雄、溝上裕士、三浦雅人:結核性腹膜炎に合併し大腸内視鏡検査にて発見した鞭虫症の1例.Clinical Parasitology Vol.23, No.1, 29-31,2012
9.渡邊嘉行、吉田良仁、及川律子、原 雅樹、清川博史、佐藤義典、平井祥子、鈴木英雄、津田享志、稲葉博之、前畑忠輝、鈴木 拓、豊田 実、伊藤文生:マイクロアレイを用いた消化管がんの網羅的メチル化解析.生物物理化学 56,1-4,2012
10.鈴木英雄、溝上裕士、兵頭一之介:「過敏性腸症候群」.医学と薬学 Vol.68, No.6, 939-943,2012
11.鈴木英雄、溝上裕士、奈良坂俊明、金子 剛、兵頭一之介:Helicobacter pylori感染率と酸関連疾患スペクトラムの変動 消化性潰瘍:薬剤性潰瘍. Helicobacter Research vol.16, no.6, 34, 508-512,2012
12.鈴木英雄:炎症性腸疾患-生物製剤の功罪-.Ulcer Research、Vol. 39- No.1 85-88, 2012
c)英文著書
1.Matsui H, Kaneko T:Synergic Effect of NSAID and Gastric Acid on Superoxide-Anion Production in stomach. Frontiers of Gastrointestinal Research, Karger, Vol.30, Pp61-70, 2012
d)英文以外の著書
1.鈴木英雄、溝上裕士、金子 剛、兵頭一之介:治療薬剤 4.非ステロイド性抗炎症薬由来潰瘍 最新医学別冊.新しい診断と治療のABC 消化性潰瘍、改訂第2版 消化器1、最新医学社、p165-171、2012
2.上牧 隆、福田邦明、南木 融、川上 康:されど胆嚢1. 描出法とピットフォール.検査と技術 40(7),605-611,2012
3.森脇俊和、兵頭一之介:治療薬ハンドブック 薬剤選択と処方のポイント 2012 制吐薬、580-588、2012
4.菅谷明徳、森脇俊和、兵頭一之介:特集 大腸がんの薬物療法―最近の進歩 切除不能・再発大腸がんに対する一次治療のエビデンス、腫瘍内科・科学評論社 504-   2012
5.金子 剛、松井 裕史、鈴木 英雄、奈良坂 俊明、福田 邦明、溝上 裕士:茨城カプセル内視鏡ネットワークの構築 臨床消化器内科27巻6号, Pp703-710,  2012

 

平成23年(2011年)医学医療系業績集

原著論文

1. Matsui H, Nagano Y, Shimokawa O, Kaneko T, Rai K, Udo J, Hirayama A, Nakamura Y, Indo HP, Majima HJ, Hyodo I : Gastric acid induces mitochondrial superoxide production and lipid peroxidation in gastric epithelial cells.  J Gastroenterol. 2011 Oct;46(10):1167-76
2. Rai K, Matsui H, Kaneko T, Nagano Y, Shimokawa O, Udo J, Hirayama A, Hyodo I, Indo HP, Majima HJ : Lansoprazole inhibits mitochondrial superoxide production and cellular lipid peroxidation induced by indomethacin in RGM1 cells.  J Clin Biochem Nutr. 2011 Jul;49(1):25-30
3. Satoh T, Ura T, Yamada Y, Yamazaki K, Tsujinaka T, Munakata M, Nishina T, Okamura S, Esaki T, Sasaki Y, Koizumi W, Kakeji Y, Ishizuka N, Hyodo I, Sakata Y : Genotype-directed, dose-finding study of irinotecan in cancer patients with UGT1A1*28 and/or UGT1A1*6 polymorphisms.  Cancer Sci. 2011 Oct;102(10):1868-73
4. Kawashima R, Abei M, Fukuda K, Nakamura K, Murata T, Wakayama M, Seo E, Hasegawa N, Mizuguchi H, Obata Y, Hyodo I, Hamada H, Yokoyama KK : EpCAM- and EGFR-targeted selective gene therapy for biliary cancers using Z33-fiber-modified adenovirus.  Int J Cancer. 2011 Sep 1;129(5):1244-53
5. Yamato K, Egawa N, Endo S, Ui-Tei K, Yamada T, Saigo K, Hyodo I, Kiyono T, Nakagawa I : Enhanced specificity of HPV16 E6E7 siRNA by RNA-DNA chimera modification.  Cancer Gene Ther. 2011 Aug;18(8):587-97
6. Hamaguchi T, Shirao K, Ohtsu A, Hyodo I, Arai Y, Takiuchi H, Fujii H, Yoshida M, Saito H, Denda T, Koizumi W, Iwase H, Boku N : Gastrointestinal Oncology Study Group of Japan Clinical Oncology Group.  A phase II study of biweekly mitomycin C and irinotecan combination therapy in patients with fluoropyrimidine-resistant advanced gastric cancer: a report from the Gastrointestinal Oncology Group of the Japan Clinical Oncology Group (JCOG0109-DI Trial).Gastric Cancer. 2011 Aug;14(3):226-33
7. Matsui H, Shimokawa O, Kaneko T, Nagano Y, Rai K, Hyodo I : The pathophysiology of non-steroidal anti-inflammatory drug (NSAID)-induced mucosal injuries in stomach and small intestine.  J Clin Biochem Nutr. 2011 Mar;48(2):107-11
8. Sugiyama H, Onuki K, Ishige K, Baba N, Ueda T, Matsuda S, Takeuchi K, Onodera M, Nakanuma Y, Yamato M, Yamamoto M, Hyodo I, Shoda J : Potent in vitro and in vivo antitumor activity of sorafenib against human intrahepatic cholangiocarcinoma cells.  J Gastroenterol. 2011 Jun;46(6):779-89
9. Endo S, Yamato K, Hirai S, Moriwaki T, Fukuda K, Suzuki H, Abei M, Nakagawa I, Hyodo I : Potent in vitro and in vivo antitumor effects of MDM2 inhibitor nutlin-3 in gastric cancer cells.  Cancer Sci. 2011 Mar;102(3):605-13
10. Nakayama H, Sugahara S, Fukuda K, Abei M, Shoda J, Sakurai H, Tsuboi K, Matsuzaki Y, Tokuuye K : Proton beam therapy for hepatocellular carcinoma located adjacent to the alimentary tract.  Int J Radiat Oncol Biol Phys. 2011 Jul 15;80(4):992-5.
11. Iwamoto J, Mizokami Y, Shimokobe K, Ito M, Hirayama T, Saito Y, Honda A, Ikegami T, Matsuzaki Y : Pretreatment methods in transnasal endoscopy. Hepatogastroenterology. 2011 May-Jun;58(107-108):842-5.
12. Iwamoto J, Mizokami Y, Shimokobe K, Yara S, Murakami M, Kido K, Ito M, Hirayama T, Saito Y, Honda A, Ikegami T, Ohara T, Matsuzaki Y : The clinical outcome of capsule endoscopy in patients with obscure gastrointestinal bleeding. Hepatogastroenterology. 2011 Mar-Apr;58(106):301-5.
13. Mizumoto M, Okumura T, Hashimoto T, Fukuda K, Oshiro Y, Fukumitsu N, Abei M, Kawaguchi A, Hayashi Y, Ookawa A, Hashii H, Kanemoto A, Moritake T, Tohno E, Tsuboi K, Sakae T, Sakurai H : Proton beam therapy for hepatocellular carcinoma: a comparison of three treatment protocols.  Int J Radiat Oncol Biol Phys. 2011 Nov 15;81(4):1039-45.
14. Fujishiro J, Kaneko M, Urita Y, Hoshino N, Jinbo T, Sakamoto N, Suzuki H, Komuro H : Enteric duplication cyst of the pancreas with duplicated pancreatic duct. J Pediatr Surg. 2011 Aug;46(8):e13-6
15. Sugano K, Matsumoto Y, Itabashi T, Abe S, Sakaki N, Ashida K, Mizokami Y, Chiba T, Matsui S, Kanto T, Shimada K, Uchiyama S, Uemura N, Hiramatsu N : Lansoprazole for secondary prevention of gastric or duodenal ulcers associated with long-term low-dose aspirin therapy: results of a prospective, multicenter, double-blind, randomized, double-dummy, active-controlled trial. J Gastroenterol. 2011 Jun;46(6):724-35
16. Osuka H, Hitomi S, Koganemaru H, Kaneko T : A case of bacteremia caused by Hafnia paralvei.. J Infect Chemother. 2011 Dec;17(6):855-7
17. Sakai K, Morito N, Usui J, Hagiwara M, Hiwatashi A, Fukuda K, Nanmoku T, Toda T, Matsui N, Nagata M, Yamagata K : Focal segmental glomerulosclerosis as a complication of hepatitis B virus infection.  Nephrol Dial Transplant. 2011 Jan;26(1):371-3
18. Mizokami Y, Narasaka T, Suzuki H : Current state and measures of NSAIDs induced ulcer Nihon Rinsho. 2011 Oct;69(10):1901-5
19. 佐藤 巳喜夫, 海老原 次男, 越智 大介, 村下 徹也, 児玉 孝秀, 兵頭 一之介, 消化器悪性腫瘍患者における蘇生処置不要指示(DNAR)取得時の予後予測 日本医事新報(0385-9215)4524号 Page61-64(2011.01)
20. 下河辺 宏一, 岩本 淳一, 竹山 裕樹, 伊藤 真典, 平山 剛, 齋藤 吉史, 池上 正, 牛尾 浩樹, 溝上 裕士, 松崎 靖司  【細径スコープを使いこなす-2011】 [上部消化管:診断] 経鼻内視鏡における検査時間の短縮 短時間でできる局麻方法  消化器内視鏡(0915-3217)23巻6号 Page1025-1030(2011.06)
21. 秋山 聖子, 二井谷 友公, 奈良坂 俊明, 大藤 高志, 蒲生 真紀夫 CBDCA/ETPが奏効した上行結腸低分化神経内分泌癌・同時性多発肝転移の1例 癌と化学療法(0385-0684)38巻7号 Page1209-1212(2011.07)

 

平成22年(2010年)消化器内科業績集

原著

No. 1  Koizumi W, Boku N, Yamaguchi K, Miyata Y, Sawaki A, Kato T, Toh Y,Hyodo I, Nishina T, Furuhata T, Miyashita K, Okada Y.:Phase II study of S-1 plus leucovorin in patients with metastatic colorectal cancer. Ann Oncol. 21(4):766-71, 2010

No. 2  Hyodo I, Suzuki H, Takahashi K, Saito Y, Tanaka S, Chiu HM, Kim NK, Li J, Lim R, Villalon A, Boku N.:Present status and perspectives of colorectal cancer in Asia: Colorectal Cancer Working Group report in 30th Asia-Pacific Cancer Conference.  Jpn J Clin Oncol. 40 Suppl 1:i38-43, 2010

No. 3  Muro K, Boku N, Shimada Y, Tsuji A, Sameshima S, Baba H, Satoh T, Denda T, Ina K, Nishina T, Yamaguchi K, Takiuchi H, Esaki T, Tokunaga S, Kuwano H, Komatsu Y, Watanabe M, Hyodo I, Morita S, Sugihara K.:

Irinotecan plus S-1 (IRIS) versus fluorouracil and folinic acid plus irinotecan (FOLFIRI) as second-line chemotherapy for

metastatic colorectal cancer: a randomised phase 2/3 non-inferiority study (FIRIS study).Lancet Oncol. 11(9):853-60, 2010

No. 4  Hisanaga T, Shinjo T, Morita T, Nakajima N, Ikenaga M, Tanimizu M, Kizawa Y, Maeno T, Shima Y, Hyodo I.:

Multicenter prospective study on efficacy and safety of octreotide for inoperable malignant bowel obstruction.

Jpn J Clin Oncol. 40(8):739-45, 2010

No. 5  Hyodo I, Morita T, Adachi I, Shima Y, Yoshizawa A, Hiraga K.:Development of a predicting tool for survival of terminally ill cancer patients.  Jpn J Clin Oncol.40(5):442-8, 2010

No. 6  Sugimoto H, Okada K, Shoda J, Warabi E, Ishige K, Ueda T, Taguchi K, Yanagawa T, Nakahara A, Hyodo I, Ishii T, Yamamoto M.:Deletion of nuclear factor-E2-related factor-2 leads to rapid onset and progression of nutritional steatohepatitis in mice.  Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol. 298(2):G283-94, 2010

No. 7  Iwamoto J,Mizokami Y, Shimokobe K, Ito M, Hirayama T, Saito Y, Honda A, Ikegami T, Matsuzaki Y.:

The effect of metoclopramide in capsule endoscopy.  Hepatogastroenterology. 57(104):1356-9, 2010

No. 8  Iwamoto J, Mizokami Y, Ito M, Shomokobe K, Hirayama T, Honda A, Saito Y, Ikegami T, Matsuzaki Y:

Clinicopathological features of undifferentiated mixed type early Gastric cancer treated with endoscopic submucosal dissection.  Hepatogastroenterology.57(97):185-90, 2010

No. 9  Ohkusa T, Kato K, Terao S, Chiba T, Mabe K, Murakami K, Mizokami Y, Sugiyama T, Yanaka A, Takeuchi Y, Yamato S, Yokoyama T, Okayasu I, Watanabe S, Tajiri H, Sato N; Japan UC Antibiotic Therapy Study Group.Newly developed antibiotic

combination therapy for ulcerative colitis:. a double-blind placebo-controlled multicenter trial Am J Gastroenterol. 105(8):1820-9..2010

No.10  MatsudaA., KunoA., KawamotoK., Matsuzaki H., IrimuraT., IkeharaY., ZenY., NakanumaY., YamamotoM., OhkohchiN., Shoda J., HirabayashiJ., Narimatsu H: WFA-Positive Sialylated MUC1 is a High-Sensitivity Biliary Marker

for Intrahepatic Cholangiocarcinoma. Hepatology 52:174-182, 2010

No.11  Sugahara S., Oshiro Y., Nakayama H., Fukuda K., Mizumoto M., Abei M., Shoda J., Matsuzaki Y., Tohno E., Tokita M., Tsuboi K., Tokuue K.: Proton beam therapy for large hepatocellular carcinoma. Int J Radiat Oncol Biol Phys 76:460-466, 2010

No.12  Sugahara S, Oshiro Y, Nakayama H, Fukuda K, Mizumoto M, Abei M, Shoda J, Matsuzaki Y, Thono E, Tokita M, Tsuboi K, Tokuuye K.:Proton beam therapy for large hepatocellular carcinoma.Int J Radiat Oncol Biol Phys. 76: 460-6, 2010

No.13  Shibuya A, Onda K, Kawahara H, Uchiyama Y, Nakayama H, Omi T, Nagaoka M, Matsui H, Hirano T.:Sofalcone, a gastric mucosa protective agent, increases vascular endothelial growth factor via the Nrf2-heme-oxygenase-1 dependent

pathway in gastric epithelial cells. iochem Biophys Res Commun.398(3):581-4. Jul 30, 2010

No.14  Mizumoto M, Okumura T, Hashimoto T, Fukuda K, Oshiro Y, Fukumitsu N, Abei M, Kawaguchi A, Hayashi Y, Ookawa A, Hashii H, Kanemoto A, Moritake T, Tohno E, Tsuboi K, Sakae T, Sakurai H.: Proton Beam Therapy for Hepatocellular Carcinoma: A Comparison of Three Treatment Protocols. Int J Radiat Oncol Biol Phys. [Epub ahead of print] Sep 30, 2010

No.15  Kawashima R, Abei M, Fukuda K, Nakamura K, Murata T, Wakayama M, Seo E, Hasegawa N, Mizuguchi H, Obata Y, Hyodo I, Hamada H, Yokoyama KK:EpCAM- and EGFR-targeted selective gene therapy for biliary cancers using Z33-fiber-modified adenovirus.Int J Cancer. 2010 Nov 8. [Epub ahead of print]  PMID: 21061255

No.16  佐宗 俊, 溝上裕士, 安田隆弘, 永田貴大, 宮田和幸, 前川博信, 石原慎二, 丸井公軌, 松本幸浩, 早川 潔, 伊藤健一

大腸内視鏡検査にて縦走潰瘍を呈したPPI起因性腸炎(collagenous colitis)の1例  東三医学会誌32:30-33,2010

No.17  奥村敏之, 安部井誠人, 森 健作, 金本彩恵, 福田邦明, 阿部考志, 橋本孝之, 水本斉志, 大城佳子, 福光延吉, 大川綾子, 橋井晴子,

盛 武敬, 榮 武二, 坪井康次, 櫻井英幸:肝細胞癌の術後巨大肝内再発に対し、血管内治療と陽子線治療による集学的治療を行った1例.

Liver Cancer 16(2):155-163, 2010

No.18  大原佑介, 山本雅由, 柳沢和彦, 稲川 智, 寺島秀夫, 鈴木英雄, 菅野雅人, 大河内信弘:虫垂粘液嚢胞腺癌と原発性腹膜癌の重複癌の1例

日本消化器外科学会雑誌 43巻5号 Page584-588, 2010

No.19  長谷川直之, 安部井誠人, 佐々木亮孝, 朴 秀吉, 森脇俊和, 南 優子, 福田邦明, 平井祥子, 正田純一, 大河内信弘, 兵頭一之介

S-1化学療法が奏効し根治手術が可能となったStageIVb進行胆嚢癌の1例.胆道 24(5): 723-728, 2010

総説  

No. 1  溝上裕士, 岩本淳一:高齢者胃潰瘍の疫学  日本臨床68(11):1973-77, 2010

No. 2  岩本淳一,溝上裕士:門脈圧亢進症と胃粘膜障害  日本門脈圧亢進症学会雑誌16(1): 52-57, 2010

No. 3  溝上裕士:プロスタグランジン製剤  消化器の臨床13(2):148-51, 2010

No. 4  溝上裕士:NSAIDs起因性消化管傷害の現況  多摩消化器シンポジウム誌24(1): 5-11, 2010

No. 5  正田純一,海野倫明:胆道専門医講座 ④「胆管結石」-胆道専門医に求められるスキル(知識と手技)第1回 疫学・病態 胆管結石の疫学と病態 

胆道 24:127-134, 2010

No. 6  正田純一:「実地診療に必須のテーラーメイド治療薬とその選択・使用法ガイドライン」III.消化器疾患 — 胆石症・胆のう炎・胆のうポリープ,

Medical Practice 143-149, 2010

No. 7  松井裕史, 金子 剛:【やっぱり大切、基本手技】上部消化管[治療] PDTの基本(解説/特集) 消化器内視鏡22, 562-565, 2010

No. 8  安部井誠人福田邦明兵頭一之介:胆石症 薬局 61(4)  増刊号(病気と薬パーフェクトBOOK 2010): 486-488, 2010

No.9   山田武史,森脇俊和,兵頭一之介:【消化器癌に対する分子標的治療の今後の展望】 消化器癌・悪性腫瘍の分子標的治療薬を用いた薬物療法(特集). 消化器の臨床 13(5): 578-585, 2010

著書 

No. 1  溝上裕士 他共著:消化性潰瘍ガイドブック  日本消化器病学会:編  南江堂、東京、2010

No. 2  溝上裕士 他共著:ピロリ除菌治療  榊 信廣:編  日本医事新報社、東京、2010

No. 3  溝上裕士 他共著:今日の消化器疾患治療指針  幕内雅敏、菅野健太郎、工藤正俊:編  医学書院、東京、2010

No. 4  正田純一:胆道感染症   南江堂(東京),pp366-369, 2010

No. 5  正田純一:胆道癌発生の分子機序 Annual Review 消化器 2011 中外医学社(東京)pp293-299,2010

No. 6  安部井誠人福田邦明兵頭一之介:胆石症.病気と薬パーフェクトBOOK 2009  南山堂:407-409,2010 

No. 7  間宮 孝, 森脇俊和, 兵頭一之介消化器がん化学療法2010 総論 臓器障害時の化学療法日本メディカルセンター, 2010

No. 8  森脇俊和, 兵頭一之介制吐薬、治療薬ハンドブック2010(堀 正二, 菅野健太郎, 門脇 孝, 乾 賢一, 林 昌洋 編)

株式会社じほう, 559-566頁, 2010

No. 9  森脇俊和, 兵頭一之介, 遠藤慎治:大腸疾患診療のStrategy 直腸癌の化学療法(斎藤祐輔, 田中信治, 渡邉聡明, 編)

日本メディカルセンター, 363-364頁, 2010.5

学会発表 

No. 1  福田邦明:遷延する肝障害の1例. 千波湖肝カンファレンス(水戸) 2月, 2010

No. 2  安部井誠人兵頭一之介:癌の遺伝子治療に対するBedsideからの要望:理想から現実へ.第8回遺伝子治療シンポジウム,(大阪) 3月, 2010

No. 3  森脇俊和, 越智大介, 間宮 孝, 山本祥之, 廣島良規, 日下部涼子,松田健二, 金子 剛, 鈴木英雄, 松井裕史, 中原 朗, 兵頭一之介

遠隔転移を有する食道癌に対する初回5FU+CDDP療法の予後への影響.第8回日本臨床腫瘍学会学術集会, 3月, 2010

No. 4  正田純一,平林 淳,成松 久:糖鎖プロファイリング解析による肝内胆管癌の新規糖蛋白マーカーの開発 第96回日本消化器病学会総会(新潟)4月,2010

No. 5  Endo S, Suzuki H, Hirai S, Hyodo I, Yamato K:The anti-tumor effect of MDM2 antagonist nutlin-3 in gastric

cancer cell in vitro and in vivo.  American Association for Cancer Research  101st annual meeting (Washington D.C.) April, 2010

No. 6  Okada K, Sugimoto H, Warabi E, Ishii T, Yamamoto M, Shoda J.: Deletion of nuclear factor-E2- related factor-2 leads to rapid onset and progression of nutritional steatohepatitis.  The 2nd International Forum 第96回日本消化器病学会総会(新潟) 4月,2010

No. 7  松田健二, 杉谷武彦, 林真理子, 西 雅明, 福田邦明, 兵頭一之介:治療1年半後に急激な血小板減少を来したIFN治療後再燃慢性C型肝炎

の一例.第96回日本消化器病学会総会(新潟) 4月, 2010

No. 8  越智大介, 森脇俊和, 廣島良規, 山本祥之, 日下部涼子, 松田健二,金子 剛, 鈴木英雄, 松井裕史, 中原 朗, 兵頭一之介

Bevacizumab beyond progressionの有効性の検討.第96回日本消化器病学会総会(新潟), 4月, 2010

No. 9  岡田浩介,正田純一,蕨 栄治:転写因子Nrf2はメチオニンコリン欠乏食誘発脂肪性肝炎の発症を抑止する 第38回日本肝臓学会総会(山形)5月,2010

 No.10  大河内信弘, 村田総一郎, 福永 潔, 安部井誠人:肝再生促進・線維化抑制療法に濃厚血小板輸血を行った肝硬変症の4例.第46回 日本肝臓学会総会, (山形), 5月, 2010

No.11  廣島良規,安部井誠人,越智大介,山本祥之,間宮 孝,松田健二,日下部涼子,福田邦明正田純一兵頭一之介:多発肝細胞癌に対し化学塞栓療法後重篤な塩類喪失性腎症を来した一例.第309回日本消化器病学会関東支部例会(東京)5月,2010

No.12  奥村敏之, 安部井誠人, 森 健作, 金本彩恵, 福田邦明, 阿部考志,橋本孝之, 水本斉志, 大城佳子, 大川綾子, 橋井晴子, 盛武 敬,

坪井康次, 櫻井英幸:肝細胞癌の術後巨大肝内再発巣に対し、血管内治療と陽子線治療による集学治療を行った1例.第41回肝癌症例検討会(東京) 5月, 2010

No.13  橋本孝之, 奥村敏之, 福田邦明, 廣島良規, 橋井晴子, 金本彩恵, 大川綾子, 大城佳子, 水本斉志,盛武 敬, 森 健作, 安部井誠人,

坪井康次, 櫻井英幸:巨大胆管細胞癌に対してTS-1併用で陽子線治療を施行した1例.第41回肝癌症例検討会(東京)5月, 2010

No.14  Matsui H, Kaneko T, Shimokawa O, Nagano Y, Udo J, Rai K, Nakahara A, Hirayama A, Indo H, Majima H. and

Hyodo I.:Gastric acid induces cellular lipid peroxidation and apoptosis by producing mitochondrial superoxide in gastric epithelial cells. Annual Meeting of the American Gastroenterological Association, (New Orleans)May, 2010

No.15  Kaneko T, Matsui H, Shimokawa O, Nagano Y, Udo J, Rai K, Nakahara A, Hirayama A, Indo H, Majima H. and

Hyodo I.:Gastric Cancer Diagnosis With Fluidity Sensitive Fluorescence Measurement. Annual Meeting of the American Gastroenterological Association, (New Orleans)May, 2010

No.16  杉本浩一,岡田浩介,正田純一,蕨 栄治,田口恵子,宇都宮洋才,小田高司,後藤信治,兵頭一之介,石井哲郎,山本雅之:総胆管結紮による急性胆汁うっ滞におけるKeap1-Nrf2systemの役割 第46回日本肝臓学会総会(山形)6月,2010

No.17  金子 剛, 松井裕史, 下川 治, 頼 冠甫, 間宮 孝, 鈴木英雄, 福田邦明, 遠藤慎治, 安部井誠人, 森脇俊和, 中原 朗, 兵頭一之介

内視鏡的画像イメージングの最先端 細胞膜流動性測定による胃癌領域診断方法の検討.第90回日本消化器内視鏡学会関東地方会(東京) 6月, 2010

No.18  松井裕史:「酸はミトコンドリア由来ROSを惹起し、NSAIDs潰瘍を増悪する」第63回酸化ストレス学会アフタヌーンセミナー(横浜)6月, 2010

No.19  Matsui H, Hiyama K, Kaneko T, Nagano YN, Shimokawa O, Hyodo I.:Heme Carrier Protein1Involved Cancer Specific Porphyrin Accumulation. Biannual Meeting of American Photobiology Association,(Providence)June, 2010

No.20  Abei, M, Kawashima R, Fukuda K, Nakamura K, Murata T, Hyodo I, Hamada H, Obata Y, Yokoyama KK:

EpCAM- and EGFR- targeted selective gene therapy for biliary cancers using Z33 fiber modified adenovirus.  第16回日本遺伝子治療学会総会,(宇都宮) 7月,2010

No.21  圷 大輔,福田邦明,越智大介,菅谷明徳,村下徹也,山田武史,松田健二,日下部涼子,石毛和紀安部井誠人兵頭一之介

ステロイドパルス療法後に重症急性膵炎を発症した一例.第310回日本消化器病学会関東支部例会(東京)7月,2010

No.22  松田健二,福田邦明,廣島良規,甲斐健吾,山本祥之,越智大介,日下部涼子,安部井誠人兵頭一之介:多発肝細胞癌に対し化学塞栓療法後重篤な塩類喪失性腎症を来した一例.第310回日本消化器病学会関東支部例会(東京)7月,2010

No.23  村下徹也, 佐藤巳喜夫, 麻生芳子, 牧野維斗映, 海老原次男, 松尾亮太,福沢淳也, 中野順隆, 森脇俊和, 遠藤慎治, 兵頭一之介:食道ESD後狭窄に対しステロイド局注を併用したバルーン拡張術が有用であった1例.  第310回日本消化器病学会関東支部例会(東京), 7月, 2010

No.24  森脇俊和, 圷 大輔, 菅谷明徳, 村下徹也, 山田武史, 松田健二,日下部涼子, 金子 剛, 鈴木英雄, 松井裕史, 兵頭一之介:Bevacizumab beyond progression (BBP) の有効性に関するレトロスペクティブな検討.  第310回日本消化器病学会関東支部例会(東京), 7月, 2010

No.25  瓜田泰久, 金子道夫, 小室広昭, 楯川幸弘, 藤代 準, 星野論子, 坂元直哉, 兵頭一之介, 福田邦明:小児総胆管結石症の1例.第224回茨城外科学会(茨城)7月, 2010

No.26  奥村敏之, 安部井誠人, 大川綾子, 正田純一, 福田邦明, 橋本孝之, 水本斉志, 大城佳子, 盛武 敬、森 健作、廣島良規、金本彩恵、

       橋井晴子、坪井康次、櫻井英幸:(下記と同じ為削除)肝内胆管癌に対する陽子線治療の経験     第46回日本肝癌研究会(大阪)7月,2010

No.26  奥村敏之,安部井誠人,大川綾子,正田純一福田邦明,橋本孝之,水本斉志,大城佳子,盛武 敬,森 健作,廣島良規,金本彩恵,

橋井晴子,坪井康次,櫻井英幸:肝内胆管癌に対する陽子線治療の経験.第46回日本肝癌研究会(大阪) 7月, 2010

No.27  福田邦明安部井誠人正田純一兵頭一之介:肝細胞癌に対するソラフェニブの治療経験.第46回日本肝癌研究会(大阪) 7月, 2010

No.28  橋本孝之,福田邦明,金本彩恵,橋井晴子,大川綾子,大城佳子,水本斉志,森 健作,盛武 敬,安部井誠人,奥村敏之,坪井康次,

兵頭一之介,櫻井英幸:転移性肝癌に対する陽子線治療成績.第46回日本肝癌研究会(大阪) 7月, 2010

No.29  福田邦明, 奥村敏之, 安部井誠人,橋本孝之, 正田純一,櫻井英幸, 兵頭一之介:(シンポジウム1 長期予後改善をめざした肝細胞癌治療-治療法の選択とその工夫)肝細胞癌治療における陽子線の役割.第46回日本肝癌研究会(大阪) 7月, 2010

No.30  安部井誠人: 癌遺伝子治療研究の最近の動向:腫瘍融解ウイルス療法の概念,現状と将来展望(特別講演)  第28回日本ヒト細胞学会,(つくば) 7月, 2010

No.31  瀬尾恵美子, 前野哲博, 小川良子, 山田麻紀, 松村 明:医療人GP採択、女性医師キャリアアップ支援システムの成果報告、参加女性医師のアンケート調査報告  第42回医学教育学会大会, 7月, 2010

No.32  杉山弘明,石毛和紀,小貫建一郎,川本 徹,山本雅一,馬場伸枝,上田哲也,兵頭一之介正田純一:肝内胆管癌に対するマルチターゲット阻害剤 Sorafenib (SOR) の有用性と新しい抗腫瘍効果の分子メカニズム.第46回日本胆道学会学術集会(広島)9月,2010

No.33  金子 剛, 松井裕史, 兵頭一之介:シンポジウム、消化器内視鏡と癌の分子生物学 活性酸素種によるがん特異的細胞膜流動性変化の光学的捕捉.第80回日本消化器内視鏡学会(横浜)10月, 2010

No.34  水本斉志, 奥村敏之, 橋本孝之, 福田邦明, 大城佳子, 福光延吉, 安部井誠人, 大川綾子, 金本彩恵, 橋井晴子, 盛武 敬, 東野英利子,

坪井康次, 栄 武二, 櫻井英幸:3種類の治療プロトコールを用いた肝細胞癌に対する陽子線治療.第48回日本癌治療学会学術集会(京都) 10月, 2010

No.35  森脇 俊和, 兵頭一之介, 坂東英明, 高島淳生, 山崎健太郎, 江崎泰斗,三宅泰裕, 勝又健次, 山下啓史, 武元浩新, 加藤誠之:

最終報告:大腸癌既治療例に対するFOLFIRI/FOLFOXとベバシズマブ併用の多施設調査研究. 第48回日本癌治療学会学術集会(京都) 10月, 2010

No.36  鈴木英雄, 兵頭一之介:ガスを主症状とする消化管運動異常 パネルディスカッション 第52回日本消化器病学会大会(横浜) 10月, 2010

No.37  松田健二, 西 雅明, 杉谷武彦, 福田邦明, 安部井誠人, 兵頭一之介:食道胃静脈瘤硬化療法後に巨大皮下静脈シャントを形成し、難治性再発

性腹痛を来した1例.第52回日本消化器病学会大会(横浜)10月, 2010

No.38  福田邦明,森 健作,安部井誠人正田純一兵頭一之介,南 学:(シンポジウム1 肝細胞癌治療のこれからの展開)肝細胞癌に対するRFA

焼灼領域判定の問題点と新しい判定法の有用性の検討.第14回日本肝臓学会大会(横浜)10月, 2010

No.39  杉本浩一,岡田浩介,正田純一,蕨 栄治,柳川 徹,石井哲郎,山本雅之:転写因子Nrf2は動脈硬化+高脂肪食誘発脂肪性肝炎を防御する 

第14回日本肝臓学会大会(横浜)10月, 2010

No.40  Moriwaki T, Bando H, Takashima A, Boku N, Esaki T, Yamashita K, Fukunaga M, Miyake Y, Katsumata K, Hyodo I

Efficacy and safety of second-line bevacizumab (BV) plus FOLFIRI / FOLFOX in patients with metastatic colorectal cancer (mCRC) who failed prior-combination chemotherapy without BV: Multicenter retrospective 2nd-BV study in Tsukuba Cancer

Clinical Trial Group (TCTG).35th ESMO Congress, 10月, 2010

No.41  杉山弘明,石毛和紀,小貫建一郎,川本 徹,山本雅一,馬場伸枝,上田哲也,兵頭一之介正田純一:肝内胆管癌に対するマルチターゲット阻害剤 Sorafenib (SOR) の有用性と新しい抗腫瘍効果の分子メカニズム 第52回日本消化器病学会大会(横浜)10月,2010

No.42  鈴木英雄, 本間 覚, 高梨典子, 及川剛宏, 堀内 学, 小野亜紀,玉岡 晃:留置カテーテル外筒の体内遺残事例の報告と当院での対策 

第5回 医療の質・安全学会(幕張) 11月, 2010

No.43  橋本孝之,奥村敏之,森 健作,橋井晴子,金本彩恵,大川綾子,大城佳子,水本斉志,福光延吉,盛武 敬,福田邦明,坪井康次,櫻井英幸:

2部位の肝細胞癌に対して同時期にそれぞれ異なる線量分割で陽子線治療を施行した2例における照射後のGd-EOB-MRI所見の変化.

第42回肝癌症例検討会(東京) 11月, 2010

No.44  金子 剛, 長野由美子, 松井裕史:シンポジウム、NSAIDsと胃酸による胃粘膜細胞ミトコンドリア障害.第49回電子スピンサイエンス学会年会(名古屋)11月, 2010

No.45  岡田浩介,正田純一,蕨 栄治:転写因子Nrf2はコリンメチオニン欠乏食誘発脂肪性肝炎の発症を抑止する 第13回日本肝臓学会大会(京都)12月,2010

No.46  Matsui H.:Gastric Cancer Specific Porphyrin Accumulation. Pacifichem2010.(Honolulu)December, 2010

No.47  松田健二, 森脇俊和, 山本祥之, 菅谷明徳, 圷 大輔, 村下徹也、山田武史, 日下部涼子, 鈴木英雄, 兵頭一之介:Modified FOLFOX6が著効した小腸腺癌の一例. 第312回日本消化器病学会関東支部例会, 12月, 2010

 班研究報告

No. 1  正田純一:肝内胆管癌に対する分子標的治療—IL-4受容体標的サイトトキシンの有用性について  厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 「難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究」 平成21年度総括・分担研究報告書 167-169, 2010

No. 2  福田邦明:特別講演「SURF trialの実践~筑波大学での取り組み~」.初発肝細胞癌に対する肝切除とラジオ波焼灼療法の有効性に関する多施設共同研究 -SURF trial- 平成22年度第2回班会議(東京)12月, 2010

No. 3  森脇俊和:茨城県がん臨床疫学研究事業「第2班多施設間共通プロトコールによる特定のがん化学療法の研究・評価」班員 2008年より開始している「切除不能・再発胃癌に対するS-1+分割  毎週CDDP併用療法の多施設共同第II相臨床試験」を引き続き実施  2009年より開始している「大腸がんにおけるセツキシマブ治療効果予測因子の探索的研究」を引き続き実施

講演会その他

No. 1  溝上裕士:抗血栓薬による消化管傷害の現況  抗血小板療法による消化管合併症を考える会 (富士) 1月, 2010

 No. 2  安部井誠人:慢性腎不全患者に合併するC型肝炎の治療  第一三共(株)講演会(つくば)1月,2010

No. 3  越智大介, 鈴木英雄, 中原 朗, 兵頭一之介:胃ESD術後に多量出血を来たした高齢者の2例. 第32回茨城県消化器病懇話会(水戸)1月, 2010

No. 4  森脇俊和:切除不能・再発消化器癌に対する化学療法の現状とこれからは? 外来看護師勉強会 1月, 2010

No. 5  溝上裕士:ピロリ菌とNSAIDの最新の話題—胃癌と潰瘍の撲滅を目指してー第7回甘日会(西尾)2月, 2010

No. 6  溝上裕士:NSAIDs起因性消化管傷害の現況—経鼻内視鏡の有用性も含めてー第6回静岡経鼻内視鏡研究会(静岡) 2月, 2010

No. 7  平井祥子, 森脇俊和, 兵頭一之介:【消化器がん化学療法看護完全マスターBOOK 分子標的薬と従来型抗がん剤のケア副作用治療のしくみがやさしくわかる!】こう変わった!こう変わる!大腸がん化学療法. 消化器外科Nursing, 98-99頁, 2月, 2010

No. 8  瀬尾恵美子:女性医師の勤務環境の整備に関する病院長、病院開設者・管理者等への講習会「つくば的女性医師・看護師の働きやすい環境を目指して:(つくば) 2月, 2010

No. 9  溝上裕士:H.pyloriとNSAIDsのトピックスー胃癌と潰瘍の撲滅を目指してーアストラゼネカ学術講演会(美濃加茂市) 3月, 2010

No.10  鈴木英雄:オーダーメイド化が進む消化器悪性腫瘍の化学療法-大腸癌を中心に- 東京理科大学TR部門第1回公開シンポジウム(野田) 3月, 2010

No.11  溝上裕士:抗血栓薬による消化管傷害の現況  春日井プライマリーケアーフォーラム (名古屋) 4月, 2010

No.12  森脇俊和:大腸癌の化学療法  小野薬品社内勉強会(つくば), 5月, 2010

No.13  森脇俊和, 栗島浩一, 森下由起雄:小細胞胃癌の一例 オンコロジーカンファレンス (つくば), 5月, 2010

No.14  溝上裕士:抗血栓薬による消化管傷害の現況  GERD seminar (島田) 6月, 2010

No.15  Abei M.:“Oncolytic Virotherapy: Principles,Current Status and Future Perspectives”  2nd Tsukuba Seminar on Oncolytic Virotherapy,  (Tsukuba), June, 2010

No.16  森脇俊和:入院管理中に高血糖にて昏睡となった症例 M&M症例検討会 (つくば), 6月, 2010

No.17  正田純一:「胆汁うっ滞症の分子病態と漢方薬茵?蒿湯による分子標的薬物療法」茨城東洋医学研究会 特別講演 (つくば) 7月, 2010

No.18  正田純一:「生活習慣病と肝疾患運動療法による肥満関連肝疾患の発症と進展の予防」日立多賀総合病院セミナー 講演(日立)7月, 2010

No.19  安部井誠人:C型肝炎の病態   朝日新聞市民公開講座,(つくば)7月,2010

No.20  松井裕史:教育講演「がん細胞特異的なヘム輸送系の検討」 大阪大学核物理研究セミナー(大阪)7月, 2010

No.21  溝上裕士:低用量アスピリンによる消化管傷害の現況  抗血小板療法を考える会 in Tsukuba(つくば) 8月, 2010

No.22  森脇俊和:最新の大腸がん化学療法 ブリストル・マイヤーズ社内研修会(つくば), 8月, 2010

No.23  瀬尾恵美子:持続可能な女性研究者支援、筑波大スタイル第2回シンポジウム「女性研究者のワーク・ライフ・バランス」パネルディスカッションパネリスト:(つくば) 9月, 2010

No.24  溝上裕士:抗血栓薬よる消化管傷害の現況  守谷地区循環器勉強会(守谷)10月, 2010

No.25  溝上裕士:低用量アスピリン潰瘍の実態と予防戦略  水郷医師会学術講演会(行方) 10月, 2010

No.26  溝上裕士:エビデンスに基づいた低用量アスピリン潰瘍の予防戦略  タケプロン効能追加記念講演会(東京) 10月, 2010

No.27  松田健二, 森脇俊和, 兵頭一之介:大腸癌化学療法の副作用対策 外科医のための大腸癌の診断と治療. 臨床外科 2010年10月号 (増刊号) ( Vol.65 No.11) 医学書院、444-451頁, 10月, 2010

No.28  溝上裕士:低用量アスピリン潰瘍の現況と対策  南区医師会学術講演会(福岡) 11月, 2010

No.29  溝上裕士:抗血栓薬・NSAIDによる消化管傷害の現況 第118回つくば臨床研究会(つくば) 11月, 2010

No.30  鈴木英雄, 溝上裕士, 兵頭一之介:術後腸管皮膚瘻にインフリキシマブが奏功したクローン病の1例  第12回 北関東・甲信越 「GUTフォーラム」(東京)11月, 2010

No.31  鈴木英雄, 溝上裕士, 兵頭一之介:潰瘍性大腸炎に対するレミケードの使用経験 レミケード潰瘍性大腸炎効能追加記念講演会(つくば)11月, 2010

No.32  福田邦明:SURF trialの実践~筑波大学での取り組み~.SURF trial記念市民公開講座(東京) 11月, 2010

No.33  福田邦明:健康診断で肝障害と言われたら(脂肪肝からB型C型肝炎まで).市民公開講座(つくば) 11月, 2010

No.34  山田武史, 森脇俊和:Bevacizumab投与時の脳転移からの出血 M&M症例検討会, 11月, 2010

No.35  森脇俊和:日本緩和医療学会 緩和医療ガイドライン作成委員会 がん性疼痛  ガイドライン作業部会 デルファイメンバー

No.36  瀬尾恵美子:「男女共同参画のための意識改革」  茨城県医師会男女共同参画フォーラム座長:(水戸) 11月, 2010

No.37  溝上裕士:小腸内視鏡検査について  第4回つくば医療連携ネットワーク講演会(つくば) 12月, 2010

No.38  溝上裕士:NSAIDs、アスピリン起因性消化管傷害の現況  群馬消化管粘膜傷害対策FORUM(前橋市) 12月, 2010

No.39  安部井誠人:肝胆道癌の制御を目指して.日製ひたちなか病院講演会,(ひたちなか)12月,2010

特許・賞

No. 1  正田純一:国内特許:「肝内胆管がんの検出・判別方法」  出願人:産業技術総合研究所, 筑波大学  出願番号:特願2009-051935

No. 2  正田純一:国際特許:「肝内胆管がんの検出・判別方法」  出願人:産業技術総合研究所, 筑波大学(日本指定のみ)  出願番号:PTC/JP2010/001203  出願国:WIPO

No. 3  杉本浩一,岡田浩介,正田純一,蕨 栄治,柳川 徹,石井哲郎,山本雅之:転写因子Nrf2は動脈硬化+高脂肪食誘発脂肪性肝炎を防御する 

優秀演題賞 第14回日本肝臓学会大会(横浜)10月,2010

No. 4  Hirokazu Sugimoto, Kosuke Okada, Junichi Shoda, Hiroshi Takahashi, Hirotoshi Utsunomiya, Eiji Warabi,Tetsuro Ishii, and Masayuki Yamamoto: Deletion of Nuclear Factor-E2-Related Factor-2 (Nrf2) Leads to Rapid Onset and Progression of Nutritional Steatohepatitis in Mice Fed Atherogenic Plus High-Fat (Ath+HF) Diet Presidental Award The 9th JSH Single Topic Conference NASH 2010 (Tokyo), 2010

No. 5  松井裕史, 中村由美子, 下川 治:特許4528978 【経口投与される薬剤の胃粘膜への作用を評価する方法】6月, 2010

CANCER-LIKE MUTANT Document Type and Number:WIPO Patent Application WO/2007/01818

 

2009消化器内科業績

-原著-

1. Soeda A, Morita-Hoshi Y, Makiyama H, Morizane C, Ueno H, Ikeda M, Okusaka T, Yamagata S, Takahashi N, Hyodo I, Takaue Y,  HeikeY.: Regular Dose of Gemcitabine Induces an Increase in CD14+ Monocytes and CD11c+ Dendritic Cells in Patients with Advanced Pancreatic Cancer.Jpn J Clin Oncol. 39(12):797-806,2009

2. Motoo Y, Arai I, Hyodo I, Tsutani K.:Current status of Kampo (Japanese herbal) medicines in Japanese clinical practice guidelines.
Complement Ther Med. 17(3):147-154,2009

3. Yanaka A, Fahey JW, Fukumoto A, Nakayama M, Inoue S, Zhang S,Tauchi M, Suzuki H, Hyodo I, Yamamoto M.:Dietary sulforaphane-rich   broccoli sprouts reduce colonization and attenuate gastritis in Helicobacter pylori-infected mice and humans.Cancer Prev Res (Phila Pa) 2(4):353-360,2009

4. Kajiwara T, Nishina T, Hyodo I, Moriwaki T, Endo S, Nasu J, Hori S,Matsuura B, Hiasa Y, Onji M. :High orotatephosphoribosyltransferase gene expression predicts complete response to chemoradiotherapy in patients with squamous
cell carcinoma of the esophagus.Oncology. 76(5):342-9, 2009

5. Fukuda K, Abei M, Ugai H, Kawashima R, Seo E, Wakayama M, Murata T, Endo S, Hamada H, Hyodo I, Yokoyama KK:E1A, E1B double-restricted replicative adenovirus at low dose greatly augments tumor-specific suicide gene therapy for gallbladder cancer.Cancer Gene Ther 16(2): 126-136, 2009

6. Okada, K., Shoda J., Taguchi, K., Maher, J.M., Ishizaki, K., Inoue, Y., Ohtsuki, M., Goto, N., Sugimoto, H., Utsunomiya, H.,Oda, K., Warabi, E., Ishii, T., Yamamoto, M.: Nrf2 Counteracts Cholestatic Liver Injury via Stimulation of Hepatic Defense Systems.Biochem Biophys Res Commun 389:431-436, 2009

7. Sugimoto, H., Okada, K., Shoda J., Warabi, E., Ishige, K.,Ueda, T., Taguchi, K., Yanagawa, T., Nakahara, A., Hyodo I.,Ishii, T., Yamamoto, M.:Deletion of Nuclear Factor-E2-Related Factor-2 Leads to Rapid Onset and Progression of Nutritional Steatohepatitis in Mice. Am J Physiol 298:G283-G294, 2009.

8. Sugahara S., Oshiro Y., Nakayama H., Fukuda K., Mizumoto M., Abei M., Shoda J., Matsuzaki Y., Tohno E., Tokita M., Tsuboi K., Tokuue K.: Proton beam therapy for large hepatocellular carcinoma.Int J Radiat Oncol Biol Phys 2009

9 . Nakayama H, Sugahara S, Tokita M, Fukuda K, Mizumoto M, Abei M, Shoda J, Sakurai H, Tsuboi K, Tokuuye K: Proton beam therapy for hepatocellular carcinoma: the University of Tsukuba experience.Cancer 115(23):5499-5506, 2009

10. Okada K., Yanagawa T., Warabi E., Yamastu K., Uwayama J., Takeda K., Utsunomiya H., Yoshida H., Shoda J., Ishii T.: Acarbose, an a-glucosidase inhibitor, prevents obesity and hepatic steatosis in SQSTM1/A170/p62-deficient mice. Hepatology Res 39:490-500, 2009

11.  Fukumitsu N., Sugahara S., Nakayama H., Fukuda K., Mizumoto M., Abei M., Shoda J., Thono E., Tsuboi K., Tokuuye K.: A prospective study of hypofractionated proton beam therapy for patients with hepatocellular carcinoma. Int J Radiat Oncol Biol Phys 39:247-255, 2009

12. Watanabe, S., Yokoyama, Y., Oda, K., Kokuryo, T., Shoda J., Okada, K., Utsunomiya, H., Nagino, M.: Choleretic effect of Inchikoto on the cholestatic livers of patients with biliary obstruction due to biliary tract carcinoma: A randomized controlled study. Hepatology Res 39:247-255, 2009

13. Sugahara S, Nakayama H, Fukuda K, Mizumoto M, Tokita M, Abei M, Shoda J, Matsuzaki Y, Tohno E, Tsuboi K, Tokuuye K.: Proton-beam therapy for hepatocellular carcinoma associated with portal vein tumor thrombosis.Strahlenther Onkol.  185(12): 782-788, 2009

14. Ito H., Kuno A., Sawaki H., Sogabe M., Ozaki H., Tanaka Y., Mizogami M., Shoda J., Angata T., Sato T., Hirabayashi J., Ikehara Y., Narimatsu H.: Strategy for glycoproteomics: identification of glyco-alteration using multiple glycan profiling tools. J Proteome Res 8:1358-67, 2009

15 . Fukumitsu N, Sugahara S, Nakayama H, Fukuda K, Mizumoto M, Abei M, Shoda J, Thono E, Tsuboi K, Tokuuye K: A prospective study of hypofractionated proton beam therapy for patients with hepatocellular carcinoma.Int J Radiat Oncol Biol Phys  74(3): 831-836, 2009

16. Yoshitomi T, Suzuki R, Mamiya T, Matsui H, Hirayama A, Nagasaki Y.: pH-sensitive radical-containing-nanoparticle (RNP) for the L-band-EPR imaging of low pH circumstances. Bioconjug Chem. 20 (9):1792-8. 2009

17. Takagi T, Naito Y, Okada H, Ishii T, Mizushima K, Akagiri S, Adachi S, Handa O, Kokura S, Ichikawa H, Itoh K, Yamamoto M, Matsui H, Yoshikawa T.:Lansoprazole, a proton pump inhibitor, mediates anti-inflammatory effect in gastric mucosal cells through the induction of heme oxygenase-1 via activation of NF-E2-related factor 2 and oxidation of kelch-like ECH-associating protein 1. J Pharmacol Exp Ther. 2009 Oct; 331 (1):255-64. Epub 2009 Jul 23.

18. Hayashi S, Takahashi N, Kurata N, Yamaguchi A, Matsui H, Kato S, Takeuchi K.: Involvement of aquaporin-1 in gastric epithelial cell migration during wound repair. Biochem Biophys Res Commun. 2009 Aug 28;386 (3):483-7. Epub 2009 Jun 17.

19. Li D, Suzuki H, Liu B, Morris J, Liu J, Okazaki T, Li Y, Chang P, Abbruzzese JL.: DNA repair gene polymorphisms and risk of pancreatic cancer. Clin Cancer Res. 15(2):740-6, 2009

20. Mori K, Fukuda K, Asaoka H, Ueda T, Kunimatsu A, Okamoto Y, Nasu K, Fukunaga K, Morishita Y, Minami M.: Radiofrequency Ablation of the Liver: Determination of Ablative Margin at MR Imaging with Impaired Clearance of Ferucarbotran--Feasibility Study. Radiology 251(2); 557-565, 2009.

21. 安部井誠人,福田邦明,正田純一,兵頭一之介: 重症肝炎における劇症化予知式に基づいた早期抗ウイルス・抗免疫療法の有効性の検証.日本腹部救急医学会雑誌. 29(4): 597-600, 2009

22. 安部井誠人, 福田邦明, 正田純一, 小田竜也, 大河内信弘, 田中直見, 兵頭一之介: 【自己免疫関連性胆管炎をめぐって】自己免疫関連性胆管炎の治療選択におけるUDCA/ステロイド反応性の意義. 胆と膵. 30(10):1301-1306,2009

23. 松井裕史: 蛍光内視鏡による胃癌診断: 消化管Network. 第20巻, 32-33頁,2009


-総説-

1. 山田武史, 森脇俊和, 兵頭一之介: 大腸癌に対する化学療法up-to-date 分子標的治療薬の位置付けとQOL向上の工夫.消化管Network,(1)pp6-8, 2009

2. 兵頭一之介: 【新しい分子標的薬の開発】VEGF trap. 腫瘍内科 3(3):280-284, 2009

3. 兵頭一之介:消化器癌化学療法の進歩. 日本内科学会雑誌 98(3)550-554, 2009

4.  鈴木英雄, 兵頭一之介: 【外来で診る食道がん・胃がん・大腸がん】大腸がん. 大腸がんの化学療法. 診断と治療 97(11):2301-2307, 2009

5. 山本祥之, 森脇俊和, 兵頭一之介: 【大腸がん化学療法のNEW STRATEGY】切除不能進行・再発大腸がんに対する化学療法 大腸がん化学療法における分子標的治療薬 の役割. Mebio 26(10):56-65, 2009

6.  兵頭一之介: 特集/消化器疾患に対する分子標的治療の最前線. G.I.Research 1, 2009

7.  松井裕史, 金子 剛, 中原 朗, 兵頭一之介: 【色素内視鏡を見直す-画像強調観察法との比較】ALAを用いた胃癌の光線力学的診断. 臨床消化器内科 24(10):1379-1386, 2009

8. 安部井誠人, 福田邦明, 正田純一, 兵頭一之介: 【急性肝不全における内科的治療と肝移植の進歩】 重症肝炎における劇症化予知式に基づいた早期抗ウイルス・抗免疫療法の有効性の検証. 日本腹部救急医学会雑誌 29(4):597-600, 2009

9. 鈴木英雄, 兵頭一之介: 内科の研修の素朴な疑問に答えます 63抗癌剤の効果と副作用は事前に予測できるか?. メディカル・サイエンス・インターナショナル :201-203, 2009

10. 正田純一: 胆道癌の発癌・進展過程における分子メカニズムと分子標的治療の可能性について. 胆道 23:762-774,2009

11. 正田純一: 胆管上皮内腫瘍に関する話題 慢性胆道疾患,胆道がんの進展過程における分子メカニズム:今後の展望も含め. 肝胆膵 58:731-740, 2009

12.  安部井誠人: トランスアミナーゼ [AST(GOT),ALT(GPT)].日本臨床 67増刊号8:378-81, 2009

13. 安部井誠人,福田邦明,兵頭一之介:胆石症.  薬局 61(4)増刊号(病気と薬パーフェクトBOOK 2009): 407-409, 2009

14 . Majima HJ, Indo HP, Tomita K, Iwashita Y, Suzuki H, Masuda D,Shimazu T, Tanigaki F, Umemura S, Yano S, Fukui K, Higashibata A,
Yamazaki TQ, Kameyama M, Suenaga S, Sato T, Yen H-C, Gusev O, Okuda T, Matsui H, Ozawa T, Ishioka N: Bio-assessment of risk in long-term manned space exploration cell death factors in space radiation and/or microgravity: a review-. Biol Sci Space 23(2): 43-53, 2009


-著書-

1. 中原 朗, 松井裕史, 鈴木英雄, 金子 剛: 消化管症候群(第2版) 上 -その他の消化管疾患を含めてーⅠ食道.  食道dysplasia.  別冊日本臨床 新領域別症候群シリーズNo.11 日本臨床社, pp41-44, 7月, 2009

2. 中原 朗, 松井裕史, 鈴木英雄, 金子 剛: 消化管症候群(第2版) 上 -その他の消化管疾患を含めてーⅠ食道.  食道腫瘍[良性・悪性・上皮性・非上皮性]. 別冊日本臨床 新領域別症候群シリーズNo.11. 日本臨床社, pp93-97, 7月, 2009

3. 中原 朗, 松井裕史, 鈴木英雄, 金子 剛: 消化管症候群(第2版) 下 -その他の消化管疾患を含めてーⅣ空腸, 回腸, 盲腸, 結腸, 直腸先天性異常, 遺伝性疾患 S状結腸過長症. 別冊日本臨床 新領域別症候群シリーズ No.12, 日本臨床社, pp547-550, 9月, 2009

4. 正田純一: 胆石症診療ガイドライン(編集 財団法人 日本消化器病学会)疫学・病態. 南江堂(東京),pp.320−324,2009

5. 正田純一: 胆道の炎症 内科学書第7版 Vol.4 肝・胆道・膵疾患. 中山書店(東京),pp.320−324,2009

6. 正田純一: 原発性硬化性胆管炎 内科学書第7版 Vol.4 肝・胆道・膵疾患. 中山書店(東京),pp.324−325,2009

7. 安部井誠人:肝膿瘍. 今日の治療指針2009年版. 山口徹・北原光夫・福井次矢総編集,p411-2,医学書院,東京,2009

8. 福田邦明、安部井誠人、兵頭一之介: 利胆薬.頻用薬・常用薬上手に使っていますか? 日常診療でよく使う薬の使い方とそのポイント. 日本医事新報社:135-139,2009

9. 安部井誠人,福田邦明,兵頭一之介: 胆石症. 病気と薬パーフェクトBOOK 2009,南山堂:407-409,2009

10. 森脇俊和, 兵頭一之介, 遠藤慎治:インフォームドコンセントのための図説シリーズ抗悪性腫瘍薬. 大腸癌 2.大腸癌の化学療法(総論)(杉原健一 編), 医薬ジャーナル社, pp21-27, 2009

11. 森脇俊和, 兵頭一之介: 制吐薬, 治療薬ハンドブック2009 (堀正二, 菅野健太郎, 門脇孝, 乾賢一, 林昌洋 編), 株式会社じほう, pp540-543, 2009

12. 遠藤慎治, 森脇俊和, 兵頭一之介: オンコロジークリニカルガイド消化器癌化学療法TS-1/タキサン(久保田哲朗, 大村健二 編), 南山堂, pp83-87, 2009.11


-学会発表-

1. 池澤和人, 牧野維斗映, 上野卓教, 兵頭一之介: 血清アルブミン値は, 消化器末期癌患者の生命予後の予測因子として有用である. 第24回日本静脈経腸栄養学会(鹿児島),1月, 2009

2. 廣瀬充明,鈴木英雄,松井裕史,金子 剛,中原 朗,兵頭一之介,寺島秀夫,菅野雅人,上野卓教,長谷川直之,池澤和人:ESDにて治療切除が得られたバレット食道癌の1例
第303回日本消化器病学会関東支部例会,(東京),2月, 2009

3. 廣島良規, 森脇俊和, 平井祥子, 廣瀬充明, 山田武史, 遠藤慎治, 金子 剛, 鈴木英雄, 松井裕史, 中原 朗, 兵頭一之介:実地臨床における切除不能・再発結腸直腸癌に対するBevacizumab併用療法の検討. 第18回茨城がん学会,(水戸), 2月, 2009

4. 森脇俊和, 兵頭一之介, 鈴木英雄, 平井祥子, 廣島良規, 廣瀬充明, 山田武史, 金子 剛, 松井裕史, 中原 朗:当科におけるDIF関連の臨床試験の取り組み. 第22回関越DIF研究会, 2月, 2009

5. 正田純一:肝癌の新しい腫瘍マーカーの検索. 肝疾患連携の会 第1回総会(つくば)2月,2009

6. 廣島良規,安部井誠人,山田武史,廣瀬充明,平井祥子,福田邦明,正田純一,兵頭一之介. 急速な黄疸の進行を認めた一症例.県南県西肝疾患研究会,(つくば),2月,2009

7. 兵頭一之介: 胃癌化学療法コンセンサス2セカンドライン 胃癌セカンドライン治療の現状. 第81回日本胃癌学会総会(東京),3月, 2009

8.  兵頭一之介: 高度催吐性抗悪性腫瘍薬誘発悪心・嘔吐に対するパロノセトロンの抑制効果-グラニセトロンを対照とした臨床第3相比較試験」(プレナリー). 第7回日本臨床腫瘍学会学術集会(名古屋),3月, 2009

9. 山田武史, 森脇俊和, 廣島良規, 廣瀬充明, 平井祥子, 遠藤慎治, 兵頭一之介:進行胃癌・進行大腸癌の同時性重複癌に対しmFOLFOX6+Bevacizumab併用化学療法が奏功した一例. 第7回日本臨床腫瘍学会学術集会,(名古屋), 3月, 2009

10. 高島淳生, 山田康秀, 山崎健太郎, 遠藤慎治, 江崎泰斗, 三宅泰裕, 武元浩新, 山下啓史, 村田幸平, 吉田茂正, 馬場英司, 徳永伸也, 松岡正樹, 梶原猛史, 森脇俊和:
大腸癌既治療例におけるFOLFIRI/FOLFOXとbevacizumabの併用療法に関する多施設調査研究:初回報告. 第7回日本臨床腫瘍学会学術集会,(名古屋), 3月, 2009

11. 金子 剛: 「がん細胞の膜は柔らかい」-蛍光偏光解消法による光生物学的膜流動性の捕捉. 第27回サイトプロテクション研究会, 3月27日, 2009

12. Abei M, Fukuda K, Kawashima R, Seo E, Hyodo I, Hamada H, Murata T, Ugai H, Yokoyama KK.:Combination Virotherapy with E1A, E1B-Double Restricted Oncolytic Adenovirus Greatly Augments Tumor-Specific Suicide Gene Therapy for Gallbladder Cancer.The 5th International Meeting on Replicating Oncolytic Virus Therapeutics.(Banff, Canada), Mar, 2009

13. Hideo Suzuki, Yanan Li, Xiaoqun Dong, Manal M. Hassan, Ichinosuke Hyodo, James L. Abbruzzese, Donghui Li.:Effect of IGF gene polymorphisms alone or in interaction with diabetes on the risk of pancreatic cancer. American Association for Cancer Research 100th annual meeting 4月, 2009

14. 小貫健一郎,川本 徹,山本雅一,杉山弘明,石毛和紀,三善英知,谷口直之,正田純一: 奬膜下浸潤(pT2)胆嚢癌における糖転移酵素N-アセチルグルコサミン転移酵素V(GnT-V)発現とその臨床的意義. 日本外科学会(福岡)4月,2009

15. 宇土潤平, 金子 剛, 松井裕史: アスピリンと酸環境は胃粘膜細胞のミトコンドリア呼吸を阻害する. 第77回日本消化器内視鏡学会総会,(名古屋), 5月, 2009

16. 鈴木英雄, 太刀川弘和, 兵頭一之介: 過敏性腸症候群患者における精神心理学的分析. 第95回日本消化器病学会総会 シンポジウム,(札幌), 5月, 2009

17.廣島良規, 鈴木英雄, 平井祥子, 金子 剛, 森脇俊和, 松井裕史, 中原 朗, 兵頭一之介: ヘリコバクターピロリ感染に対する幼少期の衛生環境の影響について. 第95回日本消化器病学会総会 ポスター,(札幌) 5月, 2009

18. 杉山弘明,石毛和紀,小貫健一郎,川本 徹,山本雅一,三善英知,谷口直之,正田純一: 肝胆道系悪性腫瘍における糖転移酵素N-アセチルグルコサミン転移酵素V(GnT-V)発現とその臨床的意義. 第95回日本消化器病学会総会(札幌)5月,2009

19. 岡田浩介,正田純一,山本雅浩: インチンコウ湯は肝Mrp2/MRP2の発現増加と毛細胆管膜への集積により胆汁酸非依存性の胆汁分泌を誘発する. 第95回日本消化器病学会総会(札幌)5月,2009

20. 岡田浩介,正田純一,山本雅之: 転写因子Nrf2はコリンメチオニン欠乏食(MCDD)誘発非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)を防御する. 第95回日本消化器病学会総会(札幌)5月,2009

21. 福田邦明,西 雅明,荒木眞裕,兵頭一之介: 進行肝細胞癌に対するtegafur/uracil+少量PEG-Interferon 併用療法の臨床研究.第95回日本消化器病学会総会(札幌),5月,2009

22. 元雄良治,新井一郎,兵頭一之介,津谷喜一郎: 日本の診療ガイドラインの中の漢方薬. 第60回日本東洋医学会学術総会(東京),6月, 2009

23. 杉本浩一, 岡田浩介, 正田純一, 蕨 栄治, 柳川 徹, 田口恵子, 兵頭一之介, 石井哲郎, 山本雅之: 転写因子Nrf2はコリンメチオニン欠乏食(MCDD)誘発非アルコール性
脂肪性肝炎(NASH)を防御する. 第45回日本肝臓学会総会(神戸),6月, 2009

24. 村山巌一, 忠願寺義通, 宮本勇治, 北村まり, 谷口美樹, 古本洋平, 堀内亮郎, 浅野 徹, 佐崎なほ子, 藤木和彦, 兵頭一之介, 松崎靖司:初期反応からみてSVRを期待できないC型慢性肝炎に対しPEG-IFN製剤を変更し継続投与することによるウィルス学的効果の向上. 第45回日本肝臓学会総会(神戸),6月, 2009

25. 杉山弘明, 石毛和紀, 小貫健一郎, 馬場伸枝, 上田哲也, 兵頭一之介, 正田純一: 肝内胆管癌に対するマルチターゲット阻害剤Sorafenib(SOR)の有用性に関する検討. 第45回日本肝臓学会総会(神戸),6月, 2009

26. 廣島良規, 鈴木英雄, 金子 剛, 森脇俊和, 松井裕史, 中原 朗, 兵頭一之介, 上野卓教, 石毛和紀, 設楽佐代子, 池澤和人:慢性偽腸閉塞症の1例. 第16回茨城県炎症性腸疾患研究会,(つくば),6月, 2009

27.  長野由美子, 松井裕史, 下川 治, 頼 冠甫, 金子 剛, 中原 朗, 兵頭一之介: 胃酸曝露は胃粘膜細胞にミトコンドリア膜電位低下・ROS・産生を伴う細胞傷害をもたらす,
第62回日本酸化ストレス学会,(福岡), 6月, 2009

28. 吉冨 徹, 間宮 孝, 松井裕史, 平山 暁, 長崎幸夫: 生体内ROSの可視化を目指したEPRナノプローブの創製. 第62回日本酸化ストレス学会,(福岡), 6月, 2009

29. 半田 修, 内藤裕二, 岡田ひとみ, 水島かつら, 林奈津子, 内山和彦, 石川 剛, 高木智久, 八木信明, 小倉 聡, 松井裕史, 東 健, 川野 淳, 吉川敏一:酸化ストレス刺激によるHelocobacter pylori CagA発現胃上皮細胞の反応:アポトーシスを中心として. 第62回日本酸化ストレス学会,(福岡), 6月, 2009

30. Kaneko T:The fluorescence assessment of cellular membrane fluidity in human gastric cancer specimens. 第40回米国消化器病学(DDW2009), 6月3日, 2009

31. 杉本浩一,岡田浩介,正田純一,兵頭一之介,蕨 栄治,柳川 徹,石井哲郎,田口恵子,山本雅之:転写因子Nrf2はコリンメチオニン欠乏食(MCDD)誘発非アルコール
性脂肪性肝炎(NASH)を防御する. 第17回肝病態生理研究会(神戸)6月,2009

32. Abei M, Fukuda K, Shoda J, Hyodo I, Sugahara S, Okumura T, Sakurai H.:Role of proton beam irradiation in the treatment of hepatocellular carcinoma. 第3回国際肝癌シンポジウムKOBE.(神戸), 6月, 2009 (with a JSH-ILCA Joint Scientific Session), (Kobe), June, 2009

33. 山田武史, 金子 剛, 鈴木英雄, 松井裕史, 兵頭一之介: 宗教的理由で光化学療法を施した一例. 第5回茨城内視鏡治療研究会,(つくば),7月, 2009

34. 瀬尾恵美子,前野哲博,小川良子,野澤美加,山田麻紀,松村 明:医師・研修医・学生に対する子育て懇談会における意識調査. 第41回医学教育学会大会, 7月, 2009

35. Matsui H.:Plenary Lecture.Gastric cancer specific porphyrin accumulation. The4th Seol National University Bundang Hospital PDT Colloquium, 7月, 2009

36. Kawashima R, Abei M, Nakamura K, Fukuda K, Murata T, Hyodo I, Hamada H, Obata Y, Yokoyama KK: Effective gene therapy for biliary cancers by Z33 fiber modified adenovirus vector with tumor specific antibodies.  第15回日本遺伝子治療学会総会,(大阪),7月,2009

37. Kawashima R,Abei M, Nakamura K, Fukuda K, Murata T, Hyodo I, Hamada H, Obata Y, Yokoyama KK:Effective gene therapy for biliary cancers by using Z33 fiber modified adenovirus withy tumor specific antibodies. 第15回日本遺伝子治療学会(大阪),7月,2009

38. M Yoshiharu., Arai I., Hyodo I., Tsutani K., Nottingham, UK:Systematic review of Japanese clinical practice guidelines: how Kampo medicines are described? 8th Meeting of Consortium for Globalization of Chinese Medicine (CGCM),(中国)8月, 2009

39. Matsui H, Kaneko T, Nagano YN, Shimokawa O, Hirayama A, Nagasaki Y.:Plenary Lecture by Young Investigator Award Winners:NSAIDs and acidic environment induce gastric mucosal cellular mitochondrial dysfunction. SFRR-Europe meeting, 9月, 2009

40. 川島 玲, 安部井誠人, 福田邦明, 村田武英, 濱田洋文, 兵頭一之介: Z33アデノウイルスと腫瘍特異抗体を用いた胆道癌の標的化遺伝子治療の開発. 第45回日本胆道学会学術集会(幕張),9月, 2009

41. 川本 徹, 鈴木英雄, 石毛和紀, 正田純一, 兵頭一之介, 遠藤隆志,山本雅一: 胆道癌におけるIGFRとRaf 1の発現と臨床病理学的因子との関連性. 第45回日本胆道学会学術集会(幕張),9月, 2009

42. 川本 徹,鈴木英雄,石毛和紀,正田純一,兵頭一之介,遠藤隆志,山本雅一,Melanie Thomas.: 胆道癌におけるIGFRとRaf-1の発現と臨床病理学的因子との関連性.
第45回日本胆道学会学術集会(千葉),9月,2009

43. 小貫建一郎,川本 徹,山本雅一,杉山弘明,石毛和紀,遠藤隆志,三善英知,谷口直之,正田純一: 漿膜下浸潤(pT2)胆嚢癌における糖転移酵素N-アセチルグルコサミ
ン転移酵素V(GnT-V)発現とその臨床的意義.第45回日本胆道学会学術集会(千葉),9月,2009

44. 川島 玲, 安部井誠人, 福田邦明, 村田武英, 濱田洋文,兵頭一之介: Z33アデノウイルスと腫瘍特異抗体を用いた胆道癌の標的化遺伝子治療の開発.第45回日本胆道学会総会,(幕張),9月,2009

45. Abei M, Kawashima R, Fukuda K, Nakamura K, Murata T, Yokoyama KK, Hamada H, Hyodo I:  Targeted gene therapy for biliary cancers using Z33 fiber modified adenovirus with tumor specific antibodies.  Annual Meeting of the International Society for Cell and Gene Therapy of Cancer, (Cork, Ireland), September , 2009

46. 福田邦明, 鈴木英雄, 安部井誠人, 正田純一, 中原 朗, 兵頭一之介: 肝門部胆管悪性狭窄に対する金属ステントの有効性. 第78回日本消化器内視鏡学会総会(京都),10月, 2009


47. 松本梨絵, 上野卓教, 長谷川直之, 池澤和人, 廣本敦之, 佐々木量矢, 松井 聡, 坂本俊樹, 斎藤 節, 兵頭一之介: 動脈性出血を契機に発見した胃粘膜内癌の一例
第78回日本消化器内視鏡学会総会(京都),10月, 2009

48. 鈴木英雄, 太刀川弘和, 兵頭一之介:消化吸収機能を標的とした機能性食品の展望 下痢型過敏性腸症候群患者に対する食物繊維加工食品の効果. 第51回日本消化器病学会大会(京都),10月, 2009

49. 江崎泰斗, 高島淳生, 山崎健太郎, 森脇俊和, 三宅泰裕, 勝又健次, 山下啓史, 福永 睦, 加藤誠之, 文田壮一, 兵頭一之介: 大腸癌既治療例のFOLFIRI/FOLFOXとベバシズマブ併用に関する多施設調査研究. 中間報告. 第47回日本癌治療学会学術集会(横浜),10月, 2009

50. 江崎泰斗, 佐藤太郎, 宇良 敬, 辻仲利政, 佐々木康綱, 山崎健太郎, 山田康秀, 石塚直樹, 兵頭一之介, 坂田 優: UGT1A1遺伝子多型群別のCPT-11用量設定試験(UGT0601試験)第47回日本癌治療学会学術集会(横浜),10月, 2009

51. 辻 晃仁, 仁科智裕, 山口研成, 瀧内比呂也, 江崎泰斗, 徳永伸也, 桑野博行, 小松嘉人, 安井久晃, 島田安博, 朴 成和, 渡邊昌彦, 兵頭一之介, 森田智視, 杉原健一:
大腸癌化学療法 世界との乖離は埋められたか?切除不能大腸癌二次治療例に対するFOLFIRIとIRISとの第Ⅲ相臨床試験(FIRIS study). 第47回日本癌治療学会学術集会(横浜),10月, 2009

52. 浜本康夫, 小松嘉人, 山口研成, 土井俊彦, 加藤 健, 関川高志, 佐藤 温, 水沼信之, 小泉和三郎, 朴 成和, 室 圭, 瀧内比呂也,兵頭一之介, 宮川国久, 坂田 優, XELOX+BV試験共同研究グループ: 大腸癌化学療法 世界との乖離は埋められたか? 国内におけるXELOX療法+ベバシズマブ(BV)療法の第I/II相臨床試験成績. 第47回日本癌治療学会学術集会(横浜),10月, 2009

53. 鈴木英雄, 太刀川弘和, 兵頭一之介:下痢型過敏性腸症候群患者に対する食物繊維加工食品の効果 JDDW 2009 パネルディスカッション, (京都), 10月, 2009

54. 井坂由佳, 本間真人, 森脇俊和, 柴原 健, 中原 朗, 兵頭一之介, 幸田幸直:mFOLFOX6療法によるoxaliplatinの休薬が副作用の発現に及ぼす影響. 第19回日本医療薬学会, (長崎), 10月24日, 2009

55. 小貫健一郎,川本 徹,山本雅一,杉山弘明,石毛和紀,三善英知,谷口直之,正田純一: 漿膜下浸潤(pT2)胆嚢癌における糖転移酵素N-アセチルグルコサミ
ン転移酵素V(GnT-V)発現とその腫瘍生物学的意義. 第51回日本消化器病学会大会(京都)10月,2009

56. 杉山弘明,石毛和紀,小貫健一郎,馬場伸枝,上田哲也,兵頭一之介,正田純一: 肝内胆管癌に対するマルチターゲット阻害剤 Sorafenib (SOR) の有用性に関する検討. 第51回日本消化器病学会大会(京都)10月,2009

57. 杉本浩一,岡田浩介,正田純一,兵頭一之介,蕨 栄治,柳川 徹,石井哲郎,田口恵子,山本雅之:転写因子Nrf2はコリンメチオニン欠乏食(MCDD)誘発非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)を防御する. 第13回日本肝臓学会大会(京都)10月,2009

58.  白輪地麻衣, 石井一弘, 塩谷彩子, 間宮 孝, 廣島良規, 福田邦明, 森 健作,玉岡 晃:MRIにて淡蒼球や中小脳脚に両側対称性異常信号域を認めた肝性脳症の66歳男性例.第566回日本内科学会関東地方会(東京),10月,2009

59. 岡田浩介,杉本浩一,正田純一,蕨 栄治,石井哲郎,山本雅之: 転写因子Nrf2 の活性化はコリンメチオニン欠乏食誘発脂肪性肝炎を防御する第31回胆汁酸研究会(東京),11月,2009

60. Fukuda K, Abei M, Shoda J, Sugahara S, Nakayama H, Okumura T, Sakurai H, Hyodo I.: Proton beam therapy for hepatocellular carcinoma.
第20回アジア太平洋癌学会(つくば),11月,2009

61. Rei Kawashima, Masato Abei, Kuniaki Fukuda, Kiminori Nakamura, Takehide Murata, Kazunari Yokoyama, Hirofumi Hamada,
Ichinosuke Hyodo.: Targeted gene therapy for cancers by using Z33 fiber modified adenovirus vector with tumor specific antibodies.
第20回アジア太平洋癌学会(つくば),11月,2009

62. Abei M:  Introduction to oncolytic virotherapy and preclinical studies of oncolytic adenovirus on biliary cancers.Asian-Pacific Cancer Conference: Satellite Symposium ”Recent Progress in Oncolytic Virotherapy”, (Tsukuba), November, 2009

63. 松井裕史: 教育講演: 消化管の解剖と疾患, 平成21年度茨城県消化器内視鏡技師研究会, 12月, 2009

64. Matsui H: Plenary Lecture: Gastric cancer specific porphyrin accumulation. LASER TOKYO 2009 (18th International Symposium
for LASER Sugery and Medicine), 12月, 2009


-班研究報告-

1. 正田純一: 肝内胆管癌に対する分子標的治療—IL-4受容体標的サイトトキシンの有用性について. 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業
「難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究」平成20年度総括・分担研究報告書 140-145 2009

2. 森脇俊和: 茨城県がん臨床疫学研究事業「第2班多施設間共通プロトコールによる特定のがん化学療法の研究・評価」「切除不能・再発胃癌に対するS-1+分割毎週CDDP併用療法の多施設共同第II相臨床試験」「大腸がんにおけるセツキシマブ治療効果予測因子の探索的研究」

3. 金子 剛: 厚生労働省 がん研究助成金(18-15)「がんの診断治療用光学機器の開発」班.平成21年度「第1回 がんの診断治療用光学機器の開発班々会議」平成21年 9月10日, 2009


-講演会その他-

1正田純一: 「胆汁うっ滞における肝輸送蛋白の発現異常と漢方製剤茵?蒿湯の分子標的治療」. 第35回千葉東洋医学シンポジウム「消化器疾患と漢方」(千葉)3月,2009

2. 正田純一: カラダのキモチ「カラダに出来る石」ゲスト解説者TBS テレビ番組:3月,2009

3. 安部井誠人: 朝日新聞社主催市民公開講座「C型肝炎の病態」.つくば国際会議場,(つくば),7月,2009

4. 福田邦明:「肝炎・肝硬変].第281回真壁医師会筑西支部研修会(茨城),1月,2009

5. 福田邦明,森 健作,福永 潔,安部井誠人,正田純一,兵頭一之介,南 学: 肝癌に対するSPIOを用いた新しいRFA焼灼領域判定法の有用性の検討.平成21年茨城県消化器病懇話会(つくば),1月,2009

6. 福田邦明: 造影超音波とラジオ波焼灼術.第1回肝疾患地域連携の会(つくば),3月,2009

7. 福田邦明 ,正田純一,廣島良規,山本祥之,日下部涼子,松田健二,越智大介,安部井誠人,兵頭一之介: 当院に於けるsorafenibの治療経験.
第1回茨城肝臓がん分子セミナー(つくば),11月,2009

8. 福田邦明: 肝細胞癌の治療戦略 ~ 内科的立場から ~.筑波大学附属病院 第7回オンコロジーカンファレンス(つくば),12月,2009

9. 森脇俊和: 日本緩和医療学会 緩和医療ガイドライン作成委員会 がん性疼痛ガイドライン作業部会 デルファイメンバー

10. 森脇俊和: 胃癌の診断から治療まで.古河地区癌フォーラム, 2月3日, 2009

11. 森脇俊和: 結腸直腸癌における二次治療以降のFOLFIRI+アバスチンおよびFOLFOX+アバスチン療法の有効性, 安全性の実態調査研究.ACHIEVE in IBARAKI, 6月13日, 2009

12. 森脇俊和: パネルディスカッション:がん治療医の立場から.地域医療を考える会TSUKUBA, 10月17日, 2009

13. 瀬尾恵美子: 茨城県医師会 女性医師の勤務環境の整備に関する病院長、病院開設者・管理者等への講習会「女性医師看護師キャリアアップ支援システム成果報告-つくば的 女性医師・看護師の働きやすい環境を目指して-」報告(つくば), 2月, 2009

14. 瀬尾恵美子: 茨城県医師会男女共同参画フォーラム「女性医師ががんばれる環境をめざして」座長(水戸), 11月, 2009

15. 瀬尾恵美子: 茨城医学会地域医療分科会「地域が医師を育てる-医師不足解消法-」パネリスト(水戸), 11月, 2009

2008年消化器内科業績

- 原著 -

  1. Shimokawa O, Nagano Y, Kaneko T, Shibahara T, Nakahara A, Hyodo I,Yanaka A, Majima HJ, Nakamura Y:Neoplastic transformation and induction of H+,K+ -adenosine triphosphatase by N-methyl-N'-nitro-N-nitrosoguanidine in the gastric epithelial RGM-1 cell line. In Vitro Cell Dev Biol Anim  44(1-2): 26-30, 2008 
  2. Miyahara N, Shoda J, Ishige K, Kawamoto T, Ueda T, Taki R, Ohkohchi N, Hyodo I, Thomas MB, Krishnamurthy S, Carraway KL,Irimura T: MUC4 interacts with ErbB2 in human gallbladder carcinoma: potential pathobiological implications. Eur J Cancer  44(7):1048-1056, 2008                                               
  3. Sato D, Yanaka A, Shibahara T, Matsui H, Nakahara A, Yanagawa T, Warabi E, Ishii T, Hyodo I: Peroxiredoxin I protects gastric mucosa from oxidative injury induced by H. pylori infection. J Gastroenterol Hepatol  23(4):652-659, 2008
  4. Hamaguchi T, Shirao K, Yamamichi N, Hyodo I, Koizumi W, Seki S, Imamura T, Honma H, Ohtsu A, Boku N, Mukai T, Yamamoto S, Fukuda H, Yoshida S:Gastrointestinal Oncology Study Group of Japan Clinical Oncology Group: A phase II study of sequential methotrexate and 5-fluorouracil chemotherapy in previously treated gastric cancer. Jpn J Clin Oncol  38(6):432-437, 2008
  5. Sakamoto H, Yoshimura K, Saeki N, Katai H, Shimoda T, Matsuno Y, Saito D, Sugimura H, Tanioka F, Kato S, Matsukura N,Matsuda N, Nakamura T, Hyodo I, Nishina T, Yasui W, Hirose H,Hayashi M, Toshiro E, Ohnami S, Sekine A, Sato Y, Totsuka H, Ando M, Takemura R, Takahashi Y, Ohdaira M, Aoki K, Honmyo I,Chiku S, Aoyagi K, Sasaki H, Ohnami S, Yanagihara K, Yoon KA,Kook MC, Lee YS, Park SR, Kim CG, Choi IJ, Yoshida T, Nakamura Y, Hirohashi S: Genetic variation in PSCA is associated with susceptibility to diffuse-type gastric cancer. Nat Genet  40(6):730-740,2008
  6. Momo K, Homma M, Abei M, Hyodo I, Kohda Y: Tizanidine-induced hypotension in patients with liver cirrhosis. Eur J Clin Pharmacol  64(6):647-648, 2008
  7. Hyodo I: How should oncologists face complementary and alternative medicine? Jpn J Clin Oncol  38(8):511, 2008
  8. Koizumi W, Okayasu I, Hyodo I, Sakamoto J, Kojima H: Prediction of the effect of capecitabine in gastric cancer by immunohistochemical staining of thymidine phosphorylase and dihydropyrimidine dehydrogenase. Anticancer Drugs  19(8):819-824, 2008
  9. Okada K, Shoda J, Taguchi K, Maher JM, Ishizaki K, Inoue Y, Ohtsuki M, Goto N, Takeda K, Utsunomiya H, Oda K, Warabi E, Ishii T, Osaka K, Hyodo I, Yamamoto M: Ursodeoxycholic acid stimulates Nrf2-mediated hepatocellular transport, detoxification, and antioxidative stress systems in mice. Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol  295(4):735-747, 2008
  10. Mamiya T, Katsuoka F, Hirayama A, Nakajima O, Kobayashi A, Maher JM, Matsui H, Hyodo I, Yamamoto M, Hosoya T: Hepatocyte-specific deletion of heme oxygenase-1 disrupts redox homeostasis in basal and oxidative environments. Tohoku J Exp Med  216(4):331-339, 2008
  11. Ishige K, Shoda J, Kawamoto T, Matsuda S, Ueda T, Hyodo I, Ohkohchi N, Puri RK, Kawakami K: Potent in vitro and in vivo antitumor activity of interleukin-4-conjugated Pseudomonas exotoxin against human biliary tract carcinoma. Int J Cancer  123(12):2915-2922, 2008
  12. Hirai K, Komura K, Tokoro A, Kuromaru T, Ohshima A, Ito T, Sumiyoshi Y, Hyodo I: Psychological and behavioral mechanisms influencing the use of complementary and alternative medicine (CAM) in cancer patients. Ann Oncol  19(1):49-55, 2008
  13. Suzuki T, Yoshida N, Nakabe N, Isozaki Y, Kajikawa H, Takagi T, Handa O, Kokura S, Ichikawa H, Naito Y, Matsui H, Yoshikawa T:Prophylactic effect of rebamipide on aspirin-induced gastric lesions and disruption of tight junctional protein zonula occludens-1 distribution. J Pharmacol Sci 106(3):496-477, 2008
  14. Li D,Suzuki H, Liu B, Morris J, Liu J , Okazaki T,Li Y, Chang P, Abbruzzese JL: DNA Repair Gene Polymorphisms and Risk of Pancreatic Cancer. Clin Cancer Res. 15, 740-6, 2008
  15. Suzuki H, Li Y, Dong X, Hassan MM, Abbruzzese JL, Li D: Effect of IGF Gene Polymorphisms Alone or In Interaction with Diabetes on the Risk of Pancreatic Cancer. Cancer Epidemiol Biomarkers Prev. 17, 3467-73, 2008
  16. Suzuki H, Morris JS, Li Y, Doll MA, Hein DW, Liu J, Jiao L, Hassan MM, Day RS, Bondy ML, Abbruzzese JL, Li D: Interaction of the cytochrome P4501A2, SULT1A1 and NAT gene polymorphisms with smoking and dietary mutagen intake in modification of the risk of pancreatic cancer. Carcinogenesis. 29, 1184-91, 2008
  17. Matsubara J, Nishina T, Yamada Y, Moriwaki T, Shimoda T, Kajiwara T, Nakajima TE, Kato K, Hamaguchi T, Shimada Y, Okayama Y, Oka T,Shirao K: Impacts of excision repair cross-complementing gene 1 (ERCC1), dihydropyrimidine dehydrogenase, and epidermal growth factor receptor on the outcomes of patients with advanced gastric cancer. Br J Cancer, 98(4):832-839, 2008
  18. Mizumoto M, Tokuuye K, Sugahara S, Nakayama H, Fukumitsu N, Ohara K, Abei M, Shoda J, Tohno E, Minami M.: Proton beam therapy for hepatocellular carcinoma adjacent to the porta hepatis. Int. J. Radiat. Oncol. Biol. Phys. 71(2):462-47. 2008
  19. Matsuda A, KunoA, Ishida H, Kawamoto T, Shoda J, Hirabayashi J: Development of an all-in-one technology for glycan profiling targeting formalin-embedded tissue sections. Biochem Biophys Res Commun 370:259-263, (IF: 2.749). 2008
  20.  Hayashi S, Nakamura E, Kubo Y, Takahashi N, Yamaguchi A, Matsui H, Hagen SJ, Takeuchi K:Impairment by allyl isothiocyanate of gastric epithelial wound repair through inhibition of ion transporters. J Physiol Pharmacol 59(4):691-706, 2008
  21. 半田 修, 内藤裕二, 古倉 聡, 石井剛志, 平田育大, 尾松達司, 岡山哲也, 鈴木隆裕, 高木智久, 市川 寛, 吉田憲正, 松井裕史, 東 健, 川野 淳, 吉川敏一: アポトーシス刺激に対するCagA発現胃上皮細胞の反応 日本ヘリコバクター学会誌, 9(2):42-45, 2008
  22. 末永光邦, 仁科智裕, 兵頭一之介, 棟方正樹, 小泉和三郎, 三嶋秀行, 佐藤 温, 水沼信之, 畠 清彦: 治癒切除不能の進行・再発結腸・直腸癌に対する Oxaliplatin(L-OHP)+Infusional 5-FU/l-LV療法(FOLFOX4レジメン) の安全性確認試験 癌と化学療法  35(2):255-260, 2008
  23. 谷中昭典, 中原 朗, 兵頭一之介:NSAID潰瘍の予防対策 Geranylgeranylacetyone(GGA)によるNSAID起因性胃粘膜傷害の予防 ヒトボランティアを用いた検討 潰瘍  35(1):52-56, 2008
  24. 齋藤洋子, 中原 朗, 松本尚志, 福富久之:対策型検診における大腸がん検診のカットオフ値に関する一考察 効率化を図るために 日本消化器がん検診学会雑誌, 46(2):221-232, 2008
  25. 齋藤洋子, 三原章男, 福富久之, 上甲 宏, 松本尚志, 中原 朗:X線検査でのH.pylori(以下H.p)未感染の判定, 胃粘膜萎縮の程度の判定 日本消化器がん検診学会雑誌, 46(2):64, 2008
  26. 斎藤洋子, 中原 朗, 福富久之:大腸癌検診の現況と問題点 日本消化器がん検診学会雑誌, 46(5):616, 2008
  27. 谷中昭典, 中原 朗, 兵頭一之介:NSAID潰瘍の予防対策 Geranylgeranylacetyone(GGA)によるNSAID起因性胃粘膜傷害の予防 ヒトボランティアを用いた検討  潰瘍, 35(1):52-56, 2008
  28. 松井裕史, 宇土潤平, 金子 剛, 下川 治 , 兵頭一之介:アミノレブリン酸投与によるがん固有蛍光と一酸化窒素 日本レーザー医学会誌, 29(2):153-159, 2008
  29. 間宮 孝, 松井裕史, 平山 暁, 下川 治, 金子 剛, 宇土潤平, 頼 冠甫, 長野由美子, 中原 朗, 兵頭一之介:Heme oxygenase-1による肝細胞保護作用の検討 G.I.Research, 16(4):362-363, 2008
  30. 半田 修, 内藤裕二, 岡田ひとみ, 水島かつら, 石井剛志, 平田育大, 尾松達司, 岡山哲也, 鈴木隆裕, 高木智久, 古倉聡, 市川 寛, 松井裕史, 東 健, 川野 淳, 吉川敏一:Helicobacter pylori菌体毒素CagAによる胃上皮細胞内酸化ストレスの検討 潰瘍. 35(2):113-115, 2008
  31. 片岡淳朗, 那須淳一郎, 筑木隆雄, 梶原猛史, 森脇俊和, 仁科智裕, 松原 寛, 堀伸一郎, 谷水正人, 西村理恵子:小腸型Crohn病の経過中に直腸癌を併発した1例 Gastroenterological Endoscopy, 50, 22-26, 2008

- 総説 -

  1. 頼 冠甫, 金子 剛, 松井裕史, 兵頭一之介:知っておきたい頻用薬の上手な使い方 整腸剤 日本医事新報  4377号:44-45, 2008
  2. 森脇俊和, 遠藤慎治, 兵頭一之介: 【外科医に必要ながん化学療法の知識】 分子標的治療薬開発の現況 外科治療  98巻増刊:473-482, 2008
  3. 遠藤慎治, 森脇俊和, 兵頭一之介: 総論-抗体医薬により最新治療- 大腸癌FRONTIER Frontiers in Colorectal Cancer  1(3): 10-16, 2008
  4. 松井裕史, 宇土潤平, 金子 剛, 下川 治, 兵頭一之介: 【利用拡大をめざした5-ALAを用いたがんのPDD・PDT研究】アミノレブリン酸投与によるがん固有蛍光と一酸化窒素 日本レーザー医学会誌  29(2):153-159, 2008
  5. 正田純一:胆汁・膵液から何がわかるか?胆汁分泌の機序と胆汁組成 胆と膵 29:683−688,2008
  6. 遠藤慎治, 兵頭一之介, 森脇俊和: 緩和医療としての化学療法(palliative chemotherapyとintensive chemotherapy) 泌尿器ケア, 8頁, 6月, 2008
  7. 遠藤慎治, 兵頭一之介, 森脇俊和: 切除不能進行・再発胃癌におけるfirst line chemotherapy, 日本臨床, 382-385, 7月, 2008
  8. 松井裕史, 頼 冠甫: 胃がん発がんと酸化ストレス 癌と化学療法 35(9) : 1451-1456, 9月, 2008
  9. 鈴木英雄, 兵頭一之介: 「大腸癌化学療法における標準的治療の変遷」 消化器の臨床11 (5)483-489, 2008

 

- 著書 -

  1. 兵頭一之介, 森脇俊和, 遠藤慎治:胃癌の化学療法 エビデンスに基づいた癌化学療法 ハンドブック, (有吉 寛編集), メディカルレビュー社,(東京),pp150-173, 2008
  2. 安部井誠人, 福田邦明, 兵頭一之介: 病気と薬 パーフェクトBOOK2008  南山堂, (東京), pp412-414, 2008
  3. 馬嶋秀行, 犬童寛子, 富田和夫, 松井裕史, 小澤俊彦: 酸化ストレスの医学 診断と治療社,pp81-87, 7月, 2008
  4. 森脇俊和, 遠藤慎治, 兵頭一之介: CPT-11, 消化器がん化学療法2008(市倉隆 編) 日本メディカルセンター,pp131-140, 2008
  5. 森脇俊和, 兵頭一之介: 制吐薬, 治療薬ハンドブック2008(堀正二, 菅野健太郎, 門脇孝, 乾賢一, 林昌洋 編) 株式会社じほう, pp540-543, 2008
  6. 森脇俊和, 兵頭一之介, 遠藤慎治: エビデンスに基づいた癌化学療法ハンドブック2009 pp158-173, 12月, 2008
  7. 安部井誠人兵頭一之介: 胆道感染症 消化器疾患最新の治療2007-2008 菅野健太郎・上西紀夫・井廻道夫編,南江堂,pp366-368, 2008
  8. 兵頭一之介福田邦明,遠藤慎治: 切除不能進行・再発癌に対する抗がん剤治療 ガイドラインサポートハンドブック 大腸癌(改訂版), 医学ジャーナル社, pp74-78,2008
  9. 安部井誠人福田邦明兵頭一之介: 胆石症 病気と薬パーフェクトBOOK 2008,南山堂:pp412-414,2008

 

- 学会発表 -

  1. 森 健作,国松 聡,岡本嘉一,那須克宏,南 学,福田邦明,福永 潔,浅岡 等:SPIOを用いたRFA後の焼灼マージン描出法の開発と初期経験 第14回肝血流動態イメージ研究会(横浜),1月,2008
  2. 兵頭一之介:消化器癌化学療法の進歩 平成20年度日本内科学会生涯教育講演会(大阪),2月, 2008
  3. 兵頭一之介:新たながん治療薬のお話 第18回県民のための健康管理講座(つくば),2月, 2008
  4. 兵頭一之介:切除不能進行胃癌に対する化学療法の新時代(座長)第28回日本胃癌学会総会(横浜),2月, 2008
  5. 福井大治郎, 平山祥子, 森脇俊和, 上野卓教, 長谷川直之, 山本祥之,柴原 健, 松井裕史, 福田邦明, 安部井誠人, 正田純一, 中原 朗,兵頭一之介:食道悪性黒色腫の1例 第298回日本消化器病学会関東支部例会(東京),2月, 2008
  6. 山本祥之, 正田純一, 安部井誠人, 長谷川直之, 福田邦明, 平山祥子,上野卓教, 兵頭一之介:急性膵炎の発症を契機に診断された先天性胆道拡張症と膵管癒合不全を伴った膵・胆管合流異常の1例 第298回日本消化器病学会関東支部例会(東京),2月, 2008
  7. 金子 剛, 松井裕史, 中原 朗, 兵頭一之介:蛍光偏光解消法によるNSAIDs起因性胃粘膜傷害の捕捉 第4回日本消化管学会(大阪)2月, 2008
  8. 松井裕史:胃癌特異的ヘム・ポルフィリン代謝による診断と治療 第4回日本消化管学会(大阪), 2月, 2008
  9. 兵頭一之介:教育セッション2:切除不能・再発胃癌に対する標準的治療(座長)第6回日本臨床腫瘍学会学術集会(福岡)3月, 2008
  10. 兵頭一之介:ソラフェニブ投与による膵酵素上昇について(PL-1)第6回日本臨床腫瘍学会学術集会(福岡)3月, 2008
  11. 兵頭一之介:教育セミナー ランチョンセミナー:Medical Oncologistが知っておきたい緩和・支持療法~消化管閉塞と骨転移のマネジメントを中心に~(座長)第6回日本臨床腫瘍学会学術集会(福岡), 3月, 2008
  12. 安部井誠人, 長谷川直之, 正田純一, 兵頭一之介:急性肝不全における内科治療と肝移植の進歩重症肝炎における劇症化予知式に基づいた早期抗ウイルス・抗免疫療法の有効性の検証 第44回日本腹部救急医学会総会(横浜), 3月, 2008
  13. 安部井誠人,福田邦明,正田純一,兵頭一之介:重症肝炎における劇症化予知式に基づいた早期抗ウイルス・抗免疫療法の有効性の検証. シンポジウム「急性肝不全における内科治療と肝移植の進歩」第44回腹部救急学会(横浜),3月,2008
  14. 岡田浩介,正田純一,山津桂子,宇和山純也,蕨 栄治,柳川 徹,石井哲郎,兵頭一之介:アカルボースの長期投与はA170遺伝子欠失マウスにおける脂肪肝の発症を抑制する.第94回消化器病学会総会(福岡),4月,2008
  15. 兵頭一之介:消化器癌化学療法の進歩 平成20年度日本内科学会生涯教育講演会(横浜), 5月, 2008
  16. 石毛和紀, 正田純一, 川本 徹, 兵頭一之介, ラジプリ, 川上浩司:肝内胆管癌に対する分子標的治療IL-4受容体標的サイトトキシンの有用性について第43回日本肝臓学会総会(東京), 5月, 2008
  17. 福田邦明, 安部井誠人, 菅原信二, 正田純一, 徳植公一, 兵頭一之介:併存疾患のために手術非適応となった肝細胞癌患者に対する陽子線治療の長期予後第43回日本肝臓学会総会(東京), 5月, 2008
  18. 岡田浩介, 正田純一, 田口恵子, 蕨 栄治, 宇都宮洋才, 小田高司,後藤信治, 石井哲郎, 山本雅之, 兵頭一之介: UDCAは転写因子Nrf2を活性化し, 肝細胞の輸送, 解毒代謝, 抗酸化ストレス応答を賦活する 第43回日本肝臓学会総会(東京), 5月, 2008
  19. 浅野 徹, 忠願寺義通, 谷口未樹, 北村まり, 渡部尚子, 古本洋平, 鎮西亮子, 堀内亮郎, 佐崎なほ子, 藤木和彦, 兵頭一之介, 松崎靖司:難治性C型慢性肝炎に対するIFNβ1日2回導入+PegIFN/Ribavirin療法時の薬剤アドヒアランスと治療効果 第43回日本肝臓学会総会(東京), 5月, 2008
  20. 池澤和人, 牧野維斗映, 兵頭一之介:消化器疾患とnutrition support team(NST) Best supportive careにおけるNSTの意義(NSTの介入によってStageIV消化器癌患者の予後を改善できるか?) 第94回日本消化器病学会総会(福岡), 5月, 2008
  21. 長谷川直之, 福田邦明, 安部井誠人, 正田純一, 兵頭一之介: UFT, 放射線治療が著効した巨大進行肝細胞癌の治療経験 第94回日本消化器病学会総会(福岡), 5月, 2008
  22. 鈴木英雄, 正田純一, 兵頭一之介:膵臓癌のリスクとしての喫煙と食事に及ぼすCYP,NATとSULT1A1遺伝子多型の影響 第94回日本消化器病学会総会(福岡), 5月, 2008
  23. Kawamoto T, Ishige K, Suzuki H, Krishnamurthy S, Thomas M, Yamamoto M, Hyodo I, Shoda J: Immunohistochemical expression and gene amplification of HER family members in human biliary tract carcinoma. ASCO,(Chicago, U.S.A.), May, 2008
  24. Hideo Suzuki, Yanan Li, Manal M. Hassan, Melissa L. Bondy, James L. Abbruzzese, Donghui Li., Li Jiao, Mark A. Doll, David W. Hein, Rena S. Day: Interaction of the SULT1A1 and NAT gene polymorphisms with dietary mutagen intake in modification of the risk of pancreatic cancer. American Association for Cancer Research (AACR) (San Diego), May, 2008
  25. 平井祥子, 安部井誠人, 長谷川直之, 福田邦明, 正田純一,兵頭一之介: S-1化学療法が奏功し手術が可能となった進行胆嚢癌の1例 第299回日本消化器病学会関東支部例会(群馬),5月17日, 2008
  26. 齋藤洋子, 三原章男, 福富久之, 上甲 宏, 松本尚志, 中原 朗: X線検査でのh.pylori (以下H.p)未感染の判定, 胃粘膜萎縮の程度の判定第47回日本消化器がん検診学会総会(福岡),5月31日, 2008
  27. 福田邦明,森 健作,福永 潔,安部井誠人,正田純一,兵頭一之介,南 学: SPIOを用いた肝癌に対するRFA焼灼マージン描出法の開発と有用性の検討第44回日本肝癌研究会(大阪),5月,2008
  28. 兵頭一之介:胃がんの抗がん剤治療「医学・医療の今-がんに挑む-胃がん」第6回日本医学会公開フォーラム(東京), 6月, 2008
  29. 菅原信二,安部井誠人,正田純一:パネルディスカッション「肝細胞癌の新展開」門脈腫瘍栓を本幹に認める(Vp4)肝細胞癌に対する陽子線照射 第44回日本肝臓学会総会(松山),6月,2008
  30. 石毛和紀,正田純一,川本 徹,松田祐子,兵頭一之介,Raj K. Puri,川上浩司:胆道系悪性腫瘍に対する分子標的治療—IL-4受容体標的サイトトキシンの有用性について 第44回日本肝臓学会総会(松山),6月,2008
  31. 福田邦明,安部井誠人,菅原信二,正田純一,兵頭一之介:併存疾患のために手術非適応となった肝細胞癌患者に対する陽子線治療の長期予後 第44回日本肝臓学会総会(松山),6月,2008
  32. 岡田浩介,正田純一,田口恵子,蕨 栄治,宇都宮洋才,小田高司,後藤信治,石井哲郎,山本雅之,兵頭一之介:ウルソデオキシコール酸は転写因子Nrf2を活性化し,肝細胞の輸送,解毒代謝,抗酸化ストレス応答を賦活する 第44回日本肝臓学会総会(松山),6月,2008
  33. 岡田浩介,正田純一,兵頭一之介,田口恵子,山本雅之,後藤信治,小田高司:ウルソデオキシコール酸は転写因子Nrf2を活性化し,肝細胞の輸送,解毒代謝,抗酸化ストレス応答を賦活する 第16回肝病態生理研究会(松山),6月,2008
  34. 福田邦明,安部井誠人,菅原信二,正田純一,徳植公一,兵頭一之介:併存疾患のために手術非適応となった肝細胞癌患者に対する陽子線治療の長期予後 第44回日本肝臓学会総会(松山),6月,2008
  35. 福田邦明,安部井誠人,菅原信二,正田純一,徳植公一,兵頭一之介:併存疾患のために手術非適応となった肝細胞癌患者に対する陽子線治療の長期予後 第44回日本肝臓学会総会(松山),6月,2008
  36. Kawashima R, Abei M, Fukuda K, Nakamura K, Wakayama M, Murata T, Hyodo I, Hamada H, Yokoyama KK: Selective gene delivery to hepato-biliary cancers using Z33 fiber modified adenovirus vector and tumor specific antibodies. 14th Annual Meeting 2008 of Japan Society of Gene Therapy, Sapporo, June 12, 2008
  37. 兵頭一之介:分子標的薬を含む最近の薬物療法-大腸がん 東京がん化学療法研究会(TCOG)第9回臨床腫瘍夏期セミナー(東京), 7月, 2008
  38. 佐藤巳喜夫, 立花牧子, 麻生芳子, 海老原次男, 兵頭一之介,菅野雅人, 野口雅之: FSD前生検でGROUPIII/腺腫と診断された胃がんの検討 第4回茨城内視鏡治療研究会(つくば),7月, 2008
  39. 遠藤慎治, 鈴木英雄, 森脇俊和, 松井裕史, 中原 朗, 兵頭一之介:粘膜下腫瘍様形態を呈し, 診断に超音波内視鏡(EUS)及び内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)が有用であった早期胃癌の1例 第4回茨城内視鏡治療研究会(つくば),7月, 2008
  40. 岡田浩介,正田純一,田口恵子,蕨 栄治,宇都宮洋才,小田高司,後藤信治,石井哲郎,山本雅之,兵頭一之介:ウルソデオキシコール酸は転写因子Nrf2を活性化し,肝細胞の輸送,解毒代謝,抗酸化ストレス応答を賦活する 第5回東日本胆汁酸研究会,7月,2008
  41. 福田邦明:多彩な所見を有し, 診断に苦慮した肝障害の1例 千波湖肝カンファレンス(水戸), 7月, 2008
  42. Ura T, Satoh T, Tsujinaka T, Sasaki Y, Yamazaki K, Munakata M, Okamura S, Yamada Y, Hyodo I, Sakata Y, Aichi Cancer Center , Nagoya, Japan: A genotype-directed dose-finding study of irinotecan based on UGT1A1 *28 and *6 polymorphism in Japanese patients with gastrointestinal cancer. (UGT0601). ESMO(Stockholm), 9月, 2008
  43. Hisanaga T, Shinjyo T, Morita T, Nakajima N, Ikenaga M, Tanimizu M, Kizawa Y, Maeno T, Shima Y, Hyodo I: EFFICACY OF OCTREOTIDE ACETATE FOR MALIGNANT GASTROINTESTINAL OBSTRUCTION ESMO(Stockholm), 9月, 2008
  44. Nagata N, Kato T, Fujii M, Takemoto H, Kondo K, Okuyama Y, Tominaga H, Hyodo I, Sakamoto J, Mishima H: Multicenter Phase II Study of FLOX for Metastatic Colorectal Cancer (CRC) patients in Japan; SWIFT3 study ESMO(Stockholm), 9月, 2008
  45. Shoda J, Yamamoto M: Epidemiology and pathogenesis of gallbladder and bile duct carcinoma. Symposium “Cancer of gallbladder and bile ducts” APDW 2008 (New Delhi), September, 2008 (Invited lecture).
  46. Ishige K, Shoda J, Kawamoto T, Matsuda S, Ueda T, Hyodo I, Ohkochi N, Puri RK, Kawakami K:Potent in vitro and in vivo antitumor activity of interleukin- 4- conjugated pseudomonas exotoxin against human biliary tract carcinoma. APDW 2008 (New Delhi), September, 2008
  47. 井坂由香, 板垣文雄, 森脇俊和, 中原 朗, 兵頭一之介, 本間真人,幸田幸直: mFOLFOX6療法における平均赤血球容積の変動と末梢神経障害 第18回日本医療薬学会(札幌), 9月, 2008
  48. 安部井誠人,正田純一,田中直見:自己免疫性膵炎関連硬化性胆管炎(AIP-SC)と原発性硬化性胆管炎 (PSC)の鑑別,治療選択における血中IgG4値,UDCA/ステロイド反応性の意義および再発と発癌 胆道学会ワークショップ「自己免疫関連胆管炎の病態と治療」第44回日本胆道学会(名古屋),9月,2008
  49. 長谷川直之,安部井誠人, 平山祥子, 佐々木亮孝, 福田邦明, 正田純一,兵頭一之介: S-1化学療法が奏功し根治手術が可能となったStage IVb進行胆嚢癌の一例 第44回日本胆道学会(名古屋),9月,2008
  50. 安部井誠人,兵頭一之介,田中直見:自己免疫性膵炎関連硬化性胆管炎と原発性硬化性胆管炎の鑑別,治療選択における血中IgG4値,UDCA/ステロイド反応性の意義および長期予後の検討. パネルディスカッション「硬化性胆管病変の診断と治療」第50回日本消化器病学会大会(東京), 10月,2008
  51. 長谷川直之,福田邦明,安部井誠人,正田純一,兵頭一之介: UFT,放射線治療が著効した巨大進行肝細胞癌の治療経験.第50回日本消化器病学会大会(東京),10月,2008
  52. 齋藤洋子, 西野弘美, 中原 朗:消化器がん検診の受診動向と受診率向上策 消化器がん検診の受診動向と受診率向上策 第46回日本消化器がん検診学会大会(東京), 10月, 2008
  53. 平田育大, 内藤裕二, 半田 修, 足立聡子, 林奈津子, 水島かつら,尾松達司, 岡山哲也, 岸本悦子, 鈴木隆裕, 高木智久, 古倉 聡,市川 寛, 松井裕史, 大高道郎, 吉川敏一:インドメタシン起因性胃粘膜上皮細胞傷害における, Heat Shock Protein(HSP)70の抗アポトーシス効果の検討 第50回日本消化器病学会大会(東京),10月, 2008
  54. 鈴木隆裕, 吉田憲正, 中部奈美, 磯崎 豊, 高木智久, 半田 修, 古倉 聡, 市川 寛, 内藤裕二, 松井裕史, 吉川敏一:アスピリンによる胃粘膜傷害と細胞間接合蛋白ZO-1損傷に対するレバミピドの予防効果 第50回日本消化器病学会大会(東京),10月, 2008
  55. 安部井誠人, 兵頭一之介, 田中直見:硬化性胆管病変の診断と治療 自己免疫性膵炎関連硬化性胆管炎 (SPC)と原発性硬化性胆管炎(PSC)の鑑別, 治療における血中IgG4値とUDCA/ステロイド反応性の意義および長期予後の検討 第12回日本肝臓学会大会(東京), 10月, 2008
  56. 福田邦明, 森 健作, 兵頭一之介:肝癌に対するRFA焼灼領域の新しい評価法 SPIOを用いた焼灼マージン描出法の有用性の検討 第12回日本肝臓学会大会(東京), 10月, 2008
  57. 忠願寺義通, 浅野 徹, 古本洋平, 藤木和彦, 兵頭一之介, 松崎靖司: TaqMan PCR法を用いた治療開始1, 2週後の血中HCV RNA dynamicsによりPeg/Riba療法のウィルス学的効果は予測できる 第12回日本肝臓学会大会(東京), 10月, 2008
  58. 鈴木英雄, 正田純一, 兵頭一之介, Donghui Li:膵臓癌のリスクとしての喫煙と食事に及ぼすCYP,NATとSULT1A1遺伝子多型の影響 第16回日本消化器関連学会週間(JDDW)(東京),10月, 2008
  59. 加藤 健, 小松嘉人, 浜本康夫, 山口研成, 土井俊彦, 大津 敦,佐藤 温, 水沼信之, 小泉和三郎, 朴 成和, 室 圭, 瀧内比呂也,兵頭一之介, 宮川国久, 坂田 優, XELOX+BV共同研究グループ:分子標的治療の最前線 臨床研究 化学療法未施行の進行・転移性結腸・直腸癌を対象としたXELOX療法+ベバシズマブ(BV)療法の第I/II相臨床試験(追加報告) 第46回日本癌治療学会学術集会(名古屋), 10月, 2008
  60. 室 圭, 濱口哲弥, 白尾國昭, 兵頭一之介, 仁科智裕, 大津 敦,朴 成和, 瀧内比呂也, 藤井博文, 浜本康夫, 山口研成:進行・再発胃癌に対するセカンドライン以降の化学療法は何を選ぶか フッ化ピリミジン系抗癌剤治療に不応の胃癌に対するCPT-11+MMC療法の第II相試験 JCOG0109-DI第46回日本癌治療学会学術集会(名古屋), 10月, 2008
  61. 棟方正樹, 佐藤太郎, 宇良 敬, 辻仲利政, 佐々木康綱, 山崎健太郎,岡村 修, 山田康秀, 仁科智裕, 江崎泰斗, 小泉和三郎, 掛地吉弘,兵頭一之介, 坂田 優:大腸癌・胃癌患者に対するグルクロン酸転移酵素(UGT1A1)遺伝子多型別塩酸イリノテカン(CPT-11)の用量設定試験(UGT0601試験)第46回日本癌治療学会学術集会(名古屋), 10月, 2008
  62. 谷水正人, 兵頭一之介, 新城拓也, 志真泰夫, 森田達也, 久永貴之,中島信久, 池永昌之, 前野貴美:がんによる消化管閉塞に対する酢酸オクトレオチドの治療効果に関する研究 第46回日本癌治療学会学術集会(名古屋), 10月, 2008
  63. 仁科智裕,水田 稔, 辻 晃仁, 渡邊良平, 高橋郁雄, 渡部祐司,森脇俊和, 兵頭一之介, 前場隆志:高齢者の切除不能・再発大腸癌に対するUFT/Leucovorin療法の多施設共同第II相臨床試験 第46回日本癌治療学会学術集会(名古屋), 10月, 2008
  64. 山本祥之, 森脇俊和, 平井祥子, 上野卓教, 長谷川直之, 遠藤慎治,松田健二, 杉谷武彦, 西 雅明, 兵頭一之介:実地臨床における切除不能・再発結腸直腸癌に対するBevacizumab併用療法の検討 第46回日本癌治療学会学術集会(名古屋),10月, 2008
  65. 佐藤巳喜夫, 海老原次男, 松尾亮太, 榎本剛史, 兵頭一之介:ステントリトリーバーとFUSIONを利用したEUS-IVRによる膵仮性嚢胞ドレナージ 第76回日本消化器内視鏡学会総会(東京), 10月, 2008
  66. 正田純一,海野倫明,千々岩一男:日消会ガイドライン:JDDW2008特別企画 胆石症診療ガイドライン作成に向けて:胆石症の病態と疫学 第76回日本消化器内視鏡学会総会(東京),10月,2008
  67. 川本 徹,正田純一,山本雅一:胆嚢癌における癌遺伝子HER2およびHER3発現とそれらの腫瘍生物学的意義について 第76回日本消化器内視鏡学会総会(東京),10月,2008
  68. 鈴木英雄,正田純一,兵頭一之介,Li Donghui:膵臓癌のリスクとしての喫煙と食事に及ぼすCYP,NATとSULT1A1遺伝子多型の影響 第76回日本消化器内視鏡学会総会(東京),10月,2008
  69. 正田純一:胆汁分泌の分子機構と胆汁うっ滞症における異常胆汁酸研究会 ミニシンポジウム(広島), 10月,2008
  70. Saito Y, Nakahara A, Yamaguchi I:“OPTIMIZING AN EFFECTIVE POPULATION BASED COLORECTAL CANCER SCREENING PROGRAM IN JAPAN –INVESTIGATION OF THE VARYING CONCENTRATION CUT-OFF VALUES FOR IMMUNOLOGICAL FAECAL OCCULT BLOOD TESTS (IFOBT)-” 16th United European Gastroenterology Week “UEGW 2008”                          Vienne, Austria, 18-22 October 2008
  71. 兵頭一之介:日本におけるがん薬物療法専門医の現状と将来 第90回日本消化器病学会四国支部例会(愛媛), 11月, 2008
  72. 嶋田沙織, 本間真人, 正田純一, 中原 朗, 兵頭一之介, 幸田幸直:芍薬甘草湯投与による尿中コルチゾール/17-OHCS比の変動 日本東洋医学会茨城県部会第16回学術集会, 11月, 2008
  73. 藤田一喬, 廣島良規, 森脇俊和, 山田武史, 廣瀬充明, 平井祥子,遠藤慎治, 金子 剛, 鈴木英雄, 松井裕史, 中原 朗, 兵頭一之介:粘膜下腫瘍様の形態を示した進行胃癌の1例 第302回日本消化器病学会関東支部例会(東京), 12月, 2008
  74. 岡田浩介,正田純一,石井哲郎:コリンメチオニン欠乏食(MCDD)誘発非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)における転写因子Nrf2の役割 シンポジウム「酸化ストレスと肝疾患」第37回日本肝臓学会東部会(東京),12月,2008
  75. 石毛和紀,川上浩司,正田純一:肝内胆管癌におけるIL-4受容体発現とIL-4受容体標的サイトトキシンの有用性ワークショップ「肝内胆管癌の病態・治療」第37回日本肝臓学会東部会(東京),12月,2008
  76. 福田邦明,安部井誠人,菅原信二:肝癌治療における陽子線の役割.ワークショップ「肝癌治療における内科・外科・放射線科の役割と連携」第37回日本肝臓学会東部会(東京),12月,2008
  77. 福田邦明,森 健作,兵頭一之介:肝癌に対するRFA焼灼領域の新しい評価法:SPIOを用いた焼灼マージン描出法の有用性の検討.第37回日本肝臓学会東部会(東京),12月,2008

 

- 班研究報告 -

  1. 正田純一:糖鎖関連分子・糖鎖構造を用いた胆道系悪性腫瘍の早期診断マーカーの探索とそれらを応用した新規治療法の開発 経済産業省-(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)研究プロジェクト「糖鎖機能活用技術開発」のプロジェクト研究開発委員会,3月1日,2008
  2. 正田純一:糖鎖関連分子・糖鎖構造を用いた胆道系悪性腫瘍の早期診断マーカーの探索とそれらを応用した新規治療法の開発 経済産業省-(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)研究プロジェクト「糖鎖機能活用技術開発」のプロジェクト研究開発委員会,9月15日,2008
  3. 八坂貴宏,佐々木睦夫,正田純一,森 俊幸,跡見 裕:肝内結石症の成因に関する疫学調査 Case-Control Study厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 肝内結石症調査研究班 平成19年度ワーキンググループ研究報告書 pp.17-21,2008
  4. 中沼安二,椰野正人,串畑史樹,味岡洋一,海野倫明,正田純一,跡見 裕:
  5. 肝内結石症に合併する肝内胆肝癌の進展過程 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 肝内結石症調査研究班 平成19年度ワーキンググループ研究報告書 pp.41-43,2008
  6. 田妻 進,海野倫明,正田純一,藤田直孝,佐々木睦夫,露口利夫,跡見 裕:厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 肝内結石症調査研究班 平成19年度ワーキンググループ報告書pp.44-46,2008
  7. 正田純一:肝内結石症に対する分子標的治療―胆汁酸製剤であるウルソデオキシコール酸は転写因子Nrf2を活性化し肝トランスポーターの発現を誘導する 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 肝内結石症調査研究班 平成19年度総括・分担研究報告書 pp.86-87,2008
  8. 金子 剛:がん研究助成金 18-15「がんの診断治療用光学機器の開発」班第1回班会議 国立がんセンター東病院, 7月3日, 2008
  9. 金子 剛:がん研究助成金 18-15「がんの診断治療用光学機器の開発」班第2回班会議 国立がんセンター東病院, 12月11日, 2008

 

- その他 -

  1. 安部井誠人:慢性C型肝炎の治療ガイドライン2007とウルソ療法の位置づけ.  取手市医師会学術講演会(取手),1月22日,2008
  2. 正田純一:「胆汁生化学の異常よりみた胆道結石症の成因」第20回日本消化器結石診療研究会 教育講演(東京),3月1日,2008
  3. 安部井誠人:慢性腎不全透析患者に合併したC型肝炎の治療 県南透析肝炎治療研究会(つくば),3月6日,2008
  4. 松井裕史:ワールブルグ効果とフリーラジカルの接点 臨床フリーラジカル会議, メルパルク京都 ,3月28日, 2008
  5. 正田純一:胆道系悪性腫瘍の撲滅を目指すトランスレーショナルリサーチ 胆道癌化学療法学術講演会(松本)4月11日,2008
  6. 松井裕史:胃癌は光る 群馬大学生体調節研究所特別講演会 群馬大学生体調節研究所 5月12日, 2008
  7. 正田純一:胆汁うっ滞における肝輸送蛋白蛋白の発現異常と漢方製剤インチンコウ湯による分子標的治療 第45会日本小児外科学会 ランチョンセミナー 「肝胆道疾患と漢方-そのエビデンス-」(つくば),5月29日,2008
  8. 安部井誠人:筑波大学附属病院における重症肝炎の劇症化予知と早期治療の有効性 第一回つくば肝疾患ネットワーク研究会(つくば),7月31日,2008
  9. 正田純一:ためしてがってん「突然の腹痛!「隠れ胆石」1000万人の真実」NHK テレビ番組:ゲスト解説者(東京),3月12日,2008
  10. 長崎幸夫, 吉冨 徹, 宮本大輔, 松井裕史, 間宮 孝, 平山 暁:【安定な環状ニトロキシドラジカル化合物とブロック共重合体のコンジュゲート】特願2008-120626, 6月, 2008

 

 

2007年消化器内科業績

- 原著 -

  1. Yanaka A, Zhang S, Sato D, Tauchi M, Suzuki H, Shibahara T, Matsui H, Nakahara A, Hyodo I:
    Geranylgeranylacetone protects the human gastric mucosa from diclofenac-induced injury via induction of heat shock protein 70
    Digestion. 75 (2-3), 148-55, 2007
  2. Boku N, Ohtsu A, Yoshida S, Shirao K, Shimada Y, Hyodo I, Saito H, Miyata Y:
    Gastrointestinal Oncology Study Group of Japan Clinical Oncology Group (GIOSG/JCOG). Significance of biological markers for predicting prognosis and selecting chemotherapy regimens of advanced gastric cancer patients between continuous infusion of 5-FU and a combination of 5-FU and cisplatin
    Jpn J Clin Oncol. 37 (4), 275-81, 2007
  3. Wakayama M, Abei M, Kawashima R, Seo E, Fukuda K, Ugai H, Murata T, Tanaka N, Hyodo I, Hamada H, Yokoyama KK:
    E1A, E1B double-restricted adenovirus with RGD-fiber modification exhibits enhanced oncolysis for CAR-deficient biliary cancers
    Clin Cancer Res. 13 (10), 3043-3050, 2007
  4. Boku N, Ohtsu A, Hyodo I, Shirao K, Miyata Y, Nakagawa K, Tamura T, Hatake K, Tanigawara Y:
    Phase II study of oxaliplatin in japanese patients with metastatic colorectal cancer refractory to fluoropyrimidines
    Jpn J Clin Oncol. 37 (6), 440-5, 2007)
  5. Sugita S, Iijima T, Furuya S, Kano J, Yanaka A, Ohta K, Kojima H, Noguchi M:
    Gastric T-cell lymphoma with cytotoxic phenotype
    Pathol Int. 57 (2), 108-114, 2007
  6. Hata M, Tokuuye K, Sugawara S, Tohno E, Nakayama H, Fukumitsu N, Abei M, Shoda J, Minami M, Akine Y:
    Proton beam therapy for patients of Advanced Ages (>80 years) with hepatocellular carcinoma
    Int J Radiat Oncol Biol Phys 69 (3), 805-812, 2007
  7. Shoda J, Okada J, Inada Y, Kusama H, Utsunomiya H, Oda K, Yokoi T, Yoshizato K, Suzuki H:
    Bezafibrate induces multidrug-resistance P-glyoprotein 3 expression in cultured human hepatocytes and humanized livers of chimeric mice
    Hepatolology Res 37 (7), 548-556, 2007
  8. Okada K, Shoda J, Kano M, Suzuki S, Ohtake N, Yamamoto M, Takahashi H, Utsunomiya H, Oda K, Sato K, Watanabe A, Ishii T, Itoh K, Yamamoto M, Yokoi T, Yoshizato K, Sugiyama Y, Suzuki H:
    Inchinkoto, an herbal medicine, and its ingredients dually exerts Mrp2/MRP2-mediated choleresis and Nrf2-mediated antioxidative action in rat livers
    Am J Physiol 292 (5), G1450-1463, 2007
  9. Kaneko T, Matsui H, Shimokawa O, Nakahara A, Hyodo I:
    Cellular membrane fluidity measurement by fluorescence polarization in indomethacin-induced gastric cellular injury in vitro
    Journal of Gastroenterology, 42 (12), 939-946, 2007
  10. 森脇俊和, 兵頭一之介, 仁科智裕, 梶原猛史, 片岡淳朗, 堀伸一郎, 那須淳一郎, 今峰 聡, 井口東郎:
    フッ化ピリミジン系薬剤耐性の転移性結腸直腸癌に対するIrinotecan, 5-FU, l-Leucovorin併用療法(FOLFIRI)の検討
    癌と化学療法34 (13), Page2249-2253, 2007
  11. 金子 剛, 松井裕史, 下川 治, 長野由美子, 宇土潤平, 谷中昭典, 中原 朗, 兵頭一之介:
    蛍光偏光解消法によるNSAIDs起因性胃粘膜細胞傷害の捕捉
    G.I. Research 15 (4), Page346-347, 2007
  12. 谷中昭典, 田内雅史, 山本雅之, 兵頭一之介:
    スルフォラファン含有食品, ブロッコリースプラウト摂取によるH. pylori胃炎軽減作用と胃癌予防の可能性
    日本補完代替医療学会誌 4 (1), Page9-15, 2007
  13. 谷中昭典, 兵頭一之介, 山本雅之:
    感染による酸化ストレス応答に果たす内因性15-deoxy prostaglandin J2-nrf2 pathwayの役割
    潰瘍 34 (1), Page45-48, 2007
  14. Shimokawa O, Matsui H, Nagano Y, Kaneko T, Shibahara T, Nakahara A, Hyodo I, Yanaka A, Majima HJ, Nakamura Y, Matsuzaki Y:
    Neoplastic transformation and induction of H+, K+ -adenosine triphosphatase by N-methyl-N’-nitro-N-nitrosoguanidine in the gastric epithelial RGM-1 cell line.
    In Vitro Cell Dev Biol Anim 2008; 44 (1-2), 26-30. Epub 2007
  15. Sato D, Yanaka A, Shibahara T, Matsui H, Nakahara A, Yanagawa T, Warabi E, Ishii T, Hyodo I:
    Peroxiredoxin I protects gastric mucosa from oxidative injury induced by H. pylori infection
    J Gastroenterol Hepatol. 2008; 23 (4), 652-9. Epub 2007
  16. Tan A, Nakamura H, Kondo N, Tanito M, Kwon YW, Ahsan MK, Matsui H, Narita M, Yodoi J:
    Thioredoxin-1 attenuates indomethacin -induced gastric mucosal injury in mice
    Free Radic Res. 41 (8): 861-9, 2007
  17. Sekimoto G, Matsuzaki K, Yoshida K, Mori S, Murata M, Seki T, Matsui H, Fujisawa J, Okazaki K.:
    Reversible Smad-dependent signaling between tumor suppression and oncogenesis
    Cancer Res. 67 (11), 5090-6, 2007
  18. Cha B, Kim KH, Matsui H, Kim H:
    Expression of suppressors of cytokine signaling-3 in Helicobacter pylori-infected rat gastric mucosal RGM-1cells
    Ann N Y Acad Sci. 1096, 24-8, 2007

 

- 総説 -

  1. 徳植公一, 中山秀次, 菅原信二, 福光延吉, 福田邦明, 安部井誠人, 正田純一, 兵頭一之介:
    【肝胆膵の癌に対する放射線療法】肝細胞癌に対する放射線治療
    胆と膵28 (臨増特大), 713-719, 2007
  2. 福田邦明, 兵頭一之介:
    緩和医療学KEY WORD 消化管閉塞
    緩和医療学9 (4), 426-428, 2007
  3. 遠藤慎治, 兵頭一之介, 森脇俊和:
    DIF DIFとnon DIF
    コンセンサス癌治療6 (3), 162-163, 2007
  4. 安部井誠人, 福田邦明, 正田純一, 兵頭一之介:
    胆嚢結石のフォローアップ
    診断と治療95 (3), 447-450. (2007.03)
  5. 福田邦明, 安部井誠人, 兵頭一之介:
    知っておきたい頻用薬の上手な使い方 利胆薬
    日本医事新報 (4349), 43-45, 2007
  6. 兵頭一之介:
    【病気と薬の説明ガイド2007】悪性腫瘍・がん疼痛 薬物療法編 医薬品情報編 大腸癌
    薬局58 (4), 1741-1750, 2007
  7. 兵頭一之介:
    【大腸癌 診断と治療の進歩】治療と予防 標準的大腸癌化学療法
    日本内科学会雑誌96 (2), 283-288, 2007
  8. 安部井誠人, 福田邦明, 正田純一, 兵頭一之介:
    【身近にある胆・膵疾患】外来フォローアップ 胆嚢結石のフォローアップ
    診断と治療95 (3), 447-450, 2007
  9. 正田純一:
    肝内結石症-最近の知見 違残・再発肝内結石の治療をどうするか
    胆と膵28, 517-521, 2007
  10. 正田純一:
    コランギオサイトの細胞生物学 コランギオサイトの粘液, 糖鎖プロファイル
    肝胆膵53, 1073-1083, 2007

 

- 著書 -

  1. 安部井誠人, 兵頭一之介:
    消化器疾患最新の治療2007-2008「胆道感染症」
    南江堂p366-368, 2007
  2. 正田純一:
    胆嚢結石症(内科)今日の治療指針
    山口 徹.北原光夫, 福井次矢 総編集
    医学書院(東京)p.416-418, 2007
  3. 正田純一:
    ウイルソン病(肝レンズ核変性症)今日の治療指針
    山口 徹.北原光夫, 福井次矢 総編集
    医学書院(東京)p.562-563, 2007
  4. 正田純一:
    無症候性胆嚢結石(silent stone)は経過観察で良いとするエビデンスはあるのか?胆石溶解剤を服用する意義はあるか?
    臨床に直結する肝・胆・膵疾患治療のエビデンス
    文光堂(東京)p.174-176, 2007
  5. 兵頭一之介, 福田邦明, 遠藤慎治:
    除不能進行・再発癌に対する抗がん剤治療
    ガイドラインサポートハンドブック 大腸癌, 67-71.
  6. 福田邦明, 安部井誠人, 兵頭一之介:
    癌性腹水(malignant ascites)に対する治療のエビデンス
    臨床に直結する肝・胆・膵疾患治療のエビデンス, 308-310.
  7. 安部井誠人:
    胆嚢炎, 胆管炎
    今日の治療指針2007年版. 医学書院, Page395-396. 2007

 

- 学会発表 -

  1. 坂田 優, Ajani Jaffer A, KimYeul-Hong, 藤井雅志, 兵頭一之介:
    進行胃がんの化学療法の第一選択は?
    ASCO-GI2007, U.S.A(オーランド)1月, 2007
  2. 金子 剛, 松井裕史, 長野由美子, 下川 治, 宇土潤平, 間宮 孝, 前田るい, 兵頭一之介:
    RGM-1における蛍光偏光解消法によるNSAIDs起因性細胞傷害の測定
    第7回RGM-1研究会(東京)2月, 2007
  3. 谷中昭典, 中原 朗, 兵頭一之介:
    スポンサードワークショップ 薬剤起因性消化管障害:発生機序の解明と予防法 NSAID 潰瘍の予防対策ヒトボランティアを用いたGeranylgeranylacetyone(GGA)によるNSAID 起因性胃粘膜傷害予防効果の検討
    第3回日本消化管学会(東京)2月, 2007
  4. 谷中昭典:
    特別講演 胃粘膜防禦機構研究の過去・現在・未来
    第7回RGM-1研究会(東京)2月, 2007
  5. 谷中昭典:
    特別講演 茨城県(筑波大学とその関連施設)におけるHelicobacterpylori診療の現状と問題点-アンケートによるTsukuba Consensus Meeting Report-
    牛久市医師会講演会(牛久)2月, 2007
  6. 金子 剛, 松井裕史, 長野由美子, 下川 治, 宇土潤平, 間宮 孝, 前田るい, 兵頭一之介:
    RGM-1における蛍光偏光解消法によるNSAIDs起因性細胞傷害の測定
    第7回RGM-1研究会(東京)2月, 2007
  7. Okada K, Shoda J, Taguchi K, Goto N, Takeda K, Utsunomiya H, Ishii T, Yamamoto M:
    UDCA Exerts Nrf2-Mediated Stimulation of Hepatic Transport, Detoxification and Antioxidative Systems
    17th APASL Conference (Kyoto), 3月, 2007
  8. Okada K, Shoda J, Yamamoto M, Utsunomiya H, Oda K, Ishii T, Yamamoto M, Suzuki H:
    Inchinkoto, an Herbal Drug, Exerts Mrp2-Mediated Choleresis and Nrf2-Mediated Antioxidative Action
    17th APASL Conference (Kyoto), 3月, 2007
  9. Miyahara N, Ishida H, Shoda J, Irimura T, Kawamoto T, DiGiovanni J, Kiguchi K:
    Interaction of Muc4 and ErbB2 in a Transgenic Mouse Model of Gallbladder Carcinoma
    17th APASL Conference (Kyoto), 3月, 2007
  10. Abei M, Wakayama M, Seo E, Kawashima R, Fukuda K, Murata T, Hamada H, Yokoyama KK, Hyodo I:
    Preclinical Gene Therapy Study of Cancer-Selectively Replicating Adenoviruses (CRAds) for Biliary Cancers
    17th APASL Conference (Kyoto), 3月, 2007
  11. 正田純一:
    胆汁うっ滞症における肝輸送蛋白の発現異常と分子標的薬物療法 シンポジウムS35「トランスポーターの発現調節機構:転写から局在制御まで」
    日本薬学会 第127年会(富山)3月, 2007
  12. 金子 剛, 松井裕史, 下川 治, 長野由美子, 宇土潤平, 谷中昭典, 中原 朗, 兵頭一之介:
    蛍光偏光解消法によるNSAIDs起因性胃粘膜細胞傷害の捕捉
    第16回消化器とフリーラジカル研究会, 3月, 2007
  13. 金子 剛, 松井裕史, 長野由美子, 下川 治, 谷中昭典, 兵頭一之介:
    蛍光偏光解消法によるNSAIDs起因性胃粘膜細胞傷害の捕捉
    第25回サイトプロテクション研究会(京都)3月, 2007
  14. 森脇俊和, 仁科智裕, 梶原猛史, 堀伸一郎, 那須淳一郎, 池田宣央, 井口東郎:
    骨髄癌腫症を有する消化器がんに対する化学療法の検討
    第5回日本臨床腫瘍学会学術集会(札幌)3月, 2007
  15. 岡田浩介, 正田純一, 兵頭一之介, 石井哲郎, 大嶽信弘, 鈴木祥子, 山本雅浩, 田口恵子, 山本雅之:
    インチンコウ湯は転写因子Nrf2を活性化し, 生体の抗酸化ストレス応答機構を賦活する
    第93回消化器病学会総会(青森)4月, 2007
  16. Matsui H, Nagano YN, Shimokawa O, Kaneko T, Mamiya T, Yanaka A, Nakahara A, Hyodo I:
    Nrf2 induced H+K+ATPase in gastric epithelial cells
    May, Washington D.C. 2007
  17. 岡田浩介, 正田純一, 山津桂子, 宇和山純也, 蕨 栄治, 柳川 徹, 石井哲郎, 兵頭一之介:
    アカルボースの長期投与は, A170遺伝子欠失マウスにおける脂肪肝の発症を抑制する
    第43回日本肝臓学会総会(東京)5月, 2007
  18. 浅野 徹, 忠願寺義通, 藤木和彦, 兵頭一之介, 松崎靖司:
    IFNβ1日2回導入療法はPegIFN/Ribavirin療法の抗ウイルス効果向上に寄与するか? 難治性C型慢性肝炎に対するRCT
    第43回日本肝臓学会総会(東京)5月, 2007
  19. 安部井誠人, 福田邦明, 兵頭一之介:
    症例から学ぶ急性肝不全 重症肝炎における劇症化予知と早期抗ウイルス・抗免疫療法の有効性
    第43回日本肝臓学会総会(東京)5月, 2007
  20. 柴原 健, 佐藤大介, 中原 朗, 福田邦明, 松井裕史, 安部井誠人, 正田純一, 谷中昭典, 兵頭一之介:
    食道静脈瘤結紮療法後の再発予防の検討 APC地固め法 vs.βブロッカー(ランダム化比較試験, 最終報告)
    第73回日本消化器内視鏡学会総会(東京)5月, 2007
  21. 佐藤巳喜夫, 海老原次男, 大関瑞治, 廣瀬充明, 廣島良規, 兵頭一之介:
    内視鏡を用いない経皮的的空腸瘻造設術の工夫
    第73回日本消化器内視鏡学会総会(東京)5月, 2007
  22. 大関瑞治, 佐藤巳喜夫, 廣瀬充明, 廣島良規, 海老原次男, 兵頭一之介:
    頸部食道癌による気管狭窄, 食道狭窄, 食道気管瘻に対して内視鏡補助下に気管ならびに食道ステントを留置した一例
    第73回日本消化器内視鏡学会総会(東京)5月, 2007
  23. 杉本浩一, 杉山弘明, 麻生芳子, 長谷川直之, 鈴木英雄, 柴原 健, 谷中昭典, 中原 朗, 兵頭一之介:
    ESD後潰瘍の経時的観察とPPIの種別効果
    第73回日本消化器内視鏡学会総会(東京)5月, 2007
  24. 池田宜央, 那須淳一郎, 武智俊治, 片岡淳朗, 梶原猛史, 大道真志, 森脇俊和, 仁科智裕, 堀伸一郎, 松原 寛, 灘野成人, 谷水正人, 井口東郎:
    早期胃癌に対する胃部分切除術後の残胃における内視鏡検査に関する検討
    第73回日本消化器内視鏡学会総会(東京)5月, 2007
  25. 岡田浩介, 正田純一, 兵頭一之介, 山津桂子, 宇和山純也, 蕨 栄治, 石井哲郎, 柳川 徹:
    アカルボースの長期投与は, A170遺伝子欠失マウスにおける脂肪肝の発症を抑制する
    第43回肝臓学会総会(東京)6月, 2007
  26. Ito M, Kusuhara H, Shoda J, Sugiyama Y:
    Investigation of the translocation mechanism of MRP2 in the liver by genipin
    4th World Conference on Drug Absorption,
    Transport and Delivery (4th WCDATD) (Kanazawa) 6月, 2007
  27. 兵頭一之介:
    シンポジウム: 緩和医療と化学療法(座長)
    第12回日本緩和医療学会総会(岡山)6月, 2007
  28. 片岡淳朗, 武智俊治, 梶原猛史, 大道真志, 森脇俊和, 仁科智裕, 松原 寛, 那須淳一郎, 堀伸一郎, 池田宜央, 灘野成人, 谷水正人, 井口東郎, 寺本典弘:
    穿孔性虫垂炎に対する回盲部切除術を契機に発見された膵癌の1例
    第38回日本膵臓学会大会(福岡)6月, 2007
  29. 那須淳一郎, 武智俊治, 片岡淳朗, 梶原猛史, 大道真志, 森脇俊和, 仁科智裕, 堀伸一郎, 松原 寛, 池田宜央, 灘野成人, 谷水正人, 井口東郎:
    切除不能膵がんにおける初回塩酸ゲムシタビン療法後の二次治療が可能な集団の検討
    第38回日本膵臓学会大会(福岡)6月, 2007
  30. 兵頭一之介:
    モーニングセミナー: 消化器癌セッション(座長)
    Best of ASCO 2007 in Japan(東京)7月, 2007
  31. 兵頭一之介:
    抗癌剤の有害事象とその対策
    第8回臨床腫瘍夏期セミナー(東京)7月, 2007
  32. 浅香正博, 小松嘉人, 坂田 優, 兵頭一之介:
    胃癌, 大腸癌の化学療法の進歩
    座談会(札幌)8月, 2007
  33. 正田純一, 川本 徹, 兵頭一之介:
    胆道癌の発生機序 胆嚢発癌とその癌進展に果たすアラキドン酸代謝活性化の役割Cyclooxygenase-2(COX-2), プロスタグランジンE合成酵素(PGES), プロスタグランジンE受容体の発現に着目して
    第43回日本胆道学会学術集会(東京)9月, 2007
  34. 川本 徹, 鈴木英雄, 正田純一:
    胆道癌に対するerbB family memberとそのシグナル伝達分子を標的とした分子標的治療の戦略:
    第43回胆道学会学術集会(東京)9月, 2007
  35. 松井裕史:
    教育講演:胃癌は光る-NOによるがん固有蛍光の誘導-
    第28回日本レーザー医学会総会(旭川)9月, 2007
  36. 兵頭一之介, 山田好則, 窪地 淳, 福島亮治, 小西敏郎, 澤田鉄二, 佐藤武郎, 鎌野俊紀, 大津 敦, 久保田哲朗, 北島政樹:
    ピリミジン代謝異常診断を目的としたウラシル呼気テスト多施設共同試験
    第45回日本癌治療学会総会(京都)10月, 2007
  37. 朴 成和, 小泉和三郎, 山口研成, 宮田佳典, 加藤健志, 藤也寸志, 澤木 明, 兵頭一之介, 仁科智裕, 古畑智久:
    再発消化管癌に対する治療 下部消化管 進行結腸・直腸癌患者を対象としたS-1/Leucovorin(LV)臨床第I/II相試験
    第45回日本癌治療学会総会(京都)10月, 2007
  38. 兵頭一之介, 前原喜彦:
    シンポジウム: 消化器癌に対する化学療法
    -有効性を検証する-(座長)
    第49回日本消化器病学会大会(神戸)10月, 2007
  39. 兵頭一之介:
    シンポジウム: 胃癌・大腸癌の化学療法
    日台交流腫瘍内科国際シンポジウム(石川)10月, 2007
  40. 兵頭一之介:
    イブンニングセミナー:Integrating Anti-Angiogenic Agents into mCRC Therapy(座長)
    第45回日本癌治療学会総会(京都)10月, 2007
  41. 兵頭一之介:
    シンポジウム: 消化器がんの治療戦略~新たなエビデンスの解釈と展望~(座長)
    第45回日本癌治療学会総会(京都)10月, 2007
  42. 兵頭一之介:
    一般演題: 大腸・肛門 化学療法(4)(座長)
    第45回日本癌治療学会総会(京都)10月, 2007
  43. 岡田浩介, 正田純一, 田口恵子:
    ワークショップ5『消化器疾患と酸化ストレス』ウルソデオキシコール酸は転写因子Nrf2を活性化し, 肝細胞の輸送, 解毒代謝, 抗酸化ストレス応答を賦活する
    第11回肝臓学会大会(神戸)10月, 2007
  44. 岡田浩介, 正田純一, 兵頭一之介, 山津桂子, 宇和山純也, 蕨 栄治, 石井哲郎, 柳川 徹:
    アカルボースの長期投与は, A170遺伝子欠失マウスにおける脂肪肝の発症を抑制する
    第11回肝臓学会大会(神戸)10月, 2007
  45. 石毛和紀, 正田純一, 川本 徹, 松田幸子, 兵頭一之介, Raj K.Puri, 川上浩司:
    胆道系悪性腫瘍に対する新しい分子標的治療-IL-4受容体標的サイトトキシンの有用性について-
    第49回消化器病学会大会(神戸)10月, 2007
  46. 西 雅明, 天貝賢二, 五頭三秀, 荒木眞裕, 冨永達郎, 福田邦明, 井村穣二:
    FDG-PET検診で発見された肝偽リンパ腫の1例
    第11回肝臓学会大会(神戸)10月, 2007
  47. 荒木眞裕, 福田邦明, 冨永達郎, 五頭三秀, 天貝賢二, 西 雅明, 大倉久直:
    当院の胆道チューブステント留置の治療成績
    第74回日本消化器内視鏡学会総会(神戸)10月, 2007
  48. 柴原 健, 佐藤大介, 中原 朗, 福田邦明, 松井裕史, 安部井誠人, 正田純一, 谷中昭典, 兵頭一之介:
    食道静脈瘤結紮療法後の再発予防の検討 APC地固め法 vs.βブロッカー(ランダム化比較試験, 最終報告)
    第74回日本消化器内視鏡学会総会(神戸)10月, 2007
  49. 仁科智裕, 梶原猛史, 森脇俊和, 堀伸一郎, 那須淳一郎, 谷水正人, 井口東郎:
    消化器原発の神経内分泌癌に対するCPT-11+CDDP療法の検討
    第45回日本癌治療学会総会(京都)10月, 2007
  50. 梶原猛史, 仁科智裕, 森脇俊和, 那須淳一郎, 堀伸一郎, 谷水正人, 井口東郎, 野崎功雄, 栗田 啓, 濱本 泰, 片岡正明:
    当院におけるStage II, III食道癌に対する化学放射線療法の治療成績
    第45回日本癌治療学会総会(京都)10月, 2007

 

- 班研究報告 -

  1. 正田純一:
    UDCAは転写因子Nrf2を活性化し, 肝細胞の輸送, 解毒代謝, 抗酸化ストレス応答を腑活化する
    厚生労働省科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業
    肝内結石症調査研究班
    平成18年度総括・分担研究報告書, pp.67-75, 2007
  2. 正田純一:
    UDCAは転写因子Nrf2を活性化し, 肝細胞の輸送, 解毒代謝, 抗酸化ストレス応答を腑活化する
    成育医療研究委託費 新生児乳児閉塞性黄疸の病因に
    関する分子的要因と治療法の検討 1月27日, 2007
  3. 正田純一:
    糖鎖関連分子・糖鎖構造を用いた胆道系悪性腫瘍の早期診断マーカーの探索とそれらを応用した新規治療法の開発 経済産業省-(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
    研究プロジェクト「糖鎖機能活用技術開発」のプロジェクト研究
    開発委員会, 2月24日, 2007
  4. 正田純一:
    閉塞性胆汁うっ滞症における転写因子Nrf2 の役割-肝細胞輸送の賦活化について
    成育医療研究委託費 新生児乳児閉塞性黄疸の病因に
    関する分子的要因と治療法の検討 7月21日, 2007
  5. 正田純一:
    糖鎖関連分子・糖鎖構造を用いた胆道系悪性腫瘍の早期診断マーカーの探索とそれらを応用した新規治療法の開発
    経済産業省-(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
    研究プロジェクト「糖鎖機能活用技術開発」のプロジェクト研究
    開発委員会, 9月, 2007
  6. 正田純一:
    肝内結石症に対する分子標的治療- 閉塞性胆汁うっ滞症における転写因子Nrf2の役割
    厚生労働省科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業
    肝内結石症調査研究班
    平成19年度第1回研究打ち合わせ会, 9月, 2007

 

- その他 -

  1. 井村穣二, 内田好明, 常松一恵, 斉藤仁昭, 福田邦明, 荒木眞裕, 冨永達郎, 五頭三秀, 天貝賢二, 西 雅明, 藤盛孝博, 板橋正幸, 大倉久直:
    分子診断を目的とした胆道系腫瘍に対する胆汁中剥離細胞のメチル化検出の試み
    日本分子腫瘍マーカー研究会誌22巻:Page36-37.(2007.04)
  2. 安部井誠人, 福田邦明, 正田純一, 兵頭一之介, 松崎靖司, 田中直見:
    重症肝炎の内科的マネージメントの進歩と問題点:劇症化の予知と早期治療の意義-当科における過去10年間の経験例より-
    茨城県消化器病懇話会, つくば, 2月
  3. 正田純一:
    学術講演会「胆道系悪性腫瘍におけるトランスレーショナルリサーチ」
    東京女子医大(東京)11月, 2007
  4. 松尾敬子, 安部井誠人, 杉本浩一, 正田純一, 兵頭一之介, 仁平 武:
    重症アルコール性肝炎(SAH)の一救命例
    茨城県消化器病懇話会, つくば, 2月
  5. 安部井誠人:
    慢性腎不全透析患者に合併したC型肝炎の治療
    水戸透析肝炎研究会, 水戸, 7月
  6. 安部井誠人:
    胆嚢結石症に対する長期ウルソ療法の新しいエビデンス-胆石溶解効果と胆道痛発作・急性胆嚢炎の予防効果-
    ウルソ講演会, つくば, 2月

 

2006年消化器内科業績

-原著-

  1. Shibahara T., Miyazaki K., Sato D., Matsui H., Yanaka A., Nakahara A., Tanaka N.: Rectal malignant lymphoma complicating ulcerative colitis treated with long-term cyclosporine A. J Gastroenterol Hepatol. Jan;21(1 Pt 2):336-8, 2006
  2. Hyodo I.: Timing of significant adverse events is essential information during early development of new drugs. Int J Clin Oncol. Feb, 11(1):69, 2006
  3. Morita T., Hyodo I., Yoshimi T., Ikenaga M., Tamura Y., Yoshizawa A., Shimada A., Akechi T., Miyashita M., Adachi I: for the Japan Palliative Oncology Study Group. Artificial hydration therapy, laboratory findings, and fluid balance in terminally ill patients with abdominal malignancies. J Pain Symptom Manage. Feb, 31(2):130-9, 2006
  4. Sakamoto J., Chin K., Kondo K., Kojima H., Terashima M., Yamamura Y., Tsujinaka T., Hyodo I., Koizumi W: Clinical Study Group of Capecitabine.: Phase II study of a 4-week capecitabine regimen in advanced or recurrent gastric cancer. Anticancer Drugs. Feb, 17(2):231-6, 2006
  5. Miyazaki K., Shibahara T., Sato D., Uchida K., Suzuki H., Matsui H., Yanaka A., Nakahara A., Matsuzaki Y.: Influence of chemotherapeutic agents and cytokines on the expression of 5-fluorouracil-associated enzymes in human colon cancer cell lines. J Gastroenterol. Feb;41(2):140-50, 2006
  6. Zhang S., Yanaka A., Tauchi M., Suzuki H., Shibahara T., Matsui H., Nakahara A., Tanaka N.: Hyperosmotic stress enhances interleukin-1beta expression in Helicobacter pylori-infected murine gastric epithelial cells in vitro. J Gastroenterol Hepatol. Apr;21(4):759-66, 2006
  7. Osawa H., Ohnishi H., Takano K., Noguti T., Mashima H., Hoshino H., Kita H., Sato K., Matsui H., Sugano K.: Sonic hedgehog stimulates the proliferation of rat gastric mucosal cells through ERK activation by elevating intracellular calcium concentration Biochem Biophys Res Commun. Jun 2;344(2):680-7, Epub Apr 7,2006
  8. Yamaguchi K., Shimamura T., Hyodo I., Koizumi W., Doi T., Narahara H., Komatsu Y., Kato T., Saitoh S., Akiya T., Munakata M., Miyata Y., Maeda Y., Takiuchi H., Nakano S., Esaki T., Kinjo F., Sakata Y.: Phase I/II study of docetaxel and S-1 in patients with advanced gastric cancer. Br J Cancer. Jun, 19;94(12):1803-8, 2006
  9. Nasu J., Nishina T., Hirasaki S., Moriwaki T., Hyodo I., Kurita A., Nishimura R.: Predictive factors of lymph node metastasis in patients with undifferentiated early gastric cancers. J Clin Gastroenterol. May-Jun, 40(5):412-5, 2006
  10. Katada K., Naito Y., Mizushima K., Takagi T., Handa O., Kokura S., Ichikawa H., Yoshida N., Matsu i H., Yoshikawa T.: Gene expression profiles on hypoxia and reoxygenation in rat gastric epithelial cells: a high-density DNA microarray analysis. Digestion. 2006;73(2-3):89-100, Epub Jun 20, 2006
  11. Hyodo I., Shirao K., Doi T., Hatake K., Arai Y., Yamaguchi K., Tamura T., Takemiya S., Takiuchi H., Nakagawa K., Mishima H. A phase II Study of the global dose and schedule of capecitabine in Japanese patients with metastatic colorectal cancer. Jpn J Clin Oncol. Jul, 36(7):410-7, 2006
  12. Zhang Y., Ikegami T., Honda A., Miyazaki T., Bouscarel B., Rojkind M., Hyodo I., Matsuzaki Y.: Involvement of integrin-linked kinase in carbon tetrachloride-induced hepatic fibrosis in rats. Hepatology Sep, 44(3):612-22, 2006
  13. Shibahara T., Miyazaki K., Sato D., Matsui H., Yanaka A., Nakahara A., Tanaka N.: Rectal malignant lymphoma complicating ulcerative colitis treated with long-term cyclosporine. J Gastroenterol Hepatol, Vol.21, 336-338,2006
  14. Zhang S., Yanaka A., Tauchi M., Suzuki H., Shibahara T., Matsui H., Nakahara A., Tanaka N.: Hyperosmotic stress enhances Interleukin-1β expression in Helicobacter pylori-infected murine gastric epithelial cells in vitro. Journal of Gastroenterology and Hepatology, Vol.21, 759-766, 2006
  15. Miyazaki K., Shibahara T., Sato D., Uchida K., Suzuki H., Matsui H., Yanaka A., Nakahara A., Matsuzaki Y.: Influence of chemotherapeutic agents and cytokines on the expression of 5-fluorouracil-associated enzymes in human colon cancer cell lines. J Gastroenterol, Vol 41, 140-150, 2006
  16. Nakagawa S., Asaka M., Kato M., Nakamura T, Kato C., Fujioka T., Tatsuta M., Keida K., Terao S., Takahashi S., Uemura N., Kato T., Aoyama N., Saito D., Suzuki M., Imamura A., Sato K., Miwa H., Nomura H., Kaise M., Oohara S., Kawai T., Urabe K., Sakaki N., Ito S., Noda Y., Yanaka A., Kusugami K., Goto H., Furuta T., Fujino M., Kinjyou F., Ookusa T.: Helicobacter pylori eradication and metachronous gastric cancer after endoscopic mucosal resection of early gastric cancer. Aliment Pharmacol Ther. 24 Suppl 4:214-218, 2006
  17. Kubo S., Ishiki T., Doe I., Sekiguchi F., Nishikawa H., Kawai K.,Matsui H., Kawabata A.: Distinct activity of peptide mimetic intracellular ligands (pepducins) for proteinase-activated receptor-1 in multiple cells/tissues. Ann N Y Acad Sci. Dec;1091:445-59, 2006
  18. 谷中 昭典, 山本 雅之, 兵頭一之介:【Helicobacter pylori感染症の代替療法】 スルフォラファン含有食品(ブロッコリーの新芽)のHelicobacter pylori胃炎軽減作用. Helicobacter Research(1342-4319)10巻4号 Page319-323, 2006
  19. 長野由美子, 松井 裕史, 下川 治, 中原 朗, 谷中 昭典, 松崎 靖司, 兵頭一之介, 伊東 健, 山本 雅之:癌様変異細胞株RGK-1の活性酸素代謝に対するNrf2の関与. G.I.Research(0918-9408)14巻4号 Page420-421, 2006
  20. 谷中 昭典, 松井 裕史, 兵頭一之介, 山本 雅之:Lansoprazoleはnrf2を介して酸化ストレスから消化管粘膜を防御する.The GI Forefront(1349-9629)2巻2号 Page180-181, 2006
  21. 谷中 昭典,田内 雅史,山本 雅之:スルフォラファンのH.pylori胃炎軽減作用と胃がん予防の可能性.化学と生物,第44巻:6号 428-430, 2006
  22. 谷中 昭典,田内 雅史, 山本 雅之:スルフォラファン含有食品(ブロッコリースプラウト)によるH.pylori関連疾患の予防に関する臨床介入研究.Ulcer Research, 第33巻: 208-212, 2006
  23. 谷中 昭典,田内 雅史,山本 雅之:スルフォラファンのH.pylori胃炎軽減作用と胃がん予防の可能性.化学と生物, 第44巻:428-430, 2006

 

- 総説 -

  1. 正田 純一,田中 直見,跡見 裕:肝内結石症の変遷ならびに内科的処置異常.肝胆膵 52:773-782,2006
  2. Hyodo I.: Promise of definitive chemoradiotherapy for esophageal cancer balanced with late radiation toxicity: an old but new issue. J Gastroenterol. May, 41(5):504-6, 2006
  3. Yamamoto M., Shoda J.: Inchin-ko-to and its ingredients as a potential therapeutic approach for the treatment of cholestatic liver diseases. Drugs of the future 30:1092-1101, 2006
  4. Shoda J., Osuga T.: Molecular pathogenesis of hepatolithiasis - A type of low phospholipid-associated cholelithiasis. Frontiers in Bioscience 11:669-675, 2006
  5. 兵頭一之介:研修医からの質問Q&A 海外で使用できる薬剤が日本でも使用できるようになるためには,この先私達医師はどうしていくべきなのでしょうか?.臨床腫瘍プラクティス(1880-3083)2巻1号 Page110, 2006
  6. 兵頭一之介:【S-1の基礎と臨床】切除不能進行・再発胃癌に対する外来投与可能なS-1/Cisplatin併用療法.癌と化学療法(0385-0684)33巻Suppl.I Page64-67, 2006
  7. 安部井誠人, 福田 邦明, 兵頭一之介:【Common Diseaseインストラクションマニュアル 患者に何をどう説明するか】消化器疾患 無症候性胆石症・胆嚢ポリープ.Medicina(0025-7699)43巻12号 Page206-208, 2006
  8. 谷中 昭典:スルフォラファンの胃癌予防効果.日本医事新報,第4268号, 110-111, 2006

 

- 著書 -

  1. 安部井誠人:胆嚢結石症(内科). 2006今日の治療指針 私はこうして治療している.山口 徹、北原光夫、福井次矢総編集、医学書院、pp407-408, 2006.
  2. Shoda J., Yamamoto M., Utsunomiya H., Oda K., Suzuki H: An herbal medicine, Inchinkoto, enhances multidrug resistance-associated protein 2-mediated choleresis-development of new pharmacotherapeutic strategies for cholestatic liver diseases. In: Multidrug Resistance-Associated Peins, Aiello CV, ed. NOVA Science Publishers, New York, pp.211-236, 2006
  3. 正田 純一:臨床病態学 6章 肝臓・胆嚢・膵臓疾患.井廻道夫,日比紀文編集,ヌーベルヒロカワ,pp.163-167,2006
  4. 安部井誠人:胆道疾患の検査.図解消化器内科テキスト.井廻道夫,日比紀文編集,中外医学社,pp.91-92,2006.
  5. 正田 純一:胆石症.図解消化器内科テキスト.井廻道夫,日比紀文編集,中外医学社,pp.388-393,2006.

 

2005年消化器内科業績

- 原著 -

  1. Nagashima F., Boku N., Ohtsu A., Yoshida S., Hasebe T., Ochiai A., Sakata Y., Saito H., Miyata Y., Hyodo I., Ando M.: Biological markers as a predictor for response and prognosis of unresectable gastric cancer patients treated with irinotecan and cisplatin. Jpn J Clin Oncol. 35:714-719, 2005
  2. Nasu J., Doi T., Endo H., Nishina T., Hirasaki S., Hyodo I.: Characteristics of metachronous multiple early gastric cancers after endoscopic mucosal resection. Endoscopy. 37:990-993, 2005
  3. Tsubouchi E., Hirasaki S., Kataoka J., Hidaka S., Kajiwara T., Yamauchi Y., Masumoto T., Hyodo I.: Unusual metastasis of hepatocellular carcinoma to the esophagus. Intern Med. 44:444-447, 2005
  4. Moriwaki T., Hyodo I., Nishina T., Hirao K., Tsuzuki T., Hidaka S., Kajiwara T., Endo S., Nasu J, Hirasaki S, Masumoto T, Kurita A. : A phase I study of doxifluridine combined with weekly paclitaxel for metastatic gastric cancer. Cancer Chemother Pharmacol. 56:138-144, 2005
  5. Hyodo I., Amano N., Eguchi K., Narabayashi M., Imanishi J., Hirai M., Nakano T., Takashima S.: Nationwide survey on complementary and alternative medicine in cancer patients in Japan. J Clin Oncol. 23:2645-2654, 2005
  6. Morita T., Hyodo I., Yoshimi T., Ikenaga M., Tamura Y., Yoshizawa A., Shimada A., Akechi T., Miyashita M., Adachi I; Japan Palliative Oncology Study Group.: Association between hydration volume and symptoms in terminally ill cancer. patients with abdominal malignancies. Ann Oncol. 16:640-647, 2005
  7. Nagano Y., Matsui H., Muramatsu M., Shimkokawa O., Shibahara T., Yanaka A., Nakahara A., Matsuzaki Y.,Tanaka N., Nakamura Y.: Rebamipide Signification  Inhibits Indomethacin-Induced Mitochondrial Damage,Lipid Peroxidation,and Apoptosis in Gastric Epithelial RGM-1 Cell. Digestive Disease and Sciences, 50(1) : S76-S83, 2005
  8. Sugahara S., Tokuuye K., Okumura T., Nakahara A., Saida Y., Kagei K., Ohara K., Hata M., Ikegaki H., Akine Y.: Clinical results of proton beam therapy for cancer of the esophagus. Int.J.Radiation Oncology Biol.Phys. 61(1) : 76-84, 2005
  9. Sato D., Shibahara T., Miyazaki K., Matsui H., Yanaka A., Nakahara A.,Tanaka N.: Efficacy of endoscopic nasobiliary drainage for the prevention of pancreatitis after papillary balloon dilatation: A Pilot Study. Pancreas. 31(1):93-7, 2005
  10. Inoue Y., Homma M., Matsuzaki Y., Shibata M., Matsumura T., Ito T., Kohda Y.: Erythrocyte ribavirin concentration for assessing hemoglobin reduction in interferon and ribavirin combination therapy. Hepatol Res. 34:23-27, 2005
  11. Nagano Y., Matsui H., Muramatsu M., Shimokawa O., Shibahara T., Yanaka A., Nakahara A., Matsuzaki Y., Tanaka N., Nakamura Y.: Rebamipide Significantly Inhibits Indomethacin-Induced Mitochondrial Damage, Lipid Peroxidation, and Apoptosis in Gastric Epithelial RGM-1 Cells. Dig Dis Sci. 50 Suppl 1:S76-83, 2005
  12. Inamura K., Matsuzaki Y., Uematsu N., Honda A., Tanaka N., Uchida K.: Rapid inhibition of MAPK signaling and anti-proliferation effect via JAK/STAT signaling by interferon-alpha in hepatocellular carcinoma cell lines. Biochim Biophys Acta. 1745(3) : 401-410, 2005
  13. Hata M., Tokuuye K., Sugahara S., Kagei K., Igaki H., Hashimoto T., Ohara K., Matsuzaki Y., Tanaka N., Akine Y.: Proton beam therapy for hepatocellular carcinoma with portal vein tumor thrombus. Cancer. 15:104(4) : 794-801, 2005
  14. Jiang Y., Miyazaki T., Honda A., Hirayama T., Yoshida S., Tanaka N., Matsuzaki Y.: Apoptosis and inhibition of the phosphatidylinositol 3-kinase/Akt signaling pathway in the anti-proliferative actions of dehydroepiandrosterone. J Gastroenterol. 40(5) : 490-7, 2005
  15. Chiba T., Tokuuye K., Matsuzaki Y., Sugahara S., Chuganji Y., Kagei K., Shoda J.,Hata M., Abei M., Igaki H., Tanaka N., Akine Y.: Proton beam therapy for hepatocellular carcinoma: a retrospective review of 162 patients. Clin Cancer Res.15:11(10): 799-805, 2005
  16. Miyazaki T., Karube M., Matsuzaki Y., Ikegami T., Doy M., Tanaka N.: Bouscarel B.Taurine inhibits oxidative damage and prevents fibrosis in carbon tetrachloride-induced hepatic fibrosis. J Hepatol. 43(1) : 117-25, 2005
  17. Niizawa G., Ikegami T., Matsuzaki Y., Saida Y., Tohno E., Kurosawa T., Saito Y., Chiba T., Kita Y., Tokuuye K., Akine Y., Tanaka N.: Monitoring of hepatocellular carcinoma, following proton radiotherapy, with contrast-enhanced color Doppler ultrasonography. J Gastroenterol. 40(3) : 283-90, 2005
  18. Ikegami T., Matsuzaki Y., Fukushima S., Shoda J., Olivier JL., Bouscarel B., Tanaka N.: Suppressive effect of ursodeoxycholic acid on type IIA phospholipase A2 expression in HepG2 cells. Hepatology. 41(4) : 896-905, 2005
  19. Matsuzaki Y.: Alcohol abuse and occult HBV-a risk factor for hepatocellular carcinoma. Hepatolgy Res. 32 : 67-70, 2005
  20. Seo E., Abei M., Wakayama M., Fukuda K., Ugai H., Murata T., Todoroki T., Matsuzaki Y., Tanaka N., Hamada H., Yokoyama K. : Effective gene therapy of biliary tract cancer by a conditionally replicative adenovirus expressing Uracil phosphoribosyl-transferase (UPRT): significance of timing of 5-flurouracil administration. Cancer Res. 15: 65(2) : 546-52, 2005
  21. Honda A., Salen G., Matsuzaki Y., Batta AK., Xu G., Hirayama T., Tint GS., Doy M., Shefer S. : Disrupted coordinate regulation of farnesoid X receptor (FXR) target genes in a patient with cerebrotendinous xanthomatosis. J Lipid Res. 46(2) : 287-96, 2005
  22. Yanaka A., Zhang S., Tauchi M., Suzuki H., Shibahara T., Matsui H., Nakahara A., Tanaka N., Yamamoto M.: Role of the nrf2 gene in protection and repair of gastric mucosa against oxidative stress. Inflammopharmacology. Vol.13, 83-90, 2005
  23. Tauchi M., Hida A., Negishi T., Katsuoka F., Noda S., Mimura J.,Hosoya T.,Yanaka A., Aburatani H., Fujii-Kuriyama Y., Motohashi H.,Yamamoto M.: Constitutive expression of aryl hydrocarbon receptor in keratinocytes causes inflammatory skin lesions. Molecular and Cellular Biology, Vol.25, 9360-9368, 2005
  24. Yamada T., Arai T., Iwahashi N., Kamiya J., Nagino M., Oda K., Shoda J., Suzuki H., Sugiyama, Y., Nimura, Y.: Impaired expression of hepatic multidrug resistance protein 2 is associated with posthepatectomy liver failure in patients with biliary tract carcinoma. Langenbeck Archives of Surgery 390:421-429, 2005
  25. Nabetani T., Tabuse Y., Tsugita A., Shoda J.: Proteomic analysis of livers of patients with primary hepatolithiasis. Proteomics 5 :1043-1061, 2005
  26. Ishida H., Togayachi A., Sakai T., Iwai T., Hiruma T., Sato T., Okubo,R., Kudo T., Gotoh M., Shoda J., Tanaka N., Narimatsu H.: A novel b1,3-N-acetylglucosaminyltransferase (b3Gn-T8), which Synthesizes poly-N-acetyllactosamine, is dramatically upregulated in colon cancer. FEBS Lett 579:71-78, 2005
  27. Ohgari Y., Nakayasu Y., Kitajima S., Sawamoto M., Mori H., Shimokawa O., Matsui H., Taketani S.: Mechanisms involved in delta-aminolevulinic acid (ALA)-induced photosensitivity of tumor cells: relation of ferrochelatase and uptake of ALA to the accumulation of protoporphyrin. Biochem Pharmacol. 2005 Dec 19: 71(1-2):42-9, Epub , Nov 10, 2005
  28. Shibahara T., Miyazaki K., Sato D., Matsui H., Yanaka A., Nakahara A., Tanaka N.: Alteration of intestinal epithelial function by intraepithelial lymphocyte homing. J Gastroenterol. 2005 Sep;40(9):878-86.
  29. Naito Y., Kajikawa H., Mizushima K., Shimozawa M., Kuroda M., Katada K.,Takagi T, Handa O, Kokura S, Ichikawa H, Yoshida N, Matsui H, Yoshikawa T.: Rebamipide, a gastro-protective drug, inhibits indomethacin-induced apoptosis in cultured rat gastric mucosal cells: association with the inhibition of growth arrest and DNA damage-induced 45 alpha expression. Dig Dis Sci. Oct: 50 Suppl 1: S104-12, 2005
  30. 梶原 猛史, 那須淳一郎, 平崎 照士, 仁科 智裕, 片岡 淳朗, 日高 聡, 森脇 俊和, 壷内 栄治, 山内 雄介, 舛本 俊一, 谷水 正人, 兵頭一之介:膵癌に伴う上部消化管病変の検討.日本消化器内視鏡学会雑誌,47:1220-1226,2005
  31. 平崎 照士, 谷水 正人, 森脇 俊和, 梶原 猛史, 仁科 智裕, 兵頭一之介:胆管細胞癌を合併したCronkhite-Canada症候群の1例.日本消化器病学会雑誌,102:583-588,2005
  32. 金子 剛, 松井 裕史, 下川 治, 長野由美子, 宇土 潤平, 村松 睦, 間宮 孝, 柴原 健, 谷中 昭典, 安部井誠人, 松崎 靖司, 中原 朗, 田中 直見:ラット胃癌におけるアミノレブリン酸投与による癌特異的蛍光とNO. G.I.Research. (13) 4, 322-323, 2005
  33. 下川 治, 松井 裕史, 長野由美子, 松崎 靖司, 中原 朗, 田中 直見:NOによる癌選択的ポルフィリン代謝の発現. G.I.Research. (12) 4, 356-357, 2005
  34. 谷中 昭典, 柳川 徹, 石井 哲郎: NSAIDsによる胃粘膜障害の防御・修復に果たす抗酸化蛋白peroxiredoxinの役割-非選択的COX抑制剤と選択的COX-2抑制剤の比較-.Ulcer Research. 第32巻,1-6, 2005
  35. 松井 裕史:活性酸素研究におけるナノテクノロジーの現況.G.I.Reserch 8月号(Vol.13 no.4), 2005
  36. 金子 剛、松井 裕史、下川 治、長野由美子、宇土 潤平、村松 睦、間宮 孝、柴原 健、谷中 昭典、安部井誠人、松崎 靖司、中原 朗、田中 直見、中村 幸夫:ラット胃癌におけるアミノレブリン酸投与による癌特異的蛍光とNO. G.I.Research 8月号(Vol.13 no.4)322-323, 2005
  37. 柴原 健、寺島 秀夫、中原 朗:食道のFibrovasocular polyp.日本消化器内視鏡学会雑誌Vol.47 , No.6: 1256 , 2005

 

- 総説 -

  1. 梶原 猛史, 兵頭一之介:薬の知識 オキサリプラチン.臨床消化器内科 21:123-126, 2005
  2. 森脇 俊和, 兵頭一之介:【大腸がん患者の治療方針】化学療法の実際とポイント「セカンドライン・サードラインの選択基準」.臨床腫瘍プラクティス 1:185-187,2005
  3. 仁科 智裕, 兵頭一之介:【癌緩和医療】癌緩和医療における消化管閉塞の診断と治療.癌の臨床 51:177-180,2005
  4. 森脇 俊和, 兵頭一之介:【がん患者の倦怠感と緩和ケア】がん患者の倦怠感に対する薬物療法.看護技術 51:592-595,2005
  5. 谷水 正人, 新海 哲, 兵頭一之介, 舛本 俊一, 那須淳一郎, 平崎 照士:【がん治療後の患者ケア 家庭医に知ってもらいたいこと】患者ケアにおけるインターネットがん情報の検索.治療 87:1635-1639,2005
  6. 兵頭一之介:【内科医が知っておくべきがん治療がんの補完代替医療.Medicina,42:1908-1910,2005
  7. 兵頭一之介:【がん治療後の患者ケア 家庭医に知ってもらいたいこと】がんの補完代替医療の現状と役割.治療 87:1615-1619,2005
  8. 寺野 彰, 藤盛 孝博, 中原 朗, 村上 和成:日本人と欧米人は同じ胃炎を見ているのか. 日本人の上部消化管.Therapeutic Research, 26(2):183-188, 2005
  9. 本多 彰, 松崎 靖司:胆汁酸代謝と生活習慣.肝胆膵 第51巻 5号, 699-709, 2005
  10. 松崎 靖司, 池上 正:薬物性肝障害の治療, -治療の実際と基礎的検討からみたUDCAの効果-.医学のあゆみ.第214巻, 10号895-900, 2005
  11. 松崎 靖司:薬物性肝障害の最新の診断基準と治療.MINOPHAGEN MEDICAL REVIEW 第50巻, 6号, 総説, 1-10, 2005
  12. 松崎 靖司:病診連携を目指したC型肝炎の診療~肝炎から肝癌までの早期発見・治療について~.真壁郡市医師会報 10, 122号, 5-6, 2005
  13. 松崎 靖司, 千葉 俊也, 斎藤 吉史, 佐藤巳喜夫, 西 雅明:慢性C型肝疾患患者のフォローアップ戦略.消化器の臨床 第8巻, 2号, 209-217, 2005
  14. 谷中 昭典:新たな防御因子増強剤の消化管疾患治療への活用-Heat Shock Protein誘導剤-.クリニシアン第52巻, 774-781, 2005
  15. 張 松華, 谷中 昭典:H.pylori除菌と消化性潰瘍・関連疾患-基礎・臨床研究のアップデート-X.H.pylori除菌療法 一次除菌療法 除菌療法にみられる副作用とその予防と対応. 日本臨床, 第63巻, 増刊号11, 414-417, 2005
  16. 谷中 昭典, 田内 雅史, 山本 雅之:H.pylori除菌と消化性潰瘍・関連疾患-基礎・臨床研究のアップデート-XⅡ.特論 スルフォラファン含有食品(ブロッコリースプラウト(芽))摂食によるH.pylori胃炎軽減効果の基礎的ならびに臨床的検討.日本臨床, 第63巻, 増刊号11, 582-586, 2005
  17. 谷中 昭典, 中原 朗, 山本 雅之, J.W. Fahey:HpSA法によるH.pylori感染診断の問題点-スルフォラファン含有食品摂取後におけるHpSA値偽陰性化の問題-.新薬と臨床, 第54巻, 別冊 8, 2005
  18. 谷中 昭典:茨城県(筑波大学とその関連施設)におけるHelicobacter pylori診療の現状と問題点-アンケートによるTsukuba Consensus Meeting Report-.Helicobacter Research, 第9巻, 345-349, 2005
  19. 安部井誠人,田中 直見:有症状胆嚢結石に対する経口胆汁酸療法.内科 95: 255-259. 2005
  20. 安部井誠人: 症状のない胆嚢結石はどうする?.Medical Practice 22: 245-247. 2005
  21. 安部井誠人,田中 直見:原発性硬化性胆管炎(PSC)の病因.胆と膵 26: 359-364. 2005
  22. 安部井誠人,田中 直見:胆膵疾患の診断とフォローアップ: 胆嚢結石症.medicina 42: 1396-1397, 2005
  23. 正田 純一,稲田 洋一:肝内結石症と胆汁中リン脂質異常.肝胆膵51:607-616, 2005
  24. 正田 純一:胆汁うっ滞における肝輸送蛋白の発現異常と漢方製剤による分子標的治療.小児外科37:321-328, 2005

 

- 著書 -

  1. 松崎 靖司:黄疸, 胆汁うっ滞, 今日の治療指針.医学書院, p409-410, 2005
  2. 松崎 靖司:科学大辞典(第2版),丸善株式会社,国際科学振興財団, 編集委員会.医学/バイテク 部門委員, 2005
  3. 伊藤 進一, 松崎 靖司:原発性胆汁性肝硬変,内科疾患診療マニュアル.中外医学社, p377-379, 2005
  4. 本多 彰, 松崎 靖司:肝内胆汁うっ滞, 消化器疾患診療実践ガイド.文光堂, p689-691, 2005
  5. 正田 純一:フィブラートの肝臓における作用を探る,動脈硬化疾患治療の新たなストラテジー.先端医学社,p160-172, 2005
  6. 正田 純一:肝胆膵「胆道疾患」内科レビュー2005.総合医学社,p116-120, 2005
  7. 正田 純一:胆石症」消化器疾患診療実践ガイド.文光堂,p717-723, 2005
  8. 安部井誠人:胆嚢結石症(内科).2006今日の治療指針.山口徹・北原光夫・福井次矢編,医学書院(東京)p407-408, 2005
  9. 安部井誠人:胆石症.内科疾患診療マニュアル.富野康日己編,中外医学社(東京)p402-404, 2005
  10. 安部井誠人:胆道感染症(胆嚢炎,胆管炎).内科疾患診療マニュアル.富野康日己編,中外医学社(東京)p405-407,2005
  11. 安部井誠人:胆道癌.内科疾患診療マニュアル.富野康日己編,中外医学社(東京)p408-409,2005
  12. 松井 裕史, 金子 剛:消化器腫瘍に対する光線力学的診断法.医学のあゆみ, 215(9) : p740-744, 2005

 

2004年消化器内科業績

- 原著 -

  1. Miyahara N., Shoda J., Kawamoto T., Furukawa M., Ueda T., Todoroki T., Tanaka N., Matsuo K., Yamada Y., Kohno K.,Irimura T.: Expression of UDP-N-acetyl- a-D-galactosamine-polypeptide N-acetylgalactosaminyltransferase isozyme 3 in the subserosal layer correlates with postsurgical survival of pathological tumor stage 2 carcinoma of the gallbladder. Clin Cancer Res 10: 2090-2099, 2004
  2. Homma M., Matsuzaki Y., Inoue Y., Shibata M., Mitamura K.,Tanaka N., Kohda Y.: Marked elevation of erythrocyte rivavirin levels in interferon and rivavirin-induced anemia. Clin Gastroenterology Hepatology 2(4): 337-339, 2004
  3. Kano M., Shoda J., Sumazaki R., Oda K., Nimura Y.,Tanaka N.: Mutations identified in the human multidrug resistance P-glycoprotein 3(ABCB4) gene in patients with primaryhepatolithiasis. Hepatology Research 29(3):160-166, 2004
  4. Hakamada T., Funatsuki K., Morita H., Ugajin T., Nakamura I.,Ishiko H., Matsuzaki Y., Tanaka N., Imawari M.: Identification of novel hepatitis C vivus-specific cytotoxic T lymphocyte epitopes by ELISpot assay using peptides with human leukocyte antigen-A*2402-binding motifs. J General Virology 85:1521-1531, 2004
  5. Shoda J., Inada Y., Tsuji A., Kusama H., Ueda T., Ikegami T.,Suzuki H., Sugiyama Y., Cohen DE., Tanaka N.: Bezafibrate stimulates canalicular localozation of NBD-labeled PC in HepG2 cells by PPARa-mediated redistribution of ABCB4. J Lipid Res 45:1813-1825, 2004
  6. Suzuki H., Shoda J., Kawamoto T., Shinozaki E., Miyahara N.,Hotta S., Iizuka Y., Nakahara A., Tanaka N., Yanaka A., Irimura T.: Expression of MUC1 recognized by monoclonal antibody MY.1E12 is a useful biomarker for tumor aggressiveness of advanced colon carcinoma. Clin Exp Metastasis 21(4):321-329, 2004
  7. Kawamoto T., Shoda J., Todoroki T., Suzuki H., Miyahara M.,Furukawa M., Tanaka N., Irimura T: Expression of MUC1 recognized by a monoclonal antibody MY.1E12 is a useful biomarker for tumor aggressiveness of carcinoma of the gallbladder. Clin Exp Metastasis 21:353-362, 2004
  8. Shinozaki E., Adachi S., Shoda J., Kawamoto T., Suzuki H.,Tanaka N., Ohkochi N., Irimura T.: Aberrant expression of MUC1 recognized with monoclonal antibody MY.1E12 correlates with poorer postsurgical survivals in advanced differentiated-type gastric carcinoma. Int J Oncol 25:1257-1265, 2004
  9. Matsuzaki Y., Yoshida S., Honda A., Miyazaki T., Tanaka N.,Takagiwa A., Fujimoto Y., Miyazaki H.: Simultaneous determination of dehydroepiandrosterone and its 7-oxygenated metabolites in human serum by high-resolution gas chromatography-mass spectrometry. Steroids 69: 817-824, 2004.
  10. Miyazaki T., Matsuzaki Y., Ikegami T., Miyakawa S., Doy M.,Tanaka N., Bouscarel B.: Optimal and effective oral dose of taurine to prolong exercisem performance in rat.Amino Acids 27: 291-298, 2004.
  11. Fahey JW., Munoz A., Matsuzaki Y., Suzuki H., Talalay P.,Tauchi M., Zhang S., Hurt C., Yanaka A.: Dietary amelioration of pylori infection: Design criteria for a clinical trial. Cancer Epidemiol Biomarkers Prev. 13: 1610-1616, 2004.
  12. Inoue Y., Hommma M., Matsuzaki Y., Shibata M., Matsumura T.,Ito T., Mitamura K., Tanaka N., Kohda Y.: Liquid chromatography assay for routine monitoring of cellular ribavirin levels in blood. Antimicrob. Agents Chemother 48: 3813-3816: 2004.
  13. Miyazaki T., Matsuzaki Y., Ikegami T., Miyakawa S., Doy M.,Tanaka N., Bouscarel B.: The harmful effect of exercise on reducing taurine concentration in the tissues of rats treated with CCl4 administration. J. Gastroenterol 39: 557-562: 2004.
  14. Kato H., Tsuijii H., Miyamoto T., Mizoe J., Kamada T., Tsuji H.,Yamada S., Kandatsu S., Yoshikaa K., Obata T., Ezaa H., Morita S.,Tomizawa M., Morimoto N., Fujita J., Phto M.,the liver cancer working group.: Results of the first prospective study carbon ion radiotherapy for hepatocellular carcinoma with liver chirroshis. Int. J. Radiat. Oncol. Biol. Phys 59: 1468-1476; 2004.
  15. Xu G., Pan LX., Li H., Shang Q., Honda A., Shefer S., Bollineni J.,Matsuzaki Y., Tint GS., Salen G.: Dietary cholesterol stimulates CYP7A1 in rats because farnesoid X receptor is not activated. Am. J. Physiol 286: G730-G735: 2004
  16. Honda A., Yoshida T., Xu G., Matsuzaki Y., Fukushima S.,Tanaka N, Doy M., Shefer S., Salen G.: Significance of plasma 7α-hydroxy-4-cholesten-3-one and 27-hydroxycholesterol concentrations as markers for hepatic bile acid synthesis in cholesterol-fed rabbits. Metabolism 53: 42-48; 2004.
  17. Dairaku N., Kato K., Honda K., Koike T., Iijima K., Imatani A.,Sekine H., Ohara S., Matsui H., Shimosegawa T.: Oligomycin and antimycin A prevent nitric oxide-induced apoptosis by blocking cytochrome C leakage. J Lab Clin Med 143(3):143-51, 2004
  18. Takahashi T., Matsumoto T., Nakamura M., Matsui H.,Kiyohara H., Sasakawa C., Yamada H .: A novel in vitro infection model of Helicobacter pylori using mucin-producing murine gastric surface mucous cells. Helicobacter 9(4): 302-12, 2004
  19. Miwa H., Sakaki N., Sugano K., Sekine H., Higuchi K., Uemura N.,Kato M., Murakami K., Kato C., Shiotani A., Ohkusa T.,Takagi A., Aoyama N., Haruma K., Okazaki K., Kusugami K.,Suzuki M., Joh T, Azuma T., Yanaka A., Suzuki H., Hashimoto H.,Kawai T., Sugiyama T.: Recurrent peptic ulcers in patients following successful Helicobacter pylori eradication:a multicenter study of 4940 patients. Helicobacter 9(1): 9-16, 2004
  20. Mori S., Matsuzaki K., Yoshida K., Furukawa F., Tahashi Y.,Yamagata H, Sekimoto G, Seki T, Matsui H, Nishizawa M,Fujisawa J, Okazaki K.: TGF-beta and HGF transmit the signals through JNK-Dependent Smad2/3 phosphorylation at the linker regions. Oncogene 23(44): 7416-29, 2004
  21. Ishida H.,Togayachi A., Sakai T., Iwai T.,Hiruma T.,Sato T.,Okubo R.,Inaba N., Kudo T., Gotoh M., Shoda J., Tanaka N.,Narimatsu H.: A novel β1, 3-N-acetyllactosamine, is dramatically Upregulated in colon cancer. FEBS Leters 579: 71-78, 2005
  22. Sugahara S., Tokuuye K., Okumura T., Nakahara A., Saida Y.,Kagei K., Ohara K., Hata M.,Ikegaki H., Akine Y.: Clinical results of proton beam therapy for cancer of the esophagus. International journal of Radiation Oncology Biology Physic,61(1): 76-84, 2005
  23. Seo E.,Abei M.,Wakayama M.,Fukuda K.,Ugai H., Murata T.,Todoroki T.,Matsuzaki Y.,Tanaka N.,Hamada H., Yokoyama K K.: Effective gene therapy of biliary tract cancers by a conditionaly replicative adenovirus expressing uracil phosphoribosyltransferase :Significance of timing of5-fluorouracil administration. Cancer Res 65 (2): 546-552 , 2005
  24. Honda A., Salen G., Matsuzaki Y., Batta AK, Xu G., Hirayama T.,Tint GS., Doy M., Shefer S.: Disrupted coordinate regulation of farnesoid X receptor (FXR)target genes in a patient with cerebrotendinous xanthomatosis. J. Lipid Res 46(2): 287-296, 2005
  25. Zhang S., Yanaka A., Tauchi M., Suzuki H., Shibahara T.,Matsui H., Nakahara A., Tanaka N.: Hyperosmotic stress enhances interleukin-1b expression in Helicobacter pylori-infected murine gastric epithelial cells in vitro. J Gastroenterol Hepatol 2005 (in press).
  26. Ikegami T., Matsuzaki Y., Fukushima S, Shoda J., Olivier J Luc.,Bouscarel B. Tanaka N.: Suppressive effect of ursodeoxycholic acid on pro-inflammatory cytokine-induced type IIA phospholipase A a *|expression in HepG2 cells. Hepatology 2005 (in press)
  27. Miyazaki T., Karube M., Matsuzaki Y., Ikegami T., Doy M.,Tanaka N., Bouscarel B.: Taurin inhibits oxidative damage and prevents fibrosis in carbon tetrachroride-induced hepatic fibrosis. J Hepatology 2005 (in press)
  28. Jiang Y., Miyazaki T., Honda A., Hirashima T., Yoshida S.,Tanaka N.,Matsuzaki Y.:Apoptpsis and inhibition of phosphatidylinositol 3-kinase/Akt signaling pathways in the abti-proliferative actions of dehydroepiandrosterone. J Gastroeinterol 2005 (in press)
  29. Chiba T., Tokuuye K., Matsuzaki Y., Sugahara S., Chuganji Y.,Kagei K., Shoda J., Hata M., Abei M., Igaki H., Tanaka N., Akine Y.: Proton beam therapy for hepatocellular carcinoma:a retrospective review of 162 patients. Clin. Cancer Res 2005 (in press)
  30. Matsuzaki Y., Honda A.: Dehydroepiandrosterone and its derivatives: potentially novelanti-proliferative and chemopreventive agents. Curr. Pharm. Des 2005 (in press)
  31. Niizawa G., Ikegami T., Matsuzaki Y., Saida Y., Thono E.,Kurosawa T., Saito Y., Chiba T., Kita Y., Tokuuye K., Akine Y.,Tanaka N.: Monitoring of hepatocellular carcinoma following proton radiotherapy with contrast enhanced color Doppler ultrasonography. J. Gastroenterol 2005 (in press)
  32. Matsuzaki Y: Alcohol abuse and Occult HBV - a risk factor for hepatocellular carcinoma (Editorial). Hepatol. Res 2005 (in press)
  33. Nabetani T., Tabuse Y., Tsugita, A., Shoda J.: Proteomic analysis of livers of patients with primary hepatolithiasis. Proteomics 2005 (in press)
  34. Sato D., Shibahara T., Miyazaki K., Matsui H., Yanaka A.,Nakahara A., Tanaka N. :Efficacy of Endoscopic Nasobiliary Drainage for the Prevention of Pancreatitis after Papillary Balloon Dilatation: A Pilot Study. Pancreas 2005 (in press)
  35. Shibahara T., Sato D., Miyazaki K., Matsui H., Yanaka A.,Nakahara A., Tanaka N.: A Case Report: Rectal Malignant Lymphoma Complicating Ulcerative Colitis Treated with Long-term Cyclosporine A. J Gastroenterol Hepatol (in press).
  36. 飯塚 儀明、沢畑 辰男、桑 克彦、磯部 和正、松崎 靖司、川上 康:ラテックス免疫比濁法によるIV型コラーゲン濃度測定試薬の性能と臨床的意義.日本臨床検査自動化学会誌, 29 : 623-633, 2004
  37. 安部井誠人, 田中 直見:EBMに基づく胆嚢結石症治療ガイドラインの作成に向けて:胆石症の臨床病期分類と治療適応,経口胆汁酸療法の意義.胆道18 (2): 153-158,2004
  38. 田中 直見:胆嚢結石症治療ガイドラインの作成に向けて 特別発言.胆道18 (2):165,2004
  39. 田中 直見, 安部井誠人:胆石症-生活習慣と最新の治療.日内会誌93(9): 2034-2038, 2004
  40. 谷中 昭典、田内 雅史、山本 雅之:酸化ストレス負荷に対する胃粘膜防御・修復に果たすNrf-2遺伝子の役割.Ulcer Research 31: 1-5, 2004
  41. 谷中 昭典、張 松華、田内 雅史:酸化ストレス起因性胃粘膜傷害に及ぼすedaravone の効果.Ulcer Research 31: 134-137, 2004

 

- 総説 -

  1. 松崎 靖司, 千葉 俊也, 田中 直見, 徳植 公一, 秋根 康之:肝細胞癌に対する陽子線照射療法の適応と限界.Current Therapy, 22(5): 69-74, 2004
  2. 田中 直見:11.胆石,胆嚢炎12.胆嚢癌,胆管癌,プライマリーケアの実際.臨床医, 30 : 1058-1063, 2004
  3. 田中 直見:膵胆道疾患の内視鏡的治療法,胆管結石.Mebio 21( 10 ): 42-47, 2004
  4. 安部井誠人, 福田 邦明, 瀬尾恵美子, 松崎 靖司, 田中 直見,濱田 洋文, 横山 和尚:腫瘍選択的増殖型アデノウイルスを用いた胆道癌の遺伝子治療の研究とその展望.医学と薬学52(6):885-893, 2004
  5. 松崎 靖司, 千葉 俊也, 田中 直見, 徳植 公一, 秋根 康之:肝細胞癌に対する陽子線照射療法の適応と今後の展望、肝細胞癌局所治療-どの治療法を選択するか.消化器の臨床, 7:400-407, 2004
  6. 松崎 靖司, 田中 直見:薬物性肝障害の治療の実際.肝胆膵, 48 : 777-783, 2004
  7. 松崎 靖司:【輸液・栄養療法EVIDENCE & CONTROVERSY】アルブミン製剤投与の適応基準 本例にアルブミン製剤の投与の必要はないとする立場から(解説).医学のあゆみ, 209(5):307-309, 2004
  8. 松崎 靖司, 千葉 俊也, 田中 直見, 徳植 公一, 秋根 康之:【肝癌 今、わかっていること、わかっていないこと】治療 こまでは大丈夫、これ以上はこれからの問題 肝細胞癌に対する陽線照射療法の適応と限界.カレントテラピー, 22(5):69-74, 2004
  9. 松崎 靖司:UDCA長期投与は大腸癌の発癌を抑制するか.消化器病ネットワーク雑誌:たんじゅうさん,2(2):6-7, 2004
  10. 辻井 博彦, 松崎 靖司:肝癌に対する放射線治療の現状と今後の展望、ワークショップ司会のことば.第40回日本肝癌研究会抄録集, 2004
  11. 松崎 靖司:胆汁酸EBM;胆石に対するUDCA療法(論文紹介).消化器病ネットワーク雑誌:たんじゅうさん,3(1):18-19, 2004
  12. 下川 治, 松井 裕史, 長野 由美子, 松崎 靖司, 中原 朗、田中 直見:NOにおる癌選択的ポルフィリン代謝の発見.G.I. Research, 12 : 356-357, 2004
  13. 中原 朗, 谷中 昭典, 田家みつ子:内視鏡室の紹介「筑波大学附属病院光学医療診療部」.Gastroenterological Endoscopy, 46(9): 2141-2145, 2004
  14. Yanaka A., Nakahara A., Tanaka N.: Roles of basolateral K+ channels and nitric oxide in restitution of injured guinea pig gastric mucosa in vitro. 11th international congress on Ulcer Research.Edited by Sikiric P, Seiwerth S, Mozsik G, Arakawa T,Takeuchi K. International Proceedings:229-233,2004
  15. 中原 朗、谷中 昭典:食道壁内血腫.Gastroenterological Endoscopy 46:1520-1521, 2004
  16. 中原 朗、谷中 昭典:内視鏡室の紹介、筑波大学附属病院 光学医療診療部.Gastroenterological Endoscopy 46: 2141-2145, 2004
  17. 谷中 昭典、中原 朗:最新文献紹介。内視鏡的粘膜切除により形成される潰瘍の治癒期間とオメプラゾル投与期間の関係に関する検討.Gastroenterological Endoscopy 46: 2459, 2004
  18. 下川 治、松井 裕史:COX、プロスタグランジンは消化管防御機能にどのように関与するのか?.分子消化器病1: 200-208,2004

 

- 著書 -

  1. Shoda J., Tanaka N., Osuga T.: Epidemiology and molecularpathogenesis of primaryhepatolithiasis. In: The Proceedings of Falk Symposium 139“Gallstones: Pathogenesis and Treatment,” Paumgartner G, Keppler D, Leuschner U, Stiehl A, eds. Kluwer Academic Publishers. Dordrecht/Boston/London, pp. 69-83, 2004
  2. 正田 純一:胆嚢結石症(内科)今日の治療指針.山口 徹.北原光夫 総編集.医学書院(東京),pp. 386-389,2004
  3. 正田 純一:胆道疾患の薬物療法ー利胆薬.胆石溶解薬 初期臨床研修医の経験すべき消化器診療.井廻道夫,原田容冶 編集.Medical Review(東京),pp. 93-95,2004
  4. 田中 直見, 正田 純一:肝内結石症, 消化器病診療,監修 財団法人日本消化器病学会,編集「消化器病診療」編集委員会,p196-198, 2004
  5. 田中 直見, 安部井誠人:胆石症.黒川 清,寺本民生編,EBM内科処方指針.中外医学社, p485-487, 2004
  6. 田中 直見:胆道ジスキネジー,今日の治療と看護.水島 裕, 黒川 清総編集, 南江堂, p514-515, 2004
  7. 田中 直見, 安部井誠人:胆石と炎症性胆道疾患 第34章“シャーロック”肝臓病学.小俣政男監修,分担訳,西村書店, p517-544, 2004
  8. 松崎 靖司, 本多 彰, 田中 直見:胆汁酸とその分画、各種抱合体分画、広範囲血液・尿化学検査.免疫学的検査、-その数値をどう読むか-.日本臨床 増刊号、[第6版], 62: 64-67, 2004
  9. 柴原 健、中原 朗:EISで治療した症例におけるEVLの注意点.消化管内視鏡のトラブル防止マニュアル.日本メディカルセンター, p190, 2004
  10. 池上 正, 松崎 靖司:【検査値を読む】穿刺液、薬物濃度 腹水(解説).内科,93(6): 1471-1472, 2004

[↑ページ先頭へ戻る]